エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
クロツバメシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/18

春先と晩秋に出てくる個体では,後翅青白紋が発達し二重になる場合が見られます。 後翅橙黄色紋が分離するのも対馬産の特徴の一つです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri (Eversmann, 1843) -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ @豆酘崎
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/8/19

第3化でしょうか,新鮮な個体が多く見られました。ここではタイトゴメを喰っています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ@豆酘崎
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri (Eversmann, 1843) -OLYMPUS STYLUS TG-4-

この日はやや波立つ豆酘崎…。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。


※日頃のご訪問に感謝して,「555444」「555555」のキリ番の方に可能な範囲で標本をプレゼントさせていただきます。カウンター部分のスクショ画像を添付の上,メールフォームでご連絡ください。
| クロツバメシジミ | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/18-19

対馬では唯一アオノイワレンゲOrostachys malacophylla を食べるクロツバメシジミの発生地に行って来ました。 第1化の発生のやや終わり頃といった感じで新鮮な個体は見られませんでしたが,カタバミで吸蜜したりアオノイワレンゲに潜り込んで産卵したりしていました。 
クロツバメシジミは食餌植物の違いによって裏面の地色が違ってくると言われています。 ここの群落は極小規模ですが,ほとんど人が行かない場所なので何とか持ちこたえているという感じです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アオノイワレンゲの自生地
  アオノイワレンゲの生える発生地 -SONY DSC-HX30V-

対州頁岩に乗ったわずかな土の上に生えているアオノイワレンゲ。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アオノイワレンゲの自生地
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アオノイワレンゲの自生地
  -SONY DSC-HX30V-

既に花穂を伸ばし始めているのも見られました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アオノイワレンゲの自生地 
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

動画です…。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ@豆酘崎
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/7

久しぶりにチョウの登場です。 このブログはチョウがメインだったのですが,少しずつ少しずつ他の虫へと広がってしまいました。 どんな虫であっても,撮ったりも採ったりして何らかの形で記録にとどめておくことはそれなりに意味のあることかなと思っております。(^^)

さて豆酘崎突端のタイトゴメ喰いのクロツバメシジミですが,第1化の発生が始まっていました。 対馬のクロツバメシジミは通称「海クロツ」と呼ばれる集団で,北九州沿岸部の個体とともにssp.caudalis(朝鮮半島亜種)に括られています。
この亜種は海岸部のタイトゴメを利用しており,後翅表面亜外縁の青白紋が明瞭に出現します。 さらに春先の第1化には亜外縁の更に内側にも青白紋がくさび上に出る個体も見られます。 私的グレード的にはG3で,G4・G5になると前翅にも青白紋が現れます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ 豆酘崎
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ 豆酘崎
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ 豆酘崎
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ 豆酘崎
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ 豆酘崎
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ@久田
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/19

自宅庭ではクロツバメシジミの最終化の羽化が始まりました。 この時期に羽化してくる個体は放浪性が強く、刺激を受けると庭を飛び出し帰って来ない個体も多く見られます。 分布域を広げるための行動と思われ、遺伝子にインプットされているのかもしれません。
さて、対馬のクロツバメシジミですが対馬−北九州沿岸に分布する朝鮮半島亜種(ssp.caudalis)に括られています。 ただその中でも対馬産に顕著に見られる特徴があります。 
・前翅外縁の斑紋列が大きく発達します。さらに翅頂から次第に小さくなっていくのも特徴です。
・後翅橙黄色紋がそれぞれ融合せず分離します。
この個体はその特徴がよく現れていますので確認してみてください。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -OLYMPUS STYLUS TG-4-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

カタバミで吸蜜…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

セイタカアワダチソウで吸蜜。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ@豆酘崎
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町豆酘崎 Izuhara-machi Tsutsuzaki 9/22

発生初期の新鮮な個体が見られました。
対馬産は海クロツと言われる ssp.caudalis(朝鮮半島亜種)で、前後翅外縁の黒紋列が発達し、後翅橙黄色紋が分離する個体が多いようです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ@豆酘崎
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/1

例年よりやや遅れ気味でしょうか。 わずか3頭ほどが見られただけでした。
春先のクロツは翅表の青白紋が発達する傾向があるので楽しみです。 前翅にもくっきりと青白紋が現れた個体を見たいものです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -RICOH CX6-

クロツバメシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロツバメシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

他には,ヤマトシジミ(数頭)とツマキチョウ1♀を見ました…。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 11/20

アオノイワレンゲの花穂上にクロツバメシジミが羽を休めていました。 恐らく今朝早くに羽化したものと思われます。 腹部の様子から♀です。
今年はこの時期まで最終化の羽化が続いていたのですね。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -SONY DSC-HX30V-

薄日が差すと翅を広げて日光浴を始めました。 後翅の青白紋が鮮やかです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

この他にも2頭の新鮮な個体がいました。 裏面がやや暗く感じました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

この後産卵が行われ,中齢幼虫で越冬すると思われます。

※連れ合いが11/20に厳原港付近でモンキアゲハを見たそうです。 今年の11月の気温だと考えられないこともないでしょうね。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ 最終化
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/30

最終化のクロツバメシジミです。 おそらく庭に植栽しているアオノイワレンゲで育ったと思われます。
小ギクで吸蜜する新鮮な個体の♀です。 やや低温期に成長したためか,前翅に黒い筋が走っています…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -SONY DSC-HX30V-


  -SONY DSC-HX30V-

明日はもう11月…。 いよいよこのブログも冬眠の季節になってしまいます。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| クロツバメシジミ | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ 後翅赤橙色紋
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/13

庭にはわずかのタイトゴメと鉢植えのアオノイワレンゲがあるので,時々クロツバメシジミを見ることができます。
この新鮮な個体はここで羽化したと思われます。 対馬産は後翅赤橙色紋が分離することが特徴の一つです。(クリック!)
クロツバメシジミ
  クロツバメシジミ Tongeia fischeri -RICOH CX6 + speedlight-

※比較用上五島産の個体はmezaseguinessさんのブログからお借りしました。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| クロツバメシジミ | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |