エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
ニシキリギリス終齢幼虫
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 6/21

ここはニシキリギリス長翅型の産地です。 7月上旬になると成虫が出てきます。
一方,対馬にはツシマキリギリスと呼ばれるニシキリギリスの短翅型がいます。 長翅型は短翅型に比べてレアだということです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ニシキリギリス終齢幼虫
  ニシキリギリス Gampsocleis buergeri -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ニシキリギリス終齢幼虫
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ニシキリギリス終齢幼虫
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| バッタ・コオロギ・キリギリス・カマキリ | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
セマダラコガネ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/21

斑紋変異の大きい種で真っ黒な個体もいるようですが,対馬ではまだ見たことがありません。 触角が可愛い…。
セマダラコガネ
  セマダラコガネ Anomala orientalis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コガネムシ | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
イオウイロハシリグモ (訂正)スジアカハシリグモ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/22

kusaちゃんと竜良山麓夜間徘徊その18…。
目立つ配色をしているので,ついカメラを向けてしまいます。 全国的にごく普通のハシリグモのようです。

訂正
TWで専門家の方から,「スジアカハシリグモ」ではないかと教えて頂きました。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
イオウイロハシリグモ
  イオウイロハシリグモ Dolomedes sulfureus -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-
  スジアカハシリグモ Dolomedes saganus

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 蜘蛛 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
シラホシハナムグリ朝鮮半島亜種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/21

庭の隅に積み上げている腐った雑草に興味を示し飛び回っていました。 対馬産は朝鮮半島亜種に括られ,「上翅の白斑は発達し小楯板周辺の点刻がより密になる」ようです。 壱岐産については確か溝上さんが詳しく調査されていました。
シラホシハナムグリ朝鮮半島亜種
  シラホシハナムグリ朝鮮半島亜種 Protaetia (Liocola) brevitarsis seulensis

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コガネムシ | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
カタモンクビナガハムシの幼虫
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/18

カタモンクビナガハムシの幼虫期も終盤で,この発生地の最後の幼虫のようです。 この後,地中に潜って蛹化し3週間ほどで成虫になります。
本種の周年経過については,越冬個体が比較的ダラダラと産卵して年1化にとどまるのか,新成虫が夏場にかけて更に化を重ねるのかを確認する必要があります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
カタモンクビナガハムシの幼虫
  カタモンクビナガハムシ Lilioceris scapularis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハムシ | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤホシホソマダラ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/18

6月,ヒョウモンチョウ類が現れる頃に見られます。 新鮮な個体は濃紺の地に黄色い紋が乗った非常に美しい蛾です。 マダラガの仲間で昼間に活動します。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤホシホソマダラ
  ヤホシホソマダラ  Artona octomaculata -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤホシホソマダラ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
コハンミョウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 6/17

対馬では(ナミ)ハンミョウについで個体数の多いハンミョウです。 全島に広く生息していますが産地は局地的,ちょっとした空き地や赤土などの粘土質の山道などで見ます。
コハンミョウ
  コハンミョウ Cicindela specularis

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハンミョウ | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
カリプソテントウの蛹
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 6/17

今年になってようやく複数個体の発生に行き当たりました。 もちろん樹木に付いたアブラムシを食べていました。 樹木の名前は不明です。 今度hidebowさんにお尋ねしてみます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
カリプソテントウの蛹
  カリプソテントウ Lemnia saucia calypso -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
カリプソテントウの蛹
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
カリプソテントウの蛹
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| テントウムシ・テントウムシダマシ | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/22

kusaちゃんと竜良山麓夜間徘徊その17…。
久しぶりにkusaちゃんと夜の原生林山麓散策に行ってきました。 ちょっとしたお湿り程度の雨が降ったのでキノコムシなどが出ているのではないかと楽しみに出かけました。
結果は思っていた以上に徘徊している虫は少なくて残念でした。 ただ,kusaちゃん目的のセダカコブヤハズカミキリ対馬亜種を見ることができて嬉しかったです。 ほとんどが枯れた細い小枝にいたのですが,見つけたのは全てkusaちゃんです。 これでもかとルッキングの経験の差を思い知らされました。(笑)
対馬亜種の特徴については図鑑の記述等を見てもよく分からないのですが,
・上翅は滑らかで,こぶ上隆起はあまり盛り上がらない。
・翅端の突出は弱いが,先端が鋭く尖る。
・♂の大あごが長くなる。
といった感じです。

ツバキの枯れ枝の先端にいた♀。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種 Parechthistatus gibber tsushimanus -OLYMPUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

別個体…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

別個体…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

いかにもの悪人面をしています。(笑)
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

別個体…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツバキにいた♂…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

最大級の長さをの触角を持った♂…。
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種
  セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種 Parechthistatus gibber tsushimanus

この仲間は人気が高く,コブヤハズカミキリ図鑑がもうすぐ出るようです。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| カミキリムシ | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウスリーヤブキリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/18

日本のヤブキリについては分類がまだ確定していないようです。
「バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑」(北海道大学出版会)にもヤブキリの分類は難しいと書いてあります。 図鑑では鳴き声・形態・生息環境から4種にまとまられていますが,その内ヤブキリ・(ツシマ)コズエヤブキリ・ウスリーヤブキリの3種が対馬から記録されています。

ウスリーヤブキリは,対馬のヤブキリの中で最もレアなヤブキリです。 私はこの産地を含めて2か所しか把握できていません。 他の2種(ヤブキリ・ツシマコズエヤブキリ)とは翅の違いの他に,胸部背面の模様や全体的な印象がかなり違って見えます。今回は正確を期するため画像をご専門のmushihachuさんに確認していただきました。 成虫の出現期はせいぜい8月上旬頃までで,8月中旬には姿を消しました。 国外での分布は不明。 朝鮮半島には生息するようです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーヤブキリ
  ウスリーヤブキリ Tettigonia ussuriana -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーヤブキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーヤブキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーヤブキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

動画です…。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| バッタ・コオロギ・キリギリス・カマキリ | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |