エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< ウラナミジャノメ 長崎県RDB(2001)の昆虫-40 | main | タケヒメカレハ 長崎県RDB(2001)の昆虫-42 >>
ツシマキモンチラシ 長崎県RDB(2001)の昆虫-41
ツシマキモンチラシ  Eterusia watanabei 長崎県RDBカテゴリー:LP

この蛾の最初の記録は,恐らく月刊むしの対馬特集号の報文だと思います。 この時はタイワンルリチラシとして発表しました。 当時は初夏の頃,クリの花やアカメガシワの花に訪花する多数の個体を見ています。 サイト「みんなで作る日本産蛾類図鑑」の【分布】には,対馬,本州と中国があげられています。 本州の和歌山県で絶滅危惧粁燹つ杭蠍で地域個体群に指定されています。 和歌山県ではその後記録がないようです。 

ツシマキモンチラシ
  ▲峰町産 2006.7.03 -Caplio R4-

 Eterusia watanabei Inoue, 1982
  ▲峰町産 2006.7.03 -Caplio R4-

ツシマキモンチラシの標本


 ← クリックするとブログ村の「昆虫写真」に飛びます!
| 長崎県RDB(2001)の昆虫 | 20:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
訪花写真、いつ見ても魅力的です。
一度は実際に見てみたい、そして採ってみたいぃ。
今は発見当時ほど見ることができないようですが、対馬へ行かないと何も始まりませんね。和歌山で探すにしても、生息環境を参考に見ておかないと、、、
しかし、国内では今のところ不思議な分布。意外と見つけにくい蛾なのでしょうね。。。【matu】
| | 2010/03/07 2:43 AM |

matuさん

そうなんです。
今は黄昏飛翔性などが言われているようですが,昔は昼間にバンバン飛んでましたね。 もとろん,個体数も比べものにはなりませんでした。

時期的には他のチョウも含めていい時期ですので,是非お出かけください。

和歌山の記録,不思議です。
| yohbo | 2010/03/07 6:31 AM |










トラックバック機能は終了しました。