エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
シラホシナガタマムシ 配偶行動
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/8/12

色彩変異の大きい対馬のシラホシナガタマムシ…。

  シラホシナガタマムシ Agrilus decoloratus Kerremans, 1892 -RICOH CX6-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 13:20 | comments(0) | - |
ヤマトタマムシ対馬亜種(ツシマルリタマムシ)
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/8/12

産卵のために数頭の♀がクヌギに来ていました。対馬産は朝鮮半島系統のようだけど…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤマトタマムシ対馬亜種
  ヤマトタマムシ対馬亜種 Chrysochroa fulgidissima coeruleocephala Motsvhulsky, 1861 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤマトタマムシ対馬亜種
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

2016年7月10日,対馬市上対馬町産♀…。
ヤマトタマムシ対馬亜種
  ヤマトタマムシ対馬亜種 Chrysochroa fulgidissima coeruleocephala Motsvhulsky, 1861

動画。

  -OLYMPUS STYLUS TG-6-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 23:13 | comments(0) | - |
クロタマムシ対馬・朝鮮亜種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/8/3

アカマツの伐採木に飛来した♀。腹面の上翅裏面肩口と腹部末端に赤橙色紋が認められる。タマムシ大図鑑★★…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロタマムシ♀
  クロタマムシ Buprestis haemorrhoidalis coreana Obenberger, 1917 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロタマムシ♀
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

腹面。
クロタマムシ♀腹面
  クロタマムシ対馬・朝鮮亜種の腹面 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 23:09 | comments(0) | - |
マサキナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/7/26

マサキナガタマムシ
  マサキナガタマムシ Agrilus euonymi Tôyama,1985 -Andonstar ADSM301-

腹面。
Agrilus euonymi Tôyama,1985
  マサキナガタマムシ Agrilus euonymi Tôyama,1985 -Andonstar ADSM301-

前胸背腹板突起。
マサキナガタマムシの前胸背腹板突起
  マサキナガタマムシの前胸腹板突起 Agrilus euonymi Tôyama,1985 -Andonstar ADSM301-

内側隆線。
マサキナガタマムシの内側隆線
  マサキナガタマムシの内側隆線。 Agrilus euonymi Tôyama,1985 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 18:07 | comments(0) | - |
コクロナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/7/26

ここ数年,カラスザンショウの衰弱木で発生していましたが,一帯の発生木のほとんどが枯れ果て姿を消しました。
やや離れた生木の葉を掬うと,何とか数個体が落ちてきました。タマムシ大図鑑★★★…。
コクロナガタマムシ 
  コクロナガタマムシ♂ Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957 -Andonstar ADSM301-

♂腹面。
Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957
  コクロナガタマムシ♂腹面 Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957 -Andonstar ADSM301-

前胸背腹板突起は舌状。
コクロナガタマムシの前胸背腹板突起
  コクロナガタマムシの前胸背腹板突起 Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957 -Andonstar ADSM301-

内側隆線。
コクロナガタマムシの内側隆線
  コクロナガタマムシの内側隆線 Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957 -Andonstar ADSM301-

♂交尾器。
コクロナガタマムシの♂交尾器
  コクロナガタマムシの♂交尾器 Agrilus yamawakii Y. Kurosawa, 1957 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 19:26 | comments(0) | - |
チュウジョウナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/7/5

クズ喰いで広く薄く生息しているイメージがあるものの,継続的に発生を繰り返している場所は多くありません。今年も既産地のいくつかで未確認です。タマムシ大図鑑★★★★…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チュウジョウナガタマムシ
  チュウジョウナガタマムシ Agrilus chujoi Y. Kurosawa, 1985 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チュウジョウナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チュウジョウナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

チュウジョウナガタマムシ
  チュウジョウナガタマムシ Agrilus chujoi Y. Kurosawa, 1985 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 19:52 | comments(0) | - |
アヤムナビロタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/7/1

南方系のタマムシで,対馬海流に影響を受けたものと思われます。対馬の生息地が北端部に偏っているのが不思議。単に調査不足なのか…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシ
  アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシ
  アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-


  アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

中央やや右のイヌビワに見られました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシの生息環境
  アヤムナビロタマムシの生息地 Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 18:38 | comments(0) | - |
シラホシナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/6/26

色彩豊かな対馬のシラホシナガタマムシ。この個体は前胸背が青みがかった個体…。
シラホシナガタマムシ
  シラホシナガタマムシ Agrilus decoloratus Kerremans, 1892 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 23:24 | comments(0) | - |
アヤムナビロタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/6/23

イヌビワは島内全域に多く見られるものの,本種の生息地は北部の一部に極限られています。南部にもいるのだろうか?
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アヤムナビロタマムシ
  アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

アヤムナビロタマムシ
  アヤムナビロタマムシ Sambus quadricolor quadricolor E. Sanders, 1873 -Andonstar ADSM301-

交尾器。
アヤムナビロタマムシの交尾器
  アヤムナビロタマムシの交尾器 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 23:52 | comments(0) | - |
ヒメクロナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 2020/6/15

ヤマハゼから落ちてきたのでキュウシュウナガかと思ったのですが違和感が…。山田航さんにお聞きしてヒメクロナガタマムシではないかとご教示いただきました。
交尾器を検して非対称であることを確認。前胸背腹板突起は両側が膨れる特異な舌状です。ただし,タマムシ大図鑑には「内側隆線は・・・側隆線に合しない」「雄は腹部第2節に1対の小突起を持つ」と記述されていますが,側隆線に達するとともに,小突起は認められませんでした。タマムシ大図鑑★★★…。
ヒメクロナガタマムシ
  ヒメクロナガタマムシ Agrilus ussuricola Obenberger, 1924 -Andonstar ADSM301-

Agrilus ussuricola Obenberger, 1924
  ヒメクロナガタマムシの腹面 Agrilus ussuricola Obenberger, 1924 -Andonstar ADSM301-

前胸背腹板突起。
ヒメクロナガタマムシの前胸背腹板突起
  ヒメクロナガタマムシの前胸腹板突起 Agrilus ussuricola Obenberger, 1924 -Andonstar ADSM301-

内側隆線。
ヒメクロナガタマムシの内側隆線
  ヒメクロナガタマムシの内側隆線 Agrilus ussuricola Obenberger, 1924 -Andonstar ADSM301-

交尾器は左右非対称。
ヒメクロナガタマムシの交尾器
  ヒメクロナガタマムシの交尾器 Agrilus ussuricola Obenberger, 1924 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 16:58 | comments(0) | - |
マスダクロホシタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 2020/6/17

マスダクロホシタマムシ
  マスダクロホシタマムシ Lamprodila vivata (Lewis, 1893) -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 06:21 | comments(0) | - |
フチトリヒメヒラタタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/6/10

ヤマボウシの花から落ちてきました。これまで4月の中旬と5月の上旬に採集しました。前胸背側縁が赤みがかっているので♀だと思われます。タマムシ大図鑑★★★…。
フチトリヒメヒラタタマムシ
  フチトリヒメヒラタタマムシ Anthaxia (Haplanthaxia) rubromarginata Miwa et Chûjô, 1935 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| タマムシ | 18:35 | comments(0) | - |
ムネアカナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/1

ムネアカナガタマムシ
  ムネアカナガタマムシ Agrilus imitans Lewis, 1893 -Andonstar ADSM301-

交尾器。
ムネアカナガタマムシの交尾器
  ムネアカナガタマムシの交尾器 Agrilus imitans Lewis, 1893 -Andonstar ADSM301-

交尾器中央片。
ムネアカナガタマムシの交尾器中央片
  ムネアカナガタマムシの交尾器中央片 Agrilus imitans Lewis, 1893 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 10:14 | comments(0) | - |
ベニナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/1

ベニナガタマムシ
  ベニナガタマムシ Agrilus viduus Kerremans, 1914 -Andonstar ADSM301-

ベニナガタマムシ腹面
  ベニナガタマムシの腹面 Agrilus viduus Kerremans, 1914 -Andonstar ADSM301-

前胸腹板突起。
ベニナガタマムシの前胸腹板突起
  ベニナガタマムシの前胸腹板突起 Agrilus viduus Kerremans, 1914 -Andonstar ADSM301-

内側隆線。
ベニナガタマムシの内側隆線
  ベニナガタマムシの内側隆線 Agrilus viduus Kerremans, 1914 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 10:02 | comments(0) | - |
不明ナガタマムシ →(追記)ムネアカナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/1

エノキの衰弱木から得られました。この体形・サイズで前胸背の色彩がこのようなナガタマムシは初めて…。ムネアカナガタマムシの色彩変異でもなさそうです。

追記:2020/6/6
福タマさんご教示により,ムネアカナガタマムシの色彩変異。

不明ナガタマムシ
  不明ナガタマムシ -Andonstar ADSM301-
  ムネアカナガタマムシ Agrilus imitans Lewis, 1893 -Andonstar ADSM301-

前胸腹板突起は舌状。
不明ナガタマムシ
  前胸腹板突起 -Andonstar ADSM301-

内側隆線。
不明ナガタマムシ
  内側隆線 -Andonstar ADSM301-

交尾器。
不明ナガタマムシの交尾器
  交尾器 -Andonstar ADSM301-

交尾器中央片。
不明ナガタマムシの中央片
  交尾器中央片 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 17:14 | comments(0) | - |
ベニナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/2・3

センダン?の倒木に集まっていました。鮮やかな紅色が美しい…。タマムシ大図鑑★★…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ベニナガタマムシ
  ベニナガタマムシ Agrilus viduus Kerremans, 1914 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ベニナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ベニナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ベニナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ベニナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 06:33 | comments(0) | - |
ヒメヒラタタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/29

アカマツの伐採木に飛来しました。大図鑑によると「対馬産は朝鮮半島産とともに別種psittacina Heyden,1887とされることもあるが,両種の区別は微弱で困難」という。
ヒメヒラタタマムシ
  ヒメヒラタタマムシ Anthaxia proteus E. Saunders, 1873 -Andonstar ADSM301-

Anthaxia proteus E. Saunders, 1873
  ヒメヒラタタマムシ Anthaxia proteus E. Saunders, 1873 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 07:08 | comments(0) | - |
チョウセンムツボシタマムシの産卵
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/29

アカマツの伐採木に産卵…。

  チョウセンムツボシタマムシ Chrysobothris pulchripes Fairmaire, 1887 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンムツボシタマムシ
  チョウセンムツボシタマムシ Chrysobothris pulchripes Fairmaire, 1887 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンムツボシタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

マツノザイセンチュウによるアカマツの立ち枯れ。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アカマツの立ち枯れ
  アカマツの立ち枯れ -OLYMPUS STYLUS TG-6-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 07:43 | comments(0) | - |
チョウセンムツボシタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/21

伐採後1年以内の新しいものでなければ,ほぼやって来ないことが分かりました。去年の飛来木に今年はまったく飛来せず…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チョウセンムツボシタマムシ
  チョウセンムツボシタマムシ Chrysobothris pulchripes Fairmaire, 1887 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 22:57 | comments(2) | - |
シラホシナガタマムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/20

対馬産にはこのような赤紫色を帯びた個体が多く見られます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
シラホシナガタマムシ
  シラホシナガタマムシ Agrilus decoloratus Kerremans, 1892 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
シラホシナガタマムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

シラホシナガタマムシ
  シラホシナガタマムシ Agrilus decoloratus Kerremans, 1892 -OLYMPUS STYLUS TG-4-

交尾器。
シラホシナガタマムシの交尾器
  シラホシナガタマムシの交尾器 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| タマムシ | 20:04 | comments(0) | - |