エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
ツシマコハナコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/3/12

天気がいいので久しぶりに小茂田浜へ行ってみました。 ここは以前,ツシマコハナコメツキがたくさん見られたのですが,いつの間にか環境も変わり姿を消していまいました。
ダメ元で数か所根際を篩ってみると1頭だけですが確認することができました。 他には黒光りするエンマムシらしきものが数頭出てきました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマコハナコメツキ
  ツシマコハナコメツキ Paracardiophorus coreanus tsushimensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマコハナコメツキ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマコハナコメツキ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマコハナコメツキ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマコハナコメツキ
  ツシマコハナコメツキ Paracardiophorus coreanus tsushimensis Kishii, 1977

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 21:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
シロオビチビサビキコリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 9/8

朽ち木上にいた小さなコメツキムシ。
シロオビチビサビキコリ
  シロオビチビサビキコリ Adelocera difficilis (Lewis, 1894)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオナガコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 8/10

今日はカワウソ発見に沸いた一日でした。 昔,対馬にもカワウソが生息していたことは聞いていたのですが,まさか今の時代に発見されるとは思ってもいませんでした。

さて,クヌギの樹皮下に潜む大型のコメツキムシです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオナガコメツキ
  オオナガコメツキ Orthostethus sieboldi sieboldi -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオナガコメツキ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

オオナガコメツキ
  オオナガコメツキ Orthostethus sieboldi sieboldi (Candèze, 1873)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒメホソキコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 7/10

この時期,リョウブの花を掬うと入ってくる小さなコメツキムシ。
ヒメホソキコメツキ
  ヒメホソキコメツキ Agaripenthes helvolus (Candèze, 1873)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒラアシコメツキの一種?
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 5/31

スィーピングで落ちてきました。 ヒラアシコメツキの仲間でしょうか? 前胸背広角の張り出しと赤褐色を帯びること,触角と脚が明るい褐色であること,上翅に毛が密生することなどが特徴です。

追記:6/5
コッキンさんから,ツシマクチブトコメツキ Parasilesis musculus tsushimensis Kishii, 1976
であると教えて頂きました。

ヒラアシコメツキの一種?
  ヒラアシコメツキの一種?
  ツシマクチブトコメツキ Parasilesis musculus tsushimensis

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 07:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメツキムシの一種 (→)ツシマコハナコメツキ?
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 5/19

有明山山頂付近のカマツカの花から落ちてきました。 ツシマコハナコメツキに極似しているのですが,もしそうだとすると海浜性のコメツキがこのような環境でも見られるものなのでしょうか?
コメツキムシの一種

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 05:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
ヒゲコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 5/18

対馬のヒゲコメツキは♀しか確認されていなく,単為生殖ではないかと考えられています。 
また,対馬産は本土産と比較して次のような差異(特徴)が認められます。

1 前胸背側縁の曲がり具合
対馬産は側縁中央にかけて膨らむようなカーブを描き,後方で内側に湾曲しますが,本土産は直線的です。
2 前胸背全体の縦横比
対馬産は横幅が広く丸味を帯びるが,本土産は縦に細長く見える。
3 触角の節の形状
対馬産は短く幅広いが,本土産は細く長い。

このことについては,さらに多くの個体で確認する必要があります。

2011年7月3日 対馬市厳原町久根田舎で撮影
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒゲコメツキ
  ヒゲコメツキ Pectocera fortunei -RICOH CX3 + speedlight-

ヒゲコメツキ
  ヒゲコメツキ Pectocera fortunei


対馬産と本土産の比較。本土産標本は小池寛記念「緑の昆虫館」びぃとるず より拝借しました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒゲコメツキ 対馬産と本土産の比較
  ヒゲコメツキ 対馬産と本土産の比較

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシママメコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 5/18

コナラのスィーピングで落ちてきました。 今まで展足した中で最小のコメツキムシで全身が真っ黒。 小楯板ははっきりしませんが,体が中央部付近でやや幅広くなるのでツシママメコメツキの可能性もあります。

追記:5/25
コッキンさんのお墨付きで,ツシママメコメツキ…。

マメコメツキの一種?
  マメコメツキの仲間?
  ツシママメコメツキ Yukoana shirozuana Kishii, 1961

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 12:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメツキムシの一種 (→) ミズギワコメツキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/25

盛りを過ぎたカエデの(花を掬ったら落ちてきました。

追記:5/6
コッキンさんより,
ミズギワコメツキ Fleutiauxellus (Fleutiauxellus) curatus
と教えて頂きました。 対馬産は亜種になっていますが別種の可能性もあるそうです。

ミズギワコメツキ

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 00:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハマベオオヒメサビキコリ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/24

追記:5/3
ハマベオオヒメサビキコリ
Agrypnus (Colaulon) tsukamotoi tsukamotoi (Kishii, 1956)

※デオキノコさんにご教示頂き訂正しました。ありがとうございました。

名前のとおり,海辺の石の下に潜んでいました。
ハマベヒメサビキコリ
  ハマベオオヒメサビキコリ Agrypnus (Colaulon) tsukamotoi tsukamotoi

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| コメツキムシ | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |