エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< 対馬のセセリチョウ-4 ホシチャバネセセリ | main | 小休止 >>
対馬のセセリチョウ-5 ホソバセセリ
ホソバセセリ Isoteinon lamprospilus
ホソバセセリ
対馬はシカやイノシシだけの影響ではないのでしょうが,林床・林縁を含め島全体の乾燥化が急速に進んでいる印象です。 林縁の日なたと日陰の境目あたり,やや湿度のある環境を好むホソバセセリにとってこの環境の変化は辛いものがあると思います。 ホシチャバネセセリが見られる環境にはほぼホソバセセリが見られるのですが,その逆はありません。 食餌植物の関係でしょう。

葉上で休止。 余程驚かさない限り遠くへ飛んで行ってしまうことはありません。 
ホソバセセリ
  ▲2007年6月30日 厳原町豆酘崎 -Caplio R4-

裏面も特異な斑紋で魅力的ですが,開翅時に見せる前翅の白紋もなかなかのもの…。
Isoteinon lamprospilus
  ▲2008年7月6日 厳原町小茂田 -Caplio R4-

ホソバセセリ
  ▲2007年6月30日 厳原町豆酘崎 -Caplio R4-

ホソバセセリ
  ▲2009年7月1日 豊玉町仁位 -RICOH R10-

吸蜜。
Isoteinon lamprospilus
  ▲2007年7月7日 美津島町志土路浦 -Caplio R4-

ホソバセセリ
  ▲2007年7月8日 上県町念仏坂 -Caplio R4-

標本画像。 標準図鑑によると全国的に変異は認められていません。 ♂♀の区別も差がほとんどなく翅形の些細な違いや腹部末端で調べるしかないようです。                                
ホソバセセリ 標本画像

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 【概説】対馬のセセリチョウ | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。