エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< ツマアカスズメバチの拡散現況 7 | main | タイリクアキアカネ >>
ヒメアトスカシバ 第2化 対馬型
※ツマアカスズメバチ関連記事 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

中山 Nakayama 9/18

最近,ツマアカスズメバチブログと化してる拙ブログであります。(^^;) できる範囲での情報発信をしているつもりなのですが,そもそもこのブログを見てくれる人は対馬では10人もいないだろうなぁ。 
ということで,ヒメアトスカシバです。 ヒメアトスカシバはごくわずかですが9月に姿を見ることができます。 スカシバガ図鑑では,ごく一部が第2化として発生するのか,第1化の発生が遅れた個体なのか分かっていないとされています。 最新の研究ではどうなっているのでしょうか? 第1化の終焉から9月の発生までに明らかなブランクがあることからも,第2化説を支持したいところです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメアトスカシバ 対馬型
  ▲ヒメアトスカシバ対馬型♂  Nokona pernix f.tsushima -RICOH CX6 + speedlight-

対馬型は今のところ対馬だけに見られる黒化型です。 擬態対象と思われるオオフタオビドロバチが対馬では黒化することによる平行変異ではないかと考えています。 この変異は,同属のムラサキスカシバでも極稀に見ることができます。
ヒメアトスカシバ 対馬型
  -RICOH CX6 + speedlight-

佐護中山の「神宮自然農園」の神宮さんの庭に生えていたニラの花に吸蜜に訪れていました。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 蛾(スカシバガ) | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。