エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
アルファルファタコゾウムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/1/3

飛んできたところを確保。
近年,日本に侵入した外来種で,マメ科植物に付くようです。対馬は未記録かな?
アルファルファタコゾウムシ
  アルファルファタコゾウムシ Hypera (Hypera) postica (Gyllenhal, 1813)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ゾウムシ チョッキリ オトシブミ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-mach 2018/12/2

チョウの姿をなぁ〜んにも見なくなった庭で見つけた羽化直後のクロツバメシジミ。 よろよろと飛んでコギクに止まりました。
もう少し辛抱して春に出てくればよかったのに…。 週末は寒波だよ。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri (Eversmann, 1843) -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルリウラナミシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/25

庭のツワブキやコギクにやって来るチョウも成虫越冬のタテハ類だけになってしまいました。 日差しに誘われたヤマトシジミ♂がいたので鮮度を確かめようと近づくと,足下から黒っぽいシジミチョウが飛びました。
ムラサキシジミかな?と思ったのですが違和感が…。 後翅後縁の丸く黒紋が目に飛び込んできました。 慌てて驚かせたので一度どこかへ飛んで行ってしまったのですが,運良く戻ってきてくれました。
ルリウラナミシジミとは数年ぶりのご対面です。 私的迷蝶の最も遅い記録になります。(これまでは11/3:スジグロカバマダラ)この時期にいたということは,恐らく島内のどこかで一時的に発生した可能性が高いと考えられます。 今年は,ウスキシロチョウクロマダラソテツシジミの2種という迷蝶不作の年でしたが,最後に予期せぬ記録が出てくれました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ルリウラナミシジミ
  ルリウラナミシジミ Jamides bochus ishigakianus (Shirozu, 1953) -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

追記:2018/11/29
ルリウラナミシジミ1♂目 ツワブキ吸蜜 撮る前に飛んでってしまいました。 

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 迷蝶 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
モリヒラタゴミムシの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/20

モリヒラタゴミムシの仲間だと思われます。 以前採集したツシマモリヒラタゴミムシに似た個体と同じ種かもしれません。
モリヒラタゴミムシの一種
  ツシマモリヒラタゴミムシ? Agonum sp.

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤクシマルリシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/19

2004年に侵入した新参者ですが,当初の勢いはないものの確実に定着を果たしました。比較的寒さにも強いようで,厳冬期の1・2月を除いて成虫を見ることができます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤクシマルリシジミ
  ヤクシマルリシジミ Celastrina puspa ishigakiana (Matsumura, 1929)

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤクシマルリシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤクシマルリシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| チョウ(シジミチョウ科) | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
マルガタツヤヒラタゴミムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/5

おそらくマルガタツヤヒラタゴミムシ。前脚跗節で雌雄を見るのはちょっと厳しい…。
この時期,まだまだ元気に活動しているようです。
マルガタツヤヒラタゴミムシ
  マルガタツヤヒラタゴミムシ Synuchus (Synuchus) arcuaticollis (Motschulsky, 1860)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツチハンミョウの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/7

体長8mmほどの小さなツチハンミョウがいました。大きさ,上翅,触角などが今まで見たツチハンミョウとは違う感じがします。
「日本列島の甲虫全種目録」によるとMeloe属は8種で,対馬はマルクビ・キュウシュウ・ヒメの3種が既知種となっています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツチハンミョウの一種
  ツチハンミョウの一種 Meloe sp. -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツチハンミョウの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-


  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョウセンケナガニイニイ 鳴きながら移動
ツマアカスズメバチの記事一覧へ※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

対馬中・北部 2018/11/4

♂が数頭鳴いていましたが,♀は1頭目撃のみ…。10日近く早めに推移した今年の発生も終焉間近です。

  チョウセンケナガニイニイ Suisha coreana (Matsumura,1927) -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンケナガニイニイ
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| セミ・アワフキ・ツノゼミ | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
アカギカメムシ 前胸背側肩の棘
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2018/11/4

アカギカメムシは2009年に初めて対馬で確認され,その後も散発的に発見される新参カメムシです。
対馬観光物産協会のNさんから,「カヤック中に海面に浮かんでいるアカギカメムシを拾いました」との連絡を頂いたので頂いてきました。
採集されたのは美津島町島山付近の浅茅湾海上です。Nさんは先月の27日にも豆酘崎で本種を撮影されています。

さてこの個体ですが,前胸背側肩に一対の顕著が棘が認められました。対馬で確認された個体では初めてのことです。調べてみると,南西諸島では棘のある個体は少なく,熱帯域では棘が出る個体が多いそうです。カメムシ図鑑によりと,日長によって決まるようなことが書かれていますが,どうもそんな単純なことではないと思われます。
アカギカメムシ
  アカギカメムシ Cantao ocellatus (Thunberg, 1784)

対馬初記録のアカギカメムシ。2009年10月10日 対馬市厳原町豆酘崎。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アカギカメムシ
  -Caplio R4-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| カメムシ | 19:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツシマカブリモドキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/11/2

まだ活動しています…。
ツシマカブリモドキ
  ツシマカブリモドキ Damaster fruhstorferi (Roeschke,1900)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオキベリアオゴミムシ ♂
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/28

オオキベリアオゴミムシ ♂
  オオキベリアオゴミムシ♂ Chlaenius (Epomis) nigricans (WIEDEMANN, 1821)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマウラボシシジミ 生息域内保全
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


対馬上島 2018/11/1

野外絶滅状態にあると考えられているツシマウラボシシジミですが,野外復帰を目指して懸命な努力が行われています。
生息域外保全(足立区生物園・箕面公園昆虫館・長崎バイオパークなど)と合わせて,生息域内保全にも取り組んでいますが,多くの課題があり長期戦を強いられそうです。
この日の現地視察では,ケヤブハギの種子を食べたり,すでに葉を綴って越冬体勢に入ったりしている幼虫を見ることができました。
本種は絶滅のおそれのある野生動植物「国内希少野生動物種」に指定されています(平成29年1月2日)ので,捕獲・売買・譲渡は原則禁止となります。ご注意ください…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマウラボシシジミ 生息域内保全
  ツシマウラボシシジミ Pithecops fulgens tsushimanus (Shirozu & Urata, 1957)

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマウラボシシジミ 生息域内保全
  ケヤブハギの葉を綴って造巣 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマウラボシシジミ 生息域内保全
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| チョウ(シジミチョウ科) | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミリ虫-95 微小カメムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/29

シジミガムシと同じ環境にいました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミリ虫-95 微小カメムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミリ虫-95 微小カメムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ミリ虫-95 微小カメムシ

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ミリ虫(微小昆虫) | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミリ虫-94 シジミガムシの仲間
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/29

昨日アップしたシジミガムシが思いのほか反響が大きかったので,現地に採集に行って来ました。10頭ほど確保して生かして持ち帰りましたが,結構色彩に変異が見られました。
一番多く見られるのが前胸背が黒っぽく,上翅が斑模様の個体です。全体的に赤っぽい色調の個体や,前胸背だけが異様に赤くなる個体もいました。個体変異の範囲と考えていいのでしょうか?
シジミガムシの仲間
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

シジミガムシの仲間
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

シジミガムシの仲間
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ミリ虫(微小昆虫) | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミリ虫-93 ガムシの一種→ シジミガムシの仲間
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/28

湧き水が流れる斜面の枯葉をめくると現れました。 ガムシの仲間と思われますが,水昆ハン 淵殴鵐乾蹈ΑΕムシ・ミズスマシハンドブック)を見ましたが,触角の感じが違っていてたどり着けませんでした。
体長2mmちょっと,・・・かなり小さいです。

追記】シジミガムシの仲間のようです。ゲニ見ても分からず…。^^;

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミリ虫-93 ガムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。ミリ虫-93 ガムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

背面。
ミリ虫-93 ガムシの一種

腹面。破線円は触角…。
ミリ虫-93 ガムシの一種

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ミリ虫(微小昆虫) | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
壱岐のシラホシハナムグリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


壱岐島 2018/10/25

壱岐産シラホシハナムグリの後翅色彩パターンについて,「本土型(黒褐色):対馬型(ツマグロ)=1:2.5」だったという下記の報告があります。

長崎県壱岐のシラホシハナムグリ 溝上誠司 月刊むしNo.455 2009

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
壱岐のシラホシハナムグリ
  壱岐産シラホシハナムグリ Protaetia (Liocola) brevitarsis brevitarsis (Lewis, 1879)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
カタシロゴマフカミキリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2018/10/21

この時期まで見られるのですね…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
カタシロゴマフカミキリ
  カタシロゴマフカミキリ Mesosa hirsuta konishii Hayashi,1965 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| カミキリムシ | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
チョウセンケナガニイニイ 脱皮殻
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


対馬中・北部 2018/10/21

脱皮殻の数の変動などから,今年の羽化も終盤を迎えているようです。 例年よりやや早く発生期が推移しています。
発生地の環境にもよりますが,ここでの羽化場所は比較的大きな樹木の幹で,地上50cm未満で行われることが多く,草の茎や蔓などではほとんど見ることができません。 珍しく細い葉に付いていた脱皮殻です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンケナガニイニイ
  チョウセンケナガニイニイの脱皮殻 Suisha coreana (Matsumura,1927)

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンケナガニイニイ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

下草で行われた羽化直後の個体も見つかりました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンケナガニイニイ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

鳴く…。
チョウセンケナガニイニイ
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| セミ・アワフキ・ツノゼミ | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザトウムシの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/19

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ザトウムシの一種
  ザトウムシの一種 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ザトウムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマナガゴミムシ 交尾
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/18

対馬固有のゴミムシであります…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマナガゴミムシ
  ツシマナガゴミムシ Pterostichus (Nialoe) symmetricus Straneo, 1955

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマナガゴミムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマナガゴミムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマナガゴミムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |