エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
スジヒラタガムシ? →キイロヒラタガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/30

結局分からず…。

追記
キイロヒラタガムシ Enochrus simulans (Sharp, 1873) と教えて頂きました。

スジヒラタガムシ?
  スジヒラタガムシ? -Andonstar ADSM301-
  キイロヒラタガムシ Enochrus simulans (Sharp, 1873)

Helochares nipponicus Hebauer, 1995?
  Helochares nipponicus Hebauer, 1995? -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 19:23 | comments(0) | - |
ウスリーマメゲンゴロウの新産地
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/7/5

発見地周辺一帯でしか確認できていなかったのですが,ようやく新たな産地を見つけました。本種が流水域を好むゲンゴロウであることが再認識できました。
ウスリーマメゲンゴロウ
  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis (Nilsson,1997) -Andonstar ADSM301-

ウスリーマメゲンゴロウ
  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis (Nilsson,1997) -Andonstar ADSM301-

生息環境。念のた藻のあたりを水網で掬うと入ってきました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウの生息環境
  ウスリーマメゲンゴロウの生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウの生息環境
  ウスリーマメゲンゴロウの生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

ウスリーマメゲンゴロウの新産地
  ウスリーマメゲンゴロウの新産地 

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 15:30 | comments(0) | - |
コモンシジミガムシ?
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/7/5

少し交尾器に違和感が…。 よって,?マーク付きですがコモンで大丈夫かな。
コモンシジミガムシ?
  コモンシジミガムシ? -Andonstar ADSM301-

コモンシジミガムシ?
  コモンシジミガムシ? -Andonstar ADSM301-

生息環境。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。

コモンシジミガムシ?の生息環境

  生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

交尾器。
コモンシジミガムシ?の交尾器
  コモンシジミガムシ?の交尾器 -Andonstar ADSM301- 

コモンシジミガムシの交尾器。
コモンシジミガムシの交尾器
  コモンシジミガムシの交尾器 Laccobius oscillans Sharp, 1884 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 11:14 | comments(0) | - |
オオトゲバゴマフガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 2020/5〜6

海岸近くの水たまりに見られたトゲバゴマフガムシの一種について,ご専門の方に調べていただいていましたが「オオトゲバゴマフガムシ」であろうとの結論が出ました。
この属の同定に当たっては,後胸腹板の形態だけでなく,体長や各部の形質(前胸背の点刻,翅端棘長,上翅間室点刻,交尾器中央片など)を総合的に見ていく必要がありそうです。
体長は4.1〜5.1mm(n=18)で他産地よりやや小型の集団です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオトゲバゴマフガムシ
  オオトゲバゴマフガムシ Berosus incretus d'Orchymont, 1937 -Andonstar ADSM301-

後胸腹板は本属同定のポイントの一つですが,個体によって若干の変異が見られます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオトゲバゴマフガムシの後胸腹板
  オオトゲバゴマフガムシの後胸腹板 -Andonstar ADSM301-

翅端の棘。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオトゲバゴマフガムシの翅端の棘
  オオトゲバゴマフガムシの翅端の棘 -Andonstar ADSM301-

交尾器。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オオトゲバゴマフガムシの交尾器
  オオトゲバゴマフガムシの交尾器 -Andonstar ADSM301-

生息環境。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Berosus incretus dOrchymont, 1937

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 08:16 | comments(0) | - |
ウスリーマメゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/28

旬間毎の継続観察中…。 6月下旬確認。初めてテネラルな個体が見られたことから,この時季が新成虫の発生期だと思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis Nilsson,1996 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。


| 水生昆虫 | 13:57 | comments(0) | - |
タイリクシジミガムシの摂食行動
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/6/23

泥の中に混ざった有機物を食べているのでしょうか?

  タイリクシジミガムシ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 水生昆虫 | 20:26 | comments(0) | - |
タイリクシジミガムシの生息環境
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/6/23

コンクリート法面染み出しの壁面でも活動しているのですが,法面下の水たまりで多くの個体が見られました。左の水たまりで撮影…。


  タイリクシジミガムシ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイリクシジミガムシの生息環境
  タイリクシジミガムシの生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 18:04 | comments(0) | - |
チャイロチビゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/26・28

anbowさんがボウフラの湧く岩礁の水たまりにいた小さなゲンゴロウを届けてくれました。早速連れて行ってもらって撮影・採集してきました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チャイロチビゲンゴロウ

前胸背から上翅にかけて条溝が認められたのでチビゲンゴロウ属かと思ったのですが,チャイロチビゲンゴロウ属にも同様の特徴があるということで納得しました。紋様は個体変異があるそうですが,ここの集団は後半に黒色部が広がり安定していました。
チャイロチビゲンゴロウ
  チャイロチビゲンゴロウ Liodessus megacephalus (Gschwendtner, 1931) -Andonstar ADSM301-

背面は中胸・後胸〜腹部まで黒色になります。
Liodessus megacephalus (Gschwendtner, 1931)
  チャイロチビゲンゴロウ Liodessus megacephalus (Gschwendtner, 1931) -Andonstar ADSM301-

室内撮影です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チャイロチビゲンゴロウ
  チャイロチビゲンゴロウ Liodessus megacephalus (Gschwendtner, 1931) -Andonstar ADSM301-

♂交尾器です。
チャイロチビゲンゴロウの交尾器
  チャイロチビゲンゴロウの♂交尾器 -Andonstar ADSM301-

前脚フ節。
チャイロチビゲンゴロウの前脚フ節
  チャイロチビゲンゴロウの♀前脚フ節 -Andonstar ADSM301-

岩礁の水たまりが生活の場です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
チャイロチビゲンゴロウの生息環境
  チャイロチビゲンゴロウの生息環境 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 20:52 | comments(0) | - |
キイロヒラタガムシ?
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/6/23

キイロヒラタガムシ?
  キイロヒラタガムシ? -Andonstar ADSM301-

中胸腹板突起
  中胸腹板突起 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 00:02 | comments(0) | - |
チビゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/6/23

廃田跡のわずかな水たまりで見られました。「日本の水生昆虫」の分布域に対馬はありませんが,「日本列島の甲虫全種目録」には記載されています。
チビゲンゴロウ
  チビゲンゴロウ Hydroglyphus japonicus (Sharp, 1873)  -Andonstar ADSM301-

チビゲンゴロウ属の特徴である,前胸背と上翅を結ぶような縦筋(溝)が認められます。
チビゲンゴロウ属の特徴
  チビゲンゴロウ属の特徴 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 19:17 | comments(0) | - |
ウスリーマメゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/6/16

旬間毎の継続観察中…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  ▲ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis Nilsson,1996 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 11:55 | comments(0) | - |
タイリクシジミガムシとコモンシジミガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/6/5

大きさの違いなどが分かると思います。法面の染み出しより,破線円内の水たまりに多く見られました。
タイリクシジミガムシとコモンシジミガムシ
  タイリクシジミガムシ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-
  コモンシジミガムシ Laccobius oscillans Sharp, 1884 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

タイリクシジミガムシの生息環境
  生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6-


  -OLYMPUS STYLUS TG-6-

室内でデジ顕撮影…。

  -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。


| 水生昆虫 | 18:02 | comments(0) | - |
ウスリーマメゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/30

旬間毎の観察続行中…。

  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis Nilsson,1996 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis Nilsson,1996 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 19:22 | comments(2) | - |
タイリクシジミガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/5/28

2018年に対馬で見つかった大陸系のシジミガムシ。「日本の水生昆虫」p317に記載されている検索図の交尾器にほぼ一致…。ただし,体長は2.9~3.3mmで,3.3mmを越える個体はいなかった。
タイリクシジミガムシ♂
  タイリクシジミガムシ♂ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -Andonstar ADSM301-

タイリクシジミガムシ♀
  タイリクシジミガムシ♀ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -Andonstar ADSM301-

交尾器正面・側面。
タイリクシジミガムシの交尾器
  タイリクシジミガムシの交尾器正面・側面 Andonstar ADSM301

交尾器中央片側面。
タイリクシジミガムシの交尾器中央片側面
  タイリクシジミガムシの交尾器中央片側面 Andonstar ADSM301

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 18:51 | comments(0) | - |
タイリクシジミガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/5/28

春先から探索を続けていたタイリクシジミガムシ。Tsuruちゃん情報を得て,ようやく出会うことができました。
コモンシジミガムシより一回り大きく,上翅が明るく見えるので目視で区別することができました。本来の生息場所なのかは不明ですがコンクリート法面の染み出しから見いだしました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイリクシジミガムシ
  タイリクシジミガムシ Laccobius binotatus d'Orchymont, 1934 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイリクシジミガムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイリクシジミガムシ
  -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

生息環境。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイリクシジミガムシの生息環境
  タイリクシジミガムシの生息環境 -OLYMPUS STYLUS TG-6-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。



| 水生昆虫 | 08:07 | comments(0) | - |
ウスリーマメゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 2020/5/8

昨年から継続して行っている旬毎の観察。11中旬に姿を消した以後,3月下旬初見から5月上旬まで連続して確認できています。あくまで成虫のお話…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスリーマメゲンゴロウ
  ウスリーマメゲンゴロウ Platambus ussuriensis Nilsson,1996 -OLYMPUS STYLUS TG-6 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 08:53 | comments(0) | - |
キイロヒラタガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/5/4

「日本の水生昆虫」の検索図を見ると,中胸腹板突起はアリアケキイロヒラタガムシにそっくりなんだけど,大きさからキイロヒラタガムシですね。一応,交尾器も抜いてみました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キイロヒラタガムシ
  キイロヒラタガムシ Enochrus simulans (Sharp, 1873) -Andonstar ADSM301-

中胸腹板突起。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キイロヒラタガムシの中胸腹板突起
  キイロヒラタガムシの中胸腹板突起 -Andonstar ADSM301-

交尾器。
キイロヒラタガムシの交尾器
  キイロヒラタガムシの交尾器 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 水生昆虫 | 19:10 | comments(0) | - |
コシマゲンゴロウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2020/5/4

コシマゲンゴロウ
  コシマゲンゴロウ Hydaticus grammicus (Germar, 1827)  -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 06:21 | comments(0) | - |
セマルガムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 2020/5/4

コンクリート法面染み出し下の,腐った落ち葉の下に潜んでいました。対馬の記録は見当たらず…。
セマルガムシ
  セマルガムシ Coelostoma stultum (Walker, 1858) -Andonstar ADSM301-

交尾器です。
セマルガムシの交尾器
  対馬産セマルガムシの交尾器 Coelostoma stultum (Walker, 1858) -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 水生昆虫 | 15:05 | comments(0) | - |
コミズムシ属の一種
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


♀なので種の確定は難しいようです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
コミズムシ属の一種
  コミズムシの一種 -Andonstar ADSM301-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
コミズムシ属の一種
  上の個体の腹面 -Andonstar ADSM301-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
コミズムシ属の一種
  別個体の腹面 -Andonstar ADSM301-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 水生昆虫 | 19:29 | comments(0) | - |