エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< カワラハンミョウはいなかった…。 | main | ヒョウタンゴミムシ >>
エリザハンミョウ
上対馬町 8/21

今日は体感的には今年の夏一番の暑さでした。 とにかく湿度が高く,車外に出るとねっとりとした暑さがまとわりつく感じがしました。 そんな中,北部方面に行ってきました。
今年のウラボシは全く駄目なので豊玉・峰町はスルーして一気に佐護まで上がり,椋梨農道を歩いてみました。 チョウではモンキチョウがいくつか飛んでいただけで見るものはありません。 ヤブガラシの花に来ていたルリハナアブを2頭採集しました。 棹崎ではミンミンゼミに変わってツクツクホウシが元気よく鳴いていました。 ミンミンゼミのノーマルはまだいくつもいましたがミカドミンミンは見ませんでした。 ミカドは発生の初期(7月下旬〜8月上旬)に多く見られる傾向があるようです。 佐護湊の公園ではつれ合いがコハンミョウを1頭だけですが見つけました。 
上対馬町に移動し,いくつかの砂浜を歩いてハンミョウを探しました。 海水浴客の多い所はもちろんパスです。 そのうちの一か所でエリザハンミョウとコハンミョウが混生していました。
エリザハンミョウ
  ▲エリザハンミョウ Cicindela elisae -RICOH R10-

エリザハンミョウには海浜型と内陸型があって,斑紋や大きさに違いがあるそうです。 ここのは場所的には海浜型になるのでしょうね。
Cicindela elisae
  -RICOH R10-

エリザハンミョウ
  -RICOH R10-

コハンミョウに比べて大きさはかなり小さく,最初は本当に小さなハエと間違えました。
Cicindela elisae
  -RICOH R10-

生息地の環境です。 砂浜に小さな川が流れ込んでいます。 川の流れの周辺にたくさん飛んでいました。
エリザハンミョウの生息地
  -RICOH R10-

同所で見られたコハンミョウ。 豆酘のコハンミョウより大きい個体が多かったように思いました。
コハンミョウ
  -RICOH R10-

Cicindela specularis
  -RICOH R10-

対馬で記録のある7種の内,(ナミ)ハンミョウ・コハンミョウ・シロヘリハンミョウ・エリザハンミョウの4種を確認しました。 しかし,後の3種は難物だなぁ…。


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 23:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
昨年の5月初旬、茂木の海水浴場を訪れた時に良く似た風景のところで海浜性甲虫を探しましたが、発生時期が違うのかハンミョウは全く見かけませんでした。
この写真を見ているとコハンミョウやエリザハンミョウの砂浜に居るタイプを見たくなって来ますね。
| コッキン | 2010/08/23 9:40 AM |

コッキンさん,こんにちは。

おっしゃるとおりコッキンさんが調査された所です。 流石にしっかりと環境をインプットされていますね。 ここは数少ない自然の砂浜の一つです。 
大きさに違いを感じましたが,コハンミョウも海浜と内陸の違うタイプに分けられるのでしょうか? 
| yohbo | 2010/08/23 12:37 PM |

すみません、コハンミョウは斑紋変化はなく一手です。
| コッキン | 2010/08/24 9:11 AM |

コッキンさん,こんにちは。

暑いですね。
>コハンミョウは斑紋変化はなく・・・
了解でございます。 ありがとうございました。

秋になったら砂を少しすくってみようなかと思ってます。 
| yohbo | 2010/08/24 6:07 PM |










トラックバック機能は終了しました。