エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< アイヌハンミョウ | main | アイヌハンミョウの斑紋変異 >>
チャイロオオイシアブ?
豆酘崎 5/1

どう見てもチャイロオオイシアブだとは思うのですが,ネットで調べともこんな色彩の奴は出てきません。 まさかコマルハナバチ対馬亜種に似せたわけではないと思うのですが…。 クロオビハラブトハナアブの例もあるのでチョット興味ありです。

追記:2016/1/14

クロオビハラブトハナアブは,マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015

追記:2011.8.16】
(→)市毛さんよりご教示
チャイロオオイシアブの近縁種で既記載種か,あるいは未記載種か検討中」だそうです。
チャイロオオイシアブ?
  ▲チャイロオオイシアブ? Laphria rufa ?  -RICOH CX3-

Laphria rufa ?
    -RICOH CX3-

チャイロオオイシアブ?
    -Caplio R4- 2007.5.26 厳原町

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| アブ・ハエ | 18:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
 こんにちは。

 イシアブは大好きな昆虫のグループです。
あまり目にする機会はないのが残念です。

 擬態なども適応の結果なので地域によって違うのでしょうね。・・・たぶん・・・・
捕食者にとっては外観の適応が、どのように磨かれて行くか興味があるところです。
 コノハムシなどの平和的適応者とハナカマキリなどの適応は似たところを感じますが・・・このイシアブは擬態を逆手にとってるのですかね?(無害のものに似てくる)・・・リスクもありそう。
 

| KLX | 2011/05/10 4:24 PM |

KLXさん,今晩は。

対馬でもこのアブは滅多に見ません。

擬態は人間が勝手にそう見てるだけなんじゃないかと思ったりもしますがどうなんでしょ…。

例えばヒメアトスカシバですが,本土産と全く変わらない腹部黄帯の奴と全く消失し黒くなったのがいて,その中間がいないのです。 
よう説明がつきませんです。

摩訶不思議,・・・これが擬態ですね。
| yohbo | 2011/05/10 7:06 PM |

こんばんは。

 生物や植物に対して進化と言う言葉が適当ではないような気がするんです。
単なる適応ではないかと思うのですが・・たまたま蜂に似た模様のアブが生まれて、捕食者から敬遠されて遺伝子を残す。

 そうなって、ますます似たものが・・・と言う仕組みなんでしょう。
進化って凄いけど、頭が良いねぇ・・とかいう表現は大間違いで現在から過去を見てるから、そう見えるのでしょうね。
| KLX | 2011/05/10 7:18 PM |

意図的だとは考えにくいですよね。

たまたま説に賛成です。(^^)

だとしたら収斂していきそうですが,多様性とは相反しますよね。 やっぱり摩訶不思議です。
| yohbo | 2011/05/10 9:05 PM |

御無沙汰しております.

写真のムシヒキアブは,チャイロオオイシアブの近縁種との話が出ています.すでに松村松年が記載した種類なのか,未記載種か検討中のようです.
| 茨城@市毛 | 2011/08/16 5:29 PM |

市毛さん

お疲れ様です。
こちらこそご無沙汰しています。

>・・・チャイロオオイシアブの近縁種との話が出ています
今のところ未確定なのですね。 
捕獲したいのですが出会えないでいます。^^;

結論が出るのを楽しみにしています。
| yohbo | 2011/08/16 7:49 PM |










トラックバック機能は終了しました。