エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
ミリ虫-29 ケシキスイの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/22

タンポポの花に集まっていたケシキスイの一種。 クロハナケシキスイとは違うように見えます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ケシキスイの一種
  ケシキスイの一種 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ケシキスイの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

撮っていると転がり落ちました。 思ったより敏感な虫です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ケシキスイの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ケシキスイの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

標本画像。
トゲアシチブケシキスイ
  トゲアシチビケシキスイ Lamiogethes difficilis (Heer, 1841)

※松尾さんよりご教示があり,トゲアシチビケシキスイではないかと思われます。

松尾さんご教示によると,長崎県内のMeligethes 属 はムネアカチビケシキスイ・キムネチビケシキスイ・オドリコソウチビケシキスイ・キベリチビケシキスイが記録されていて,対馬からはオドリコソウケシキスイキベリチビケシキスイが既産種のようです。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
ケシキスイの一種 
| ミリ虫(微小昆虫) | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヒサゴゴミムシダマシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 3/19


  ツシマヒサゴゴミムシダマシ Misolampidius tushimanus -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ゴミムシダマシ | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマサンショウウオ 幼体
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 3/19

冬季の倒木・朽ち木採集もそろそろでしょうか? 下見も兼ねて上県の山に入ってみました。 ここも例外なく林床が荒れてしまっています。 林床の乾燥化で棲めなくなった昆虫類も多いことでしょう。

枯れ沢の石を起こすとツシマサンショウウオの幼体が隠れていました。 体長6cmほどの小さな個体です。 ツシマサンショウウオが何年で成体になるのかは分かりませんが,3・4年と考えれば2年目あたりでしょうか。
ツシマサンショウウオ
  ツシマサンショウウオ Hynobius tsuensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

こちらは更に未だ外鰓が認められる個体。 水中で越冬していたと思われます。 神社付近の湧水の中にいました。 体長4cmほど…。
ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

根を深く張れない地質なので台風等の強風で倒れたのでしょう。 
林内の倒木
  -SONY DSC-HX30V-

中腹にある島大國魂神社(しまおおくにたまじんじゃ)。
島大國魂神社
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマアカガエル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/18

今日はとある山に入ってみました。 山麓でhidebowさんと遭遇,…植物観察の案内をされているということでした。 この山も林床からは下草が消え酷い状況です。 案内された方も驚かれたことでしょう。

しばらく散策しましたがお目当ての虫は成果なし,石の下からツシマアカガエルが現れました。 体色に変異が見られたので紹介です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  ツシマアカガエル Rana (Rana) tsushimensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
フトナガニジゴミムシダマシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/13

ゴミダマ大大図鑑によると,ナガニジゴミムシダマシ属(Ceropria 属)は日本では5種が分布し,対馬には次の4種が記録されています。

1 ヒメナガニジゴミムシダマシ Ceropria induta (Wiedemann,1819)
2 オオナガニジゴミムシダマシ Ceropria sulcifrons Harold,1878
3 ホソナガニジゴミムシダマシ Ceropria striata Lewis,1894
4 フトナガニジゴミムシダマシ Ceropria laticollis Fairmaire,1903

ゴミダマ大大図鑑★1つ。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フトナガニジゴミムシダマシ
  フトナガニジゴミムシダマシ Ceropria laticollis 

標本画像。
フトナガニジゴミムシダマシ
  フトナガニジゴミムシダマシ Ceropria laticollis

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ゴミムシダマシ | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミツノゴミムシダマシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/13

細長い体形をした大型のゴミムシダマシ。 各地に普通の種のようですが,対馬産は脚が黒っぽいという特徴が認められています。 こんなチョットした変異もさすが対馬というべきか…。 ゴミダマ大大図鑑★1つ。

ミツノは恐らく「三角」で♂に備わった角状突起のことだと思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミツノゴミムシダマシ
  ミツノゴミムシダマシ Toxicum tricornutum -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

♀には角がありません。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミツノゴミムシダマシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

標本画像です。
ミツノゴミムシダマシ
  ミツノゴミムシダマシ Toxicum tricornutum Waterhouse,1874

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ゴミムシダマシ | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒメオビオオキノコ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/13

キオビオオキノコがいた立ち枯れから出て来たEpiscapha 属かMegalodacne 属と思われるキノコムシ。 体長10mm。
甲虫図鑑靴慮〆表を頼りに同定を試みて何とか落とすことができました。

1 腿節線を欠く。
2 目は大きく突出し,前縁は頭蓋に覆われず,内縁は大きく弧状。


ここまでで,ほぼヒメオビオオキノコに絞られました。
次に「複眼間距離と複眼の横径の関係」です。 ヒメオビオオキノコは約1.5倍,ミヤマオビオオキノコが約2倍となっています。 この個体は約1.7倍であることと,体長がミヤマオビオオキノコは11-15.5mmということからヒメオビオオキノコでほぼ大丈夫でしょう。

ところで,ヒメオビオオキノコは対馬から記録はあるのでしょうか?
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメオビオオキノコ
  ヒメオビオオキノコ Episcapha fortunii -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメオビオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

複眼とその周りの様子。
ヒメオビオオキノコ

複眼の横径と複眼間の距離の関係。 
ヒメオビオオキノコ

白バック画像。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメオビオオキノコ

標本画像。
ヒメオビオオキノコ
  ヒメオビオオキノコ Episcapha fortunii

追記
松尾さんより,「ヒメオビオオキノコもミヤマオビオオキノコも対馬の記録は無いようであること。ミヤマオビオオキノコは県本土に,ヒメオビオオキノコは県本土と五島・壱岐にも分布してるようであること。」をご教示頂きました。
いつもありがとうございます。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
キオビオオキノコ 標本画像
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/13

亜硫酸を使ってみました。 この後,乾燥して水分が飛ぶと黄色〜赤褐色へと変色してしまいます。 
何とかこの青緑色を残す方法はないものでしょう?

キオビオオキノコ
  キオビオオキノコ対馬亜種 Episcapha (Episcapha) flavofasciata lucidofasciata M. Chûjô, 1969

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
キオビオオキノコ 越冬中
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/13

今日はツシマヒサゴゴミムシダマシの山からほぼ尾根づたいに500m級の山を目指して歩いてみることにしました。 山道の両側はスギやヒノキの植林が多くて収穫はありませんでしたが,植林の切れ目の自然林の林床に転がっている朽ち木や立ち枯れを探索しました。

とある立ち枯れの上部付近から思いもよらずキオビオオキノコが見つかりました。 キオビオオキノコは日本では対馬だけに生息する大陸系のキノコムシで対馬亜種になっています。
日本に産する同属種の上翅コウモリ紋が赤色なのに対して,蛍光色の黄緑色をしているのも独特です。 しかし,この色は標本にすると変色してしまうようです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キオビオオキノコ
  キオビオオキノコ Episcapha flavofasciata -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キオビオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

この奥に3頭ほど潜んでいました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キオビオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キオビオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

白バック…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キオビオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
アシダカグモの一種?(→追記)コアシダカグモ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/12

朽ち木の中に潜んでいたクモ。 アシダカグモの一種?…。

追記
プークマさんご教示により,コアシダカグモ。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アシダカグモの一種?
  コアシダカグモ Sinopoda forcipata -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アシダカグモの一種?
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 蜘蛛 | 16:20 | comments(2) | trackbacks(0) |