エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< トビネシャチホコ 長崎県RDB(2001)の昆虫-46 | main | モンシロチョウ 2010 初蝶 >>
ツシマゴマケンモン 長崎県RDB(2001)の昆虫-47
ツシマゴマケンモン  Moma tsushimana 長崎県RDBカテゴリー:LP

長崎県RDB(2001)の昆虫シリーズは今回で一応終わりにします。 
今年度中には長崎県レッドデータブック2011が刊行されるでしょうから,楽しみに待つことにしましょう。
最後に,長崎県RDBの選定について提言というにはおこがましいのですが希望を書いておきます。 あくまで昆虫部会限定ということで…。

●広く情報を収集する仕組をつくってほしい。 
長崎県は壱岐・対馬・五島など多くの離島を抱えています。 それだけに昆虫相も他県に比べてより複雑多様であるといえます。 特に多くの種を擁する昆虫にあっては,限られた人数の委員の方だけで選定作業を進めることはかなり難しいのではないかと感じます。 文献なども当然精査されるのでしょうが,今現在の最新の生息状況を把握できるのかどうか疑問です。 そこで,例えば福岡県や栃木県などが行っているように,ネット上に外部一般から広く情報を収集する手法を取り入れてみてはどうでしょうか。
――→ 福岡県のフォーム  栃木県のフォーム
当然寄せられた情報の正確さ等についてはある程度の検討検証が必要でしょうが,この方法はかなり有効ではないかと思います。

●長崎県独自の定義を見直してほしい。
昆虫部会で独自に定めた要件の中で,一番気になるのが絶滅危惧粁燹複孱奸砲猟蟲舛任后 VUの基本概念は「絶滅の危機が増大している種であり,近い将来に絶滅危惧砧爐飽楾圓垢襪海箸確実とされるもの。」となっています。 そのカテゴリーの中に「●大陸などに生息する種で,日本では対馬のみに生息する種  ●固有種だが,現状では比較的多い種」が含められているのですが,基本概念との整合性がとれていないように感じられます。 このあたりを是非検討願いたいと思っています。

追記】2014.3.9

長崎県も見習ってほしい。 このような姿勢は大切です…。 
(→)三重県レッドリスト(2014年版)(案)に対する意見募集

-------------------------------------------------------
さて,ツシマゴマケンモンです。 対馬と台湾から記録があります。 大図鑑(1982)が出て以来いつかは会いたいと思っていましたが,2004年にようやく樫滝で白布に止まっている姿を見て本当に嬉しかったです。 飛来したのはいずれも12時を回ってからでした。 これでは一般の人の目に触れるのは難しいでしょう。 

LEDリングライトによる撮影ですが,元画像の発色が悪いとどうしようもありません。
ツシマゴマケンモン
  ▲上県町産 2004.7.11 -Coolpix 4500-

標本画像です…。
ツシマゴマケンモンの標本




| 長崎県RDB(2001)の昆虫 | 06:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
こんにちは

対馬特産種というだけでも、かっこいいのに、実物もかなりかっこいい蛾だと思います。

県で情報を集めるシステムも参考になります。宮城でもやってくれたらいいのにと思いましたが、提案してみようかな。
| カトカラおんつぁん | 2010/03/18 12:43 PM |

いい蛾でしょう!

RDBの情報を広く集めるシステムは必要だと思います。

一番避けたいのは普通種なのに選定されることですね。
環境調査を専門でされる方もこの辺りが一番困っているみたいです。

是非,提案してみてください。
私も県にメールを送ってはみました。
| yohbo | 2010/03/18 7:38 PM |










トラックバック機能は終了しました。