エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< ベニシジミ | main | チョウセンベッコウヒラタシデムシ >>
キバネセセリ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 6/25

対馬ではレア感のあるキバネセセリですが,今年は仁位・大船越・対馬北部で見ています。 特に対馬北部では多数の個体がリョウブの花に訪れていました。
本種は曇天や黄昏に飛翔する傾向が強いので,今までに採集・観察された個体は少ないのですが実際はそれほどではないと考えています。
 
少なくとも長崎県レッドデータブックのようにEN:絶滅危惧B類に指定するような種ではありません。 せいぜい,DD:情報不足が適当でしょう。 今後も,島内のハリギリの分布状態から変化は小さいものと考えられます。 次回は是非見直してほしいものです。

このあたりことについては,2013/2/1の記事 (→)「対馬のセセリチョウ-3 キバネセセリ」をご覧ください。

食餌植物のハリギリの葉裏で休止する♂。
キバネセセリ
  ▲キバネセセリ Bibasis aquilina -SONY DSC-HX30V-

対馬北部 6/27

発生期は5月下旬からで,♂は6月上旬が最盛期。 ♀は♂より1週間遅れといたところでしょう。 6月中旬以降になると新鮮な個体はほぼ見られなくなります。 日本では一番早く発生するキバネセセリと言えます。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

この北部の貴重な記録についてはMさんから教えていただきました。 ありがとうございました。

台風8号。 進路がやや南に下がってきました。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。


| チョウ(セセリチョウ科) | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。