エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
ミリ虫-33 ミイロムネビロオオキノコ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/22

美しいオオキノコムシ科の一種。 全国的に珍しく,減少傾向にある県もあるようですね。 よく似た種にトウキョウムネビロオオキノコがいますが,本種よりずんぐりとした体型で後方の黄色紋が直線的です。
ミイロムネビロオオキノコ
  ミイロムネビロオオキノコ Microsternus tricolor

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ミリ虫(微小昆虫) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミノウスバ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/18

ミノウスバの幼虫です。 対馬では普通に見かける蛾ではありません。
ミノウスバの幼虫
  ミノウスバ  Pryeria sinica -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ミノウスバの幼虫
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ミノウスバの幼虫
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
キノコゴミムシダマシの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/22

キノコゴミムシダマシの一種。 頭頂部の突起と光沢のある体が特徴です。
キノコゴミムシダマシの一種
  ▲キノコゴミムシダマシの一種

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ゴミムシダマシ | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハナアブ ハナダカチビハナアブ属
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/27

恐らくハナダカチビハナアブ属の一種だと思われます。 この属は4月下旬〜5月上旬にかけて咲くシャクの花によく集まっているのですが,今年はまだ見ません。
この交尾個体はコバノガマズミの花に来ていて交尾に至ったのでしょう。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ハナアブ ハナダカチビハナアブ属
  ハナダカチビハナアブ属の一種 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマカブリモドキ 越冬態
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/27

立ち枯れのふかふかに腐った幹の部分から,ツシマカブリモドキの越冬個体が現れました。 
地上およそ80cm,土中で越冬個体を見ることはあっても朽ち木からは初めてです。 このような場所も思っていた以上に利用しているのかもしれません。
ツシマカブリモドキ 越冬態
  ツシマカブリモドキ Damaster fruhstorferi -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマカブリモドキ 越冬態
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマカブリモドキ 越冬態
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| オサムシ・ゴミムシ | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
サキモリヒメハナカミキリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/27

2015年に新種記載されました。
フタオビヒメハナカミキリとは次の点で区別されるそうです。(参考サイト:カミキリ情報館)
 ・触覚が太く短い。
 ・前胸前後縁のくびれや側部と背面中央の突出がより強い。
 ・♂の第8腹板の両側が徐々に狭まる。
 ・♂の鞘翅の中央側紋が長楕円形である。

コバノガマズミに来ていました。 花に潜り込むのとわずかな振動で落ちてしまうので撮りにくい。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
サキモリヒメハナカミキリ
  サキモリヒメハナカミキリ Pidonia (Omphalodera) sakimori -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
サキモリヒメハナカミキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
サキモリヒメハナカミキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

交尾個体です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
サキモリヒメハナカミキリ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| カミキリムシ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイショウオオキノコ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/22

全国的に広く分布していますが,対馬以外では比較的稀な種ということです。 大型の美しいキノコムシですね。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイショウオオキノコ
  タイショウオオキノコ Episcapha morawitzi -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイショウオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

複眼間の距離が広いのが分かると思います。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイショウオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイショウオオキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

標本画像です。
タイショウオオキノコ
  タイショウオオキノコ Episcapha morawitzi

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 07:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
アゲハモドキ 対馬亜種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/25

ルイスコメツキモドキの生態を調べるためにオオバイノモトソウを見ているとアゲハモドキがいました。 残念ながら羽化不全のようで翅が伸びきっていません。
対馬のアゲハモドキは「前翅中室内の翅脈が枝分かれしない。後翅第7室に赤紋が出ない」ことが特徴となっていますが,この特徴に合わない個体もいます。 亜種には少々無理がありそうです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アゲハモドキ対馬亜種
  アゲハモドキ対馬亜種  Epicopeia hainesii tsushimana -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アゲハモドキ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガロアムシの一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/25

ツシマサンショウウオがいた同じ枯れ沢の石の下からガロアムシが見つかりました。 地中の深いところにいると思っていたので驚きました。 また思っていた以上に素早く動き回るので二度ビックリ…。
ガロアムシは成虫になるまで5〜7年かかるそうですが,この個体は終齢幼虫だと思われます。 尾毛の節数を調べたのですがはっきり分かりませんでした。(終齢=8,成虫=9)
日本には数種類いるのですが,幼虫のため種まではっきりしないのでガロアムシの一種としました。 体長20mmほど…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ガロアムシの一種
  ガロアムシの一種 Galloisiana sp. -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ガロアムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ガロアムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ガロアムシの一種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

対馬のガロアムシについては,(→)「長崎県対馬島で得られたガロアムシの1種の外部形態について」(石川克彦 2012)に詳しく掲載されています。

今回,石川さんに対馬のガロアムシについてご教示頂きました。 ここに感謝の意を表します。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| その他の昆虫 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマサンショウウオ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/25

対馬固有のサンショウウオ。 上と下との個体群には違いがあるとも言われています。 小さな枯れ沢の石を起こすと潜んでいました。 起こしてスマン…。

  ツシマサンショウウオ Hynobius tsuensis -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |