エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
フタガタハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/6/023

ブナ科ではないヤブツバキの洞に興味を示していたのが不思議でした。
フタガタハラブトハナアブ
  フタガタハラブトハナアブ Mallota eristaliformis Sack, 1910 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

フタガタハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 17:59 | comments(0) | - |
タカサゴハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/23

本種の属するMallota属(ハラブトハナアブ属)はこれまで5種確認しています(「こがねむし」投稿中)。
大きな羽音を立ててまとわりついていましたが,近くの古びた伐採木に降り立ちました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis Matsumura. 1916 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-
  
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 21:24 | comments(0) | - |
マツムラハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


峰町 Mine-machi 2019/6/2

スギの伐採木にやって来ました。 ♂かな?
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes Matsumura, 1916 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
マツムラハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 2019/5/28

クリの切り株の朽ちた部分に散乱していました。 色彩はコマルハナバチ対馬亜種に擬態していると思われます。 羽音はハチそのものです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes Matsumura, 1916 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-


  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムツボシナガハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/8/10

南方系の大型のハナアブ。 いわゆる西回りの昆虫で対馬海流の影響を受けたと思われます。  京都府冠島からも記録があります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  ムツボシナガハナアブ Milesia oshimaensis Shiraki. 1930

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムツボシナガハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/8/10

スギの伐採木に大型美麗ハナアブのムツボシナガハナアブが集まってきていました。本種は本では南西諸島を主な生息域にする南方系のハナアブで,対馬海流に乗って対馬にたどり着いたと考えられます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  ムツボシナガハナアブ Milesia oshimaensis Shiraki. 1930 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

白バック…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ムツボシナガハナアブ
  ムツボシナガハナアブ Milesia oshimaensis Shiraki. 1930

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。


※日頃のご訪問に感謝して,「554433」「555555」のキリ番の方に可能な範囲で標本をプレゼントさせていただきます。カウンター部分のスクショ画像を添付の上,メールフォームでご連絡ください。
| ハナアブ | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケコヒラタアブ属の一種  Psilota sp.
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2018/4/17

この時期に現れる正体不明のハナアブ。ケコヒラタアブ属の一種と思われます。
この属は日本から3種(ケコ・タイリクケコ・クロケコ)が知られていますが,互いによく似ているため同定保留にしています。
ケコヒラタアブ属の一種 Psilota sp.
  ケコヒラタアブ属の一種  Psilota sp. -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャイロハチモドキハナアブ(和名新称)
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


12/2

2008年4月に撮影したSphiximorpha 属の日本未記録のハナアブ(市毛・境 2008)について,種名が判明し和名(新称)が与えられました。

●市毛・境 (2008) 日本からのSphiximorpha 属の記録. はなあぶ(27):1
●市毛・坂田 (2017) 京都で見つかったチャイロハチモドキハナアブ(和名新称) はなあぶ(44):109-111


本種は自宅庭で撮影したのですが,背面からだけの撮影であったため属までの確定にとどまっていました。 今回,京都府舞鶴市でスズメバチ調査のために設置されたペットボトルトラップに入った1個体が採集されました。
現在のところ分布は,極東ロシア(沿海地方南部?),中国,韓国で日本では対馬・本州(京都府)ということになります。 ムツボシナガハナアブの分布と類似したものを感じますが暖流の影響を受けているのかもしれません。

発生期は4月〜5月と思われますので,この時期に対馬に入られる方は要注意です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チャイロハチモドキハナアブ
  チャイロハチモドキハナアブ Sphiximorpha rachmaninovi Violovitsh, 1981

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 16:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
キゴシハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 11/15

庭のツワブキの花にキゴシハナアブがやって来ました。 この辺りではめったに見ることのないハナアブです。
複眼に模様があるのですが,どのように世界が見えているのでしょうか?

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キゴシハナアブ
  キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キゴシハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キゴシハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハナアブ ハナダカチビハナアブ属
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/27

恐らくハナダカチビハナアブ属の一種だと思われます。 この属は4月下旬〜5月上旬にかけて咲くシャクの花によく集まっているのですが,今年はまだ見ません。
この交尾個体はコバノガマズミの花に来ていて交尾に至ったのでしょう。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ハナアブ ハナダカチビハナアブ属
  ハナダカチビハナアブ属の一種 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
フタホシヒラタアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/7

成虫越冬なので春先によく見られるのが納得できます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フタホシヒラタアブ
  フタホシヒラタアブ Eupeodes (Metasyrphus) corollae -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フタホシヒラタアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホソヒラタアブ 黒化個体
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 11/22

たまに見られる腹部が黒くなるヒラタアブの仲間の黒化個体。 今回はホソヒラタアブ…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ホソヒラタアブ
  ホソヒラタアブ Episyrphus balteatus -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ホソヒラタアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
キゴシハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 11/18

ハナアブの撮影を始めて数年経ちますが,年々撮影機会が少なくなってきています。 これはとりもなおさず花自体が少なくなってきたことが主な原因です。 イノシカによる環境の悪化で確実に生態に大きな影響が出ています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キゴシハナアブ
  キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/11

この時期によく見かけるようになります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオハナアブ
  オオハナアブ Phytomia zonata -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
タカサゴハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 5/22

好天が続いているためか貯木場でもカミキリムシの姿はほとんどありません。 タカサゴハラブトハナアブがいたのでTG-4 + FD-1の練習です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
フタガタハラブトハナアブ ?
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 4/19

対馬のMallota 属(ハラブトハナアブ属)が正式に何種報告されているのか分かりませんが,私的に今までに下記の4種類を確認しています。

1 カクモンハラブトハナアブ Mallota abdominalis (→)記事へ
  厳原町舞石ノ壇山で1♀を採集したのみ…。少ない。

2 タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis (→)記事へ
  島内各地で記録することができた。

3 マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes (→)記事へ
  最近整理統合された。対馬産と同じ色彩型も他で確認された。島内各地。 

4 フタガタハラブトハナアブ ? Mallota dimorpha
  上対馬町殿崎で1頭採集,そして今回1♂撮影…。 

最後のフタガタハラブトハナアブ?については,色彩が明らかにマツムラハラブトハナアブと異なること,顔面の色彩も白いことなどから恐らくフタガタハラブトハナアブではないかと思っています。
一応標本は確保しているので,専門の方に調べていただけると一発解決すると思います。 もしフタガタハラブトハナアブだとしても,上五島産とは色彩的に若干違うようです。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フタガタハラブトハナアブ?
  フタガタハラブトハナアブ? Mallota dimorpha? -SONY DSC-HX30V-

フタガタハラブトハナアブ?
  -SONY DSC-HX30V-

フタガタハラブトハナアブ?
  -SONY DSC-HX30V-

ちなみに訪花したのはコバノガマズミ。
コバノガマズミ
  コバノガマズミ Viburnum erosum -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
フタホシヒラタアブ 交尾
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 4/8

この時期交尾個体を見ることがあります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フタホシヒラタアブ
  フタホシヒラタアブ Eupeodes (Metasyrphus) corollae -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
フタホシヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
マツムラハラブトハナアブ 産卵行動
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 2015/5/15

マツムラハラブトハナアブの産卵行動を観察する機会に恵まれました。 産卵木は朽ちたクヌギの切り株だと思われます。
飛び回りながら時々止まって,腹部末端から7mmほどの産卵管を伸ばし産卵場所を探していました。

  マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes -SONY DSC-HX30V-

前記事でも紹介したように対馬産マツムラハラブトハナアブはマツムラハラブトハナアブの色彩変異型の一つです。 対馬では他の黒い色彩を帯びた型は全くいませんので,安定した遺伝型だと思われます。 コマルハナバチ対馬亜種に色彩擬態していると考えられます。

産卵行動です…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
マツムラハラブトハナアブの産卵行動
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 13:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
マツムラハラブトハナアブ Mallota属の論文
1/14

※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


最近,日本のハラブトハナアブ属の論文が出ました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015
別刷りを筆頭著者の弘岡拓人さんから送っていただきました。 従来このブログでクロオビハラブトハナアブ Mallota rubripes としていたハナアブは,

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。

この種の変異型には3型が認められていますが,対馬のようなレモンイエローの色彩を帯びる型は対馬以外でも本州(奈良県・和歌山県・山口県)及び四国(高知県)から記録されています。 
また,この論文には記載されていませんがmezaseguinessさんが上五島で記録されたものもマツムラハラブトハナアブで,胸部背面の黒毛の帯が顕著であるものの基本的には対馬産と同一の型に入るものと思われます。

HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan.  JJSE 21(2):2015
  ▲HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan

No.4が対馬産の型です。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan.  JJSE 21(2):2015
  マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes No.3〜5

対馬産マツムラハラブトハナアブに関する記事はこちら(→) マツムラハラブトハナアブ

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 20:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
クロベッコウハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/20

一見大型のハエのようなハナアブ。 飛んでいるときの羽音はかなり大きいです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロベッコウハナアブ
  クロベッコウハナアブ Volucella nigricans -RICOH CX6 + speedlight-

クロベッコウハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロベッコウハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 18:39 | comments(4) | trackbacks(0) |