エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
ツマアカスズメバチ 訪花
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2020/7/20

ノブドウに数頭のワーカーが集まっていました。初期巣から樹上巣へと移動する時期かな…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 23:34 | comments(0) | - |
ツマアカスズメバチ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2019/9/3・5  上対馬町 Kamitsushima-machi 20149/9/6

蜂洞の周りを飛び回っていました。 
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ニホンミツバチの蜂洞
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

この時季のワーカーは吸蜜にもよく訪れます…。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 捕食行動
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2018/10/8

頭上から何かが降ってきました。見ると,ツマアカスズメバチがカマキリを補食しています。かなり大きな獲物だったため体を支えきれなかったのでしょう。
カマキリの腹部が2つ見えますので交尾中に襲われたようです。翅の紋様からオオカマキリかチョウセンカマキリですね。ツマアカスズメバチの捕食例として記録しておきます。

追記
カマキリはヒメカマキリまたはサツマヒメカマキリのようです。再訂正します。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ 捕食
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ 捕食行動
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2018/9/23

そろそろダンギクの花にツマアカスズメバチが来ている頃だと豊玉町に行ってみたのですが,予想に反して全く姿がありませんでした。近くに営巣していない証しなので,それはそれで喜ばしいことではあります。
仕方がないので北に向かいました。途中でT野さんにお目にかかって,北部のツマアカ情報を教えて頂きました。道路沿いに植栽されたトウワタの花に訪花吸蜜に訪れていました。ツマアカスズメバチの攻撃性は非常に弱いので,近づいて撮影しても全く問題はありませんでした。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-


  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 越冬女王バチ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/5/14

別の目的で庭に設置していたトラップにツマアカスズメバチの越冬女王バチが入ったので回収しました。せっかくなので洗浄後,展翅しました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ 越冬女王バチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax du Buysson, 1905

設置しているトラップ。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
トラップ
  トラップ

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 樹皮を囓る
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 10/4

秋になってツマアカスズメバチの姿が目立ってきました。 この時期は巣が最大となり,♂バチや新女王バチが生成されてきます。
働きバチは活発に訪花して捕食したり吸蜜為たりする一方で,樹皮を囓る行動が見られます。 樹皮は巣を造る材料にしていると思うのですが,今の時期にこの行動が目立つのはなぜでしょうか?
ツマアカスズメバチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

動画です。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 吸蜜
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町池田浜・妙見 Toyotama-machi Ikedahama・Myōken 8/27

いつの間にか日差しの色や雲の形に秋の気配を感じます。 今日は豊玉の西方面に行ってみることにしました。
まずは池田浜です。 水路の終点付近のノブドウにスズメバチが吸蜜に来ていました。 ほとんどがヒメスズメバチでコガタとオオはごくわずかです。 そのような中,連れ合いがツマアカスズメバチを採集してきました。 久しぶりのツマアカ情報になります。 その後,更に1頭を目撃しました。 この近くに営巣していると思われますが残念ながら見つけることはできませんでした。
帰路,妙見でもノブドウに吸蜜に来たツマアカスズメバチを見ました。 ノイバラが絡まって大変でしたが,何とか証拠程度には撮影することができました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  ツマアカスズメバチ Vespa velutina nigrithorax -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

動画です。 露出設定を間違えました…。(>_<)

  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ツマアカスズメバチ | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 2014対馬
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


2014年撮影動画のダイジェストです。

  -SONY DSC-HX30V- & -EXILIM EX-FH20-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 14:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 九州本土へ侵入!
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


やはりというかついにというか,北九州門司区でツマアカスズメバチの侵入が確認されました。(各種報道機関発表)

対馬では巣が見つかった時点で既に広範囲に生息域が拡大されていましたので,同様のことが北九州市近辺でも起こっていると考えられます。
侵入経路は不明ですが,現時点で考えられるのは韓国から直接貨物資材に紛れて入ってきたのかもしれません。
ツマアカスズメバチ

対馬と違って都会での拡散と生態(造巣場所や巣の発達の様子,生態系への影響や刺傷被害など)がどのようなものになるのかが懸念されます。
ツマアカスズメバチ
  対馬産ツマアカスズメバチ Vespa velutina

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 10:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 特定外来生物指定施行
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


3/1

本日付で,ツマアカスズメバチが特定外来生物指定施行となりました。 
指定されたことで,国が主体となって本格的な駆除および島外への拡散防止対策が実施されることになります。
聞くところでは,すでに本年度予算として1億円が計上されたということです。 対応策の中には若干危惧することもありますが期待もしています。
ツマアカスズメバチ


特定外来生物指定にかかるツマアカスズメバチの取り扱いについて

特定外来生物に指定されたことによって,

(1) 生きた状態での,「飼育・保管」「運搬・移動」「譲渡・引き渡し・販売」は原則できません。
(2) 一般の方が,ツマアカスズメバチやその巣を駆除することは問題ありません。
(3) 標本(死んだ状態)にすることを目的に採集することは問題ありません。
(4) 標本(死んだ状態)の交換・譲渡・取引も問題ありません。

以上のことを,環境省に直接問い合わせて確認しています。
(2015年2月23日) 環境省担当:杉本さん

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。



| ツマアカスズメバチ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 特定外来生物指定!
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


2/5

国(環境省)は対馬のツマアカスズメバチを特定外来生物に指定(施行日:2015.3.1)しました。 これで予算的な裏づけもなされ,本格的に対策が講じられることになります。

拙ブログでは発見以来,可能な範囲で情報提供を行ってきましたが,この指定によって一段落付きましたのでHPにツマアカスズメバチについての総括ページを作成しました。

(→)ツマアカスズメバチ 特定外来生物 対馬に侵入した外来蜂!

ツマアカスズメバチ

お世話になった方々に感謝します…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 初冬の巣
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

中山 Nakayama 11/18

先日,インディーさんに教えて頂いた上県町中山の巣を見に行って来ました。 活動の様子を確認したかったのですが,巣の表面には認めることができませんでした。
すでに雄バチ・新女王ともに巣立ってしまい,巣の役目を終えたと思われます。 雄バチは短命,新女王は巣を離れるので残っていてもごくわずかの働きバチでしょう。 11月一杯は活動していると思ったのですが,意外に早く終焉を迎えるのかもしれません。

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  ▲ツマアカスズメバチの巣 Vespa velutina -SONY DSC-HX30V-

近くの蜂洞を見て回りましたが,当然のことながら姿はありませんでした。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチ 樹皮をかじる
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

佐護 Sago 10/14・17

今年のツマアカスズメバチもそろそろ新女王が越冬へ向かう時期に入ってきました。 総じて拡散は止まらず,営巣数も増加の傾向にあります。 ここまで来ると完全に駆除してしまうことは不可能でしょう。  

一方,その他のVespa属は個体数が例年に比べて異常に少なく感じました。 原因は分かりませんが,マルハナバチの仲間なども春先の女王以降はほとんど目にすることができないというのは初めての経験でした。 ハチの世界に何かが起こっているのか,…来年の発生が心配されるところです。

さて,継続して公開してきた「ツマアカスズメバチの拡散現況」ですが,前回のNo.26をもって終了します。 広くこの外来蜂の侵入の様子を知らせ,注意を喚起するという所期の目的は達成できたと思います。 対馬市の担当課の方をはじめ,多くの皆さんにご協力いただきました。 改めて感謝申し上げます。

晩秋のこの時期になると樹皮に興味を示し,樹皮をかじる行動がキイロスズメバチやツマアカスズメバチでよく見られます。 もう巣作りには必要ないはずですが,どんな意味があるのでしょうか?
ツマアカスズメバチ
  ▲ツマアカスズメバチ Vespa velutina -SONY DSC-HX30V-

オニグルミに来ていました。
ツマアカスズメバチ
  -SONY DSC-HX30V-

14日に撮影した動画です。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。

  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 14:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 26 2014年営巣のまとめ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

対馬市 市民協働・自然共生課の神宮さんから,対馬市が把握している「2014年ツマアカスズメバチの営巣状況」の資料をいただきました。

10/8現在で営巣情報は5 町(厳原町は未確認)89 件,その内除去済み65件(未除去24件)となっています。 

2014年10月8日現在
ツマアカスズメバチの拡散現況26
昨年の確認地での再確認(橙色)が多いことと,新たな確認地(赤色)が全島にわたって広がっているのが分かります。

確認地】 ※新確認地:赤文字

上対馬町 
西泊河内比田勝・鰐浦・豊・一重・大浦・浜久須・五根緒・富ヶ浦・
上県町
湊・樫滝・瀬田・友谷・西津屋・仁田の内・中山・井口・犬ケ浦・飼所・佐須奈・久原女連・恵古・志多留
峰町
三根・木坂
豊玉町
貝鮒・水崎仁位
美津島町
け知尾崎久須保 

-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町16 (営巣11) 
鰐浦富ヶ浦・茂木・・芦見・五根緒大浦口無谷殿崎西泊河内比田勝一重浜久須

上県町22 (営巣18)
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山志多留・目保呂・田ノ浜瀬田犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈棹崎佐護(恵古)佐護(仁田ノ内)井口樫滝西津屋トタテ友谷飼所久原女連鹿見

峰町4 (営巣2)
櫛・大星林道木坂三根

豊玉町6 (営巣4)
横浦・佐保・貝鮒水崎仁位

美津島町7 (営巣3)
賀谷・焼松・濃部・今里け知尾崎久須保

厳原町3 (営巣0)
椎根(下原)久田豆酘

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地:58 (営巣確認地:38)
-------------------------------------------------------------------------------

確認地および営巣地ともに昨年の倍近くになっています。 生息域の広がりとともに,市民の方の関心も高くなってきた結果だと思われます。

ところで,ツマアカの特定外来種指定に向けての動きですが,10/8に第8回特定外来生物等分類群専門家グループ会合(昆虫類)が開かれました。 ここでは選定に向けての話し合いが行われたようで,話題に上がったのはツマアカスズメバチだけだったようです。 
それだけ,対馬のツマアカスズメバチ問題は緊急の問題として捉えられているのでしょう。 最新の情報を含めた今までの情報や調査結果を総括しながら,ほぼ間違いなくなく指定の方 向へ進んでいます。

今後は数回の会議やパブリックコメント等を経て来シーズンの防除に間に合うように指定へともっていきたいようです。 指定を受ければ,人的にも予算的にもで大いに期待できそうです。

〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 17:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 25 南端の豆酘に到達
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

とうとう,対馬南端の豆酘でもツマアカスズメバチを確認しました。 時間の問題とは思っていましたが,完全に全島に広がってしまいました。

ツマアカスズメバチの最盛期を迎えました。 今年は夏場の天候不順の影響でしょうか,ススメバチ(Vespa属)の数が例年に比べて非常に少ない感じがします。
ツマアカスズメバチの巣も小ぶりなものが多いそうです。

2014年10月4日現在
ツマアカスズメバチの拡散現況25

確認地

●(9/15)上県町樫滝
 ※道路沿いの高木に営巣。高すぎて駆除が困難という。

クレーンでも厳しい高さです。 冗談ではなく散弾銃ででも打ち壊すか!
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。

  -SONY DSC-HX30V-

●(9/15)上県町志多留
 ※ホバリングして帰巣する働きバチを狙うのではなく,蜂洞に付いて直接狩ろうとする新たな方法を獲得。昨年まではほとんど見られなかった行動。

出入口にへばり付いて働きバチを狙うツマアカスズメバチ…。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

●(9/15)上県町田ノ浜
 ※オオイヌタデの花に吸蜜に飛来する働きバチを数頭確認。

●(9/15)上県町志多留〜中山
 ※志多留〜中山のほぼ中間付近の道路沿い設置された蜂洞に多数飛来。

キイロスズメバチの姿も見えます。
蜂洞に群がるツマアカスズメバチ
  -SONY DSC-HX30V-

●(9/21)厳原町豆酘
 ※オオイヌタデの群落に飛来した働きバチを数頭確認。
 ※9/28に上記の場所で1頭採集。

ツマアカスズメバチが飛来したオオイヌタデの群落
  ▲ツマアカスズメバチが飛来したオオイヌタデの群落


-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町10
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・・芦見・五根緒・大浦・口無谷殿崎

上県町17
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山志多留・目保呂・田ノ浜瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)井口樫滝西津屋トタテ

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町3
横浦・佐保・貝鮒

美津島町4
賀谷・焼松・濃部・今里

厳原町3
椎根(下原)久田豆酘

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地:23 (営巣確認地:10)
-------------------------------------------------------------------------------

厳原町で養蜂をされている方から貴重な話を聞くことができました。 今年も含めてここ2・3年,蜂洞からミツバチがいなくなったのはツマアカスズメバチが犯人ではなく,巣虫(スムシ)だということです。
スムシはハチノスツヅリガ Galleria mellonella というがの幼虫です。 卵が働きバチが集めてくる花粉とともに巣に運ばれたり,直接母蛾が産み付けると言われています。

山村さんのお話では,北部(佐護近辺)の方はスムシもあるがツマアカスズメバチの影響が大きいということでした。

〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 24 ニホンミツバチの反撃
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

この夏の天候不順がツマアカスズメバチの巣作り,繁殖にどのような影響があったのか気になるところです。

2014年9月4日現在
ツマアカスズメバチの拡散状況24

確認地

●(7/15・7/31・8/4)美津島町焼松  【情報提供】fuzinekoさん
 ※それぞれ1頭の飛来を確認。8/4には一旦捕獲したが逃げられる。

●(8/6)美津島町今里(阿連坂トンネル付近)  【情報提供】杉浦直人さん
 ※トンネル入口上方に設置された蜂洞に働きバチが2頭飛来
ツマアカスズメバチ 今里産
  ▲杉浦さんが採集した個体 今里産 写真提供:杉浦直人さん

●(8/8)上県町佐護湊  【情報提供】山村辰美さん
 ※神社の樹木に2個営巣 市が駆除
ツマアカスズメバチの巣の駆除
  ▲巣の駆除の様子 佐護湊 写真提供:山村辰美さん

●(8/31)上対馬町殿崎
 ※遊歩道で飛翔中の働きバチを採集
●(8/31)上県町棹崎
 ※飛翔中の働きバチを採集
●(8/31)上県町中山
 ※蜂洞のニホンミツバチを狩る多数の働きバチを確認(近くではで山村さんが30数頭駆除)
 ※集団で防御するニホンミツバチに少なくとも3頭のツマアカスズメバチが倒されていた。

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -RICOH CX3 + speedlight-

ニホンミツバチがツマアカスズメバチを倒すこともあります。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

蜂球をつくり,とどめを刺しています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
蜂球でツマアカスズメバチを絡める
  -RICOH CX3 + speedlight-

しばらくすると倒されたツマアカスズメバチが横たわっていました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツマアカスズメバチ
  -RICOH CX3 + speedlight-

●(9/2)峰町大星林道
 ※蜂洞に2頭飛来。内1頭を採集。
大星林道の蜂洞
  ▲一番右の蜂洞に飛来 -SONY DSC-HX30V-

-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町10
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・・芦見・五根緒・大浦・口無谷殿崎

上県町17
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山・志多留・目保呂・田ノ浜・瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)井口樫滝西津屋トタテ

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町3
横浦・佐保・貝鮒

美津島町4
賀谷・焼松・濃部・今里

厳原町2
椎根(下原)久田

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地:20 (営巣確認地:10)
-------------------------------------------------------------------------------

それはそうと,高橋研究室・環境省ともにトラップ調査の結果が入ってきません。 既にどこかで公表されているのでしょうか?
少なくとも大々的に新聞にも取り上げられ,地元の協力を得ながら実施したのですから速やかに結果を公表してほしいものです。

今回も情報を提供いただいたfuzinekoさん,杉浦さん,山村さんに感謝いたします。


〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 23
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

対馬市総合政策部市民協働・自然共生課:神宮さんからの情報によると,夏場に向けていよいよ二次巣の本格的な成長が始まりました。
市も精力的に巣の駆除を行っていますが厳しい状況になってきそうです。 二次巣に移行してくるとさらに営巣情報も多くなってくることでしょう。
※営巣及び駆除情報については神宮さんよりいただきました。


2014年7月25日現在
ツマアカスズメバチの拡散状況23


確認地

●(6/27)上県町瀬田
 〜磴旅發機 0m 民家床下に営巣 →市が駆除
 ∩磴旅發機 0m 裏山斜面の切り株根元に営巣 →市が駆除
 A磴旅發機10m 道路脇のネムの木に営巣 →市が駆除

●(6/27)上県町井口
 ※巣の高さ: 7m 民家の屋根裏に営巣(軒先に出入口)→未駆除

●(6/27)上県町トタテ
 ※巣の高さ: 0m 木の根元に営巣 →未駆除  

●(6/30)上県町西津屋
 ※巣の高さ: 0m 民家前の朽ち木根元に営巣 →市が駆除

●(7/10)豊玉町貝鮒
 ※巣の高さ:12m 木の枝に営巣

●(7/17)上県町中山
 ※巣の高さ:10m 八重桜の木に営巣 →市が駆除

●(7/20)上対馬町
 ※琴集落より舟志に向かう林道付近に設置された蜂洞に飛来

蜂洞に飛来したツマアカスズメバチ
  -RICOH CX6 + speedlight-

●(7/22)上県町棹崎
 ※カラスザンショウの花に働きバチが飛来

●(7/22)峰町三根
 ※巣の高さ: 5m 松の木に営巣 →市が駆除

●(7/22)上県町西津屋
 ※巣の高さ:10m 木の上に営巣 →未駆除


-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町9
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・・芦見・五根緒・大浦・口無谷

上県町17
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山・志多留・目保呂・田ノ浜・瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)井口樫滝西津屋トタテ

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町3
横浦・佐保・貝鮒

美津島町2
賀谷・濃部

厳原町2
椎根(下原)久田

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地:16 (営巣確認地:10)
-------------------------------------------------------------------------------


2013年ツマアカスズメバチの様子をまとめたダイジェストです。(2分44秒)
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。


〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 22
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

これまでの営巣情報はいずれも初期巣と思われ,樹幹付近に移動しての本格的な営巣はまだ確認されていません。 
その外,捕食と訪花・吸蜜を観察しましたので動画で紹介します。

2014年7月15日現在
ツマアカスズメバチの拡散状況22

確認地
●(6/27)上対馬町鰐浦
※リョウブの花に働きバチが次々に飛来した。捕獲は見ることができなかったが,次の昆虫にアタックをかけるなど狩る行動を示す。
(アオスジアゲハ・イチモンジセセリ・キバネセセリ・ハナアブsp.・ドロバチsp.・ツチバチsp.・カミキリムシsp.など)

●(7/11)上県町佐護(湊) 【情報提供・撮影】ツシマヤマネコを守る会 山村辰美さん 
※民家(小宮吉蔵宅)の板壁内に営巣していた。小さな穴から出入りするのが観察された。

営巣が確認された民家の板壁。白い破線内の穴から出入りしています。
営巣が確認された民家の壁

出入りする働きバチ。
出入りするツマアカスズメバチ

●(7/12)上対馬町口無谷 ◆
※蜂洞に働きバチが1頭飛来した。ホバリングして帰巣する働きバチを狙うがスピードが速く捕獲できない。
偶然自分に向かって来た働きバチを捕らえることに成功した。

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

●(7/15)上県町仁田の内 【情報提供・撮影】ツシマヤマネコを守る会 山村辰美さん 
※倉庫内の営巣が確認される。画像から推測すると大きさはおおよそ20cm弱ほどか。

営巣した倉庫内に駆除に向かうところです。
営巣した倉庫

初期巣。色彩も二次巣に近いものになっています。
初期巣

巣がなくなり働きバチが行き場を失って集まっています。
初期巣を駆除した後

●(6/27)上対馬町鰐浦
※雨模様でリョウブの花への飛来は少なかったのですが,吸蜜と思われる行動を観察できました。

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町9
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・琴・芦見・五根緒・大浦・口無谷

上県町15
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山・志多留・目保呂・田ノ浜・瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)・井口・樫滝

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町2
横浦・佐保

美津島町2
賀谷・濃部

厳原町2
椎根(下原)久田

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地: 9 (営巣確認地: 4)
-------------------------------------------------------------------------------

これからは働きバチが爆発的に増えてくるので,目にする機会も多くなるでしょう。 いよいよ市も忙しくなりそうです。
いつも情報を頂く山村辰美さんに感謝いたします…。

〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 21
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

営巣情報が入っています。
【情報提供】対馬市総合政策部市民協働・自然共生課 神宮主事さん ´
【情報提供】ツシマヤマネコを守る会 山村辰美さん 

2014年6月28日現在
ツマアカスズメバチの拡散状況21

確認地
●(6/17)上対馬町佐護(湊)  
  ※高さ4mほどの民家(空き家)外壁に営巣。巣の大きさは直径約40cm。

●(6/19)上県町仁田(樫滝) ◆
  ※高さ1mほどの植木内。巣の大きさは直径約30cm。草刈り中に巣を発見。

●(6/27)上対馬町鰐浦
  ※リョウブの花に働きバチが数頭飛来 吸蜜に来ていた昆虫を狩る行動を示す。

●(6/27)上県町佐護(湊) 
  ※田んぼのススキの生えた土手に営巣。

-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町9
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・琴・芦見・五根緒・大浦・口無谷

上県町15
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山・志多留・目保呂・田ノ浜・瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)・井口・樫滝

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町2
横浦・佐保

美津島町2
賀谷・濃部

厳原町2
椎根(下原)久田

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地: 8 (営巣確認地: 3)
-------------------------------------------------------------------------------

山村さん撮影の佐護(湊)の営巣状況です。 土手に生えたススキの根元の窪みに営巣しています。
初期巣の営巣場所
  撮影:山村辰美さん

白の破線内が巣。 ソフトボール大だったと聞いています。
初期巣
  撮影:山村辰美さん

働きバチの大きさからも巣の大きさが特定できます。 スプレーで薬剤を噴射して駆除しされました。
初期巣
  撮影:山村辰美さん

丸々と太った幼虫が確認できます。 巣の様子から最も初期の段階では10頭ほどの働きバチが育てられたようです。 その後,女王及び最初の働きバチたちによって次の段階に移ったと思われます。 一気に100頭ほどの働きバチが育っています。
初期巣
  撮影:山村辰美さん

鰐浦のリョウブにやって来た働きバチを採集しました。 夏から秋にかけて見られる通常の働きバチの大きさに比べて極端に小さいことが分かります。 女王がとにかく早く働きバチを育て上げて,巣作りをさせようとしているのでしょう。
働きバチの大きさの違い
  ▲初期段階の働きバチ Vespa velutina

初期巣から次の段階の樹上の営巣に移るのはいつ頃になるのでしょうか? 初期巣での働きバチがどの程度の数になったら樹上に移動するのか知りたいものです。

〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 22:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
ツマアカスズメバチの拡散現況 20
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

上県の方でトラップに働きバチが誘引され始めたという情報の他は入ってきません。 新たに2産地追加しておきます。

2014年6月15日現在
ツマアカスズメバチの拡散状況20

確認地
●(5/24)上対馬町口無谷 
※蜂洞に飛来した1頭を目撃。 大きさから恐らく女王。(画像の個体)
●(6/1)厳原町久田 
※1頭を目撃。 働きバチか女王かは不明。

-------------------------------------------------------------------------------
 現在までの確認地一覧   2014年の確認地は青文字 ※太字は営巣確認地
-------------------------------------------------------------------------------
上対馬町9
鰐浦・豊・富ヶ浦・茂木・琴・芦見・五根緒・大浦・口無谷

上県町15
佐護(湊・サリエ)佐護(深山)中山・志多留・目保呂・田ノ浜・瀬田・犬ケ浦・舟志ノ内・佐須奈・棹崎・佐護(恵古)・佐護(仁田ノ内)・井口・樫滝

峰町3
櫛・大星林道・木坂

豊玉町2
横浦・佐保

美津島町2
賀谷・濃部

厳原町2
椎根(下原)久田

-------------------------------------------------------------------------------
 2013年 確認地:31 (営巣確認地:22)
 2014年 確認地: 6 (営巣確認地: 2)
-------------------------------------------------------------------------------

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
蜂洞に飛来したツマアカスズメバチ女王
  ▲蜂洞に飛来したツマアカスズメバチ女王 Vespa velutina -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
蜂洞に飛来したツマアカスズメバチ女王
  -RICOH CX6 + speedlight-

この個体が実際に狩りをするところは確認できませんでした。 そろそろ初期巣から樹上へと営巣場所を変える時期に来ているのでしょうか? そうなると爆発的に働きバチが増えるので目撃情報も増えてくるものと思われます。

〈ツマアカスズメバチ6態〉
対馬のツマアカスズメバチ

<市へのツマアカスズメバチ情報受付窓口>
市への情報提供窓口

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ツマアカスズメバチ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |