エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
ツシマヒメボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2019/6/8

ツシマヒメボタルHotaria(Luciola) tsusimana,パパリボタルHotaria papariensi,ウンモンボタルHotaria unmunsanaの種間関係を明らかにすべく,資料の協力を頼まれていたので出かけてきました。 例年だと適期のはずですが,発生が遅れているのか気温が低すぎたのか午後11時になってもほとんど飛びませんでした。 何とか資料だけは確保できたので一安心。 夜は苦手です…。
ツシマヒメボタル
  ▲ツシマヒメボタル Hotaria tsusimana Nakane,1970

生態画像は,2013年6月6日美津島町にて…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマヒメボタル
  ツシマヒメボタル Hotaria tsusimana Nakane,1970 -RICOH CX5 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヒメボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2016/6/18

タトウ発掘。 全島の山間部に広く生息する陸生のホタル。 大陸に分布するパパリボタルにきわめて近縁だといわれています。
最近のDNA解析による研究では,パパリボタルHotaria papariensi Doi と ツシマヒメボタルHotaria(Luciola) tsusimana NakaneはウンモンボタルHotaria unmunsana Doi と同一種である可能性が指摘されています。そうであれば,ツシマヒメボタルはウンモンボタルの原名亜種か対馬亜種ということになります。
2016年6月19日 厳原町久田産。
Hotaria tsusimana Nakane,1970
  ツシマヒメボタル Hotaria tsusimana Nakane,1970

生態画像は,2013年6月6日美津島町加志。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマヒメボタル
  ツシマヒメボタル Hotaria tsusimana Nakane,1970 -RICOH CX5 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2004/9/25

タトー発掘。 ♀は乾燥標本にすると縮んでしまいますね。 2008年(平成20年)対馬市天然記念物指定。 正直,現状では天然記念物に指定するような状況ではありませんね。
♂:2004年9月16日 ♀:2004年10月8日 上県町伊奈産。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル
  アキマドボタル Pyrocoeria(Lychnuris) rufa E.Oliver,1886 

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/10/6

流石に台風一過とはいかず,まだ風が残る中,豆酘崎にアキマドボタルを見に行ってみました。岬なので強風は覚悟していましたが,駐車場からの東側の周回道路で数頭の発光飛翔を見ることができました。
一番のポイントは立っていられないほどの西風でした。また日を改めることにしましょう…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル
  アキマドボタル Pyrocoelia rufa Oliver, 1886 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヒメボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2018/6/12

全島の山間部に広く生息する陸生のホタル。大陸に分布するパパリボタルにきわめて近縁だといわれています。
最近のDNA解析による研究では,パパリボタル(Hotaria papariensi Doi)とツシマヒメボタル(Hotaria(Luciola) tsusimana Nakane)はウンモンボタル(Hotaria unmunsana Doi)と同一種である可能性が指摘されています。
(→)甲虫類の系統分類学的研究 http://www.biol.se.tmu.ac.jp/nenpo/2002/nathis.html
そうであれば,ツシマヒメボタルはウンモンボタルの原名亜種か対馬亜種ということになり本種は大陸系種へ移動しなければなりません。
ツシマヒメボタル
  ツシマヒメボタル Luciola (Hotaria) tsushimana Nakane, 1970

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル 中齢幼虫
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2018/6/12

久しぶりkaiさんとヒメボタルを見てきました。♀探しに専念しましたが見つけることはできませんでした。撮影の邪魔になってはいけないのでライトが使えないのです。
??っと思った,草むらで光るグロー光の正体はアキマドボタルの中齢幼虫でした。成虫になるまで2年を要します。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル 中齢幼虫
  アキマドボタル Pyrocoelia rufa Oliver, 1886 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

幼虫の斑紋を研究されている方もいるので…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル 中齢幼虫
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

生活サイクルです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの生活サイクル
  アキマドボタルの生活サイクル

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。



| ホタル | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
オバボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町・上県町 Izuhara-machi・Kamiagata-machi 218/5/22・27

1枚目は夜のオバボタル。といっても発光しません…。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オバボタル
  オバボタル Lucidina biplagiata (Motschulsky, 1866) -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オバボタル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル 求愛行動
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/1

10月になりました。 今夜はhidebowさん御一行と豆酘崎にアキマドボタル観察にいってきました。 飛翔光跡撮影にチャレンジしようと思ったのですが,風が強くおまけに小雨まで降ってきたので早々に断念しました。
運良く周回道路で求愛行動を見ることができました。 ♀は光とフェロモンで♂を誘うといわれています。 ♀に近づいた♂は触角で♀にさわり,確認すると素早く背後に回り込みます。 背後から馬乗りのようになって交尾を試みるようです。 今回は残念ながら交尾には至りませんでした。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの求愛行動
  アキマドボタル Pyrocoelia rufa  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの求愛行動
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの求愛行動
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの求愛行動
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタルの飛翔光跡
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/28

anbowさんと豆酘崎のアキマドボタルを見てきました。 午後7時前頃からぽつぽつと飛び始め,そこそこの個体が海を背景に飛び交いました。
最盛期は10月の第1週なので,また見に行きたいと思います。 ちなみにアキマドボタルは対馬市の天然記念物に指定されていますので捕獲・移動等は禁止されています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタルの飛翔光跡
  アキマドボタル Pyrocoelia rufa -OLYMPUS STYLUS TG-4-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
アキマドボタル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/22

hidebowさんからお誘いを受け,豆酘崎のアキマドボタルを見てきました。 アキマドボタルは日本では対馬だけに生息する大陸系の大型陸生ホタルです。
まだ発生の初期で20頭ほどでしたが,海をバックに飛び交う様はここ豆酘崎ならではの光景で神秘的でした。 下草に降りている個体を撮影しました。 発光していなくて残念!
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル
  アキマドボタル Pyrocoelia rufa -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アキマドボタル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

沖合にはイカ釣り船の漁り火が光っていました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
豆酘崎
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ホタル | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |