エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きおじさんのメモ的blog…。
<< 対馬のツマキチョウ | main | オオモモブトスカシバ >>
シロウズキチョウ
対馬各地

シロウズキチョウ」と聞いて,「あぁ…。」と心当たりのある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? そんなチョウ聞いたことないという方がほとんどでしょうね。 数年前,昆虫と自然(ニューサイエンス社)の2006年4月号に「キチョウの生物学〜種分化をめぐって〜」という報文が記載されました。 各地のキチョウをDNA解析してその分化の度合いを系統図で表したのもだったと思います。 その中で対馬産(キタ)キチョウは独自の分化方向を示し,和名「シロウズキチョウ」が与えられていました。
対馬産キタキチョウについては,最近いろいろと変わっているらしいことを耳にします。 学研の標準図鑑でも,赤みの強い個体が見られることが記述されています。 キタキチョウも大陸との関わりを秘めているのでしょうか? 

  
キタキチョウ
  ▲2009.9.13 豆酘崎

  
キタキチョウ
  ▲2009.9.5 豆酘崎

  
キタキチョウ
  ▲2010.9.18 豆酘

  晩秋型♂
キタキチョウ
  ▲2010.10.9 大船越

  晩秋型♀
キタキチョウ
  ▲2010.9.25 曽

  中間型♂
キタキチョウ
  ▲2010.10.9 曽

これは採集したときに非常に違和感を感じた個体…。 前翅外縁が直線的なのが分かります。 
キタキチョウ
  ▲2009.5.30 仁位

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。



| チョウ(シロチョウ科) | 22:48 | comments(5) | trackbacks(0) |
1枚目から3枚目の写真をみてキタキチョウってこんなに綺麗かった?
黄色が赤みを帯びているか否かは分からないのですが、淡黄色の縁取りがなんとも綺麗。
中間型を見るとその縁取りの厚みがなくなってきていると見えます。
秋型は全体色が縁取りの色だからよく分からん。

| matu | 2011/02/17 10:59 AM |

1・2枚目よく見ると確かに赤み帯びてました。
| matu | 2011/02/17 4:35 PM |

matuさん,今晩は。

色彩を再現するのはとっても難しいです。
デジカメのホワイトバランスやバックの色での印象の違い,自分のパソコンのモニターの設定と見ている方のモニターの設定等々,・・・どうしようもありません。

結局のところ,自分の範囲内でできることをやるしかないのですが…。

標本撮影は試行錯誤ばかりです。
これからも率直な感想を是非お願いいたします。

肝心のキチョウの変異ですが,こんな場合は対馬産と本土産を数個体ずつ並べて撮るのがいいのでしょうね。
対馬のチョウ以外持たない私には無理ですが…。(^^;)
| yohbo | 2011/02/17 7:04 PM |

初めまして、新川と申します。こんな記事があるとは全く知りませんでした。失礼しました。シロウズキチョウと名付けたのは私でして、ツシマや五島等数回採集に参りました。まだ残念ながら纏まった論文は書いていませんが、非常に関心を持って調べています。白水先生の元気な頃ツシマのキチョウを初めてお送り下さいましたのがご縁でした。一昨年も行きまして、でも、まだ不明な点があります。別種であることは間違いありません。記載には資料が多少不足です。まだ済州島、壱岐、五島、平戸、等の西部九州等にもう1種いそうで調べています.もし長崎の方でしたらお返事戴けたら嬉しいです。宜しく。数年前にこちらに帰ってきました。
| 新川勉 | 2017/08/28 4:40 PM |

新川さん,コメントありがとうございました。

対馬で虫を採ったり撮ったりしている者です。
シロウズキチョウを命名された方でしたか。なかなか興味深い論文でした。

今後の進展を楽しみにしています…。
| yohbo | 2017/08/28 6:26 PM |










http://blog.yohbo.main.jp/trackback/905564