エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< シオヤトンボ 大陸亜種 「警護飛翔」 | main | ツシマシリアゲ >>
クロオビハラブトハナアブ シャクに来る! →マツムラハラブトハナアブ
伊奈Ina 5/3

追記:2016/1/14

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015

このハナアブ,とても面白い存在です。 種の確定も未解決の課題なのですが,σ(^_^)は「対馬のクロオビハラブトハナアブの色彩はコマルハナバチ対馬亜種に擬態している」のではないかと密かに思っています。 とにかく飛んでいる姿は非常に良く似ています。 今回,シャクの花に来ていた個体を撮影することができました。 生態画像は初公開かもしれません。 花に来ているのを初めて見たこともあるのでしょうが,コマルハナバチの♂にそっくりでびっくりしました。 最後に記載済みのコマルハナバチ対馬亜種の画像を載せておきます。
クロオビハラブトハナアブ
  ▲対馬産クロオビハラブトハナアブ Mallota ambigua ssp.? -RICOH CX3-

Mallota ambigua
  -RICOH CX3-

クロオビハラブトハナアブ
  -RICOH CX3-

このハチに擬態していると思われます。

  ▲コマルハナバチ対馬亜種 Bombus (Pyrobombus) ardens tsushimanus -RICOH R10-
 
種は定まっていませんが,本ブログではクロオビハラブトハナアブとして取り扱っておきます。 本土のクロオビハラブトハナアブと別種はでなくても,色彩からも別亜種には分類されるべきものでしょう。

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。