エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< サキモリヒメハナカミキリ 新種記載 | main | マツムラハラブトハナアブ 産卵行動 >>
マツムラハラブトハナアブ Mallota属の論文
1/14

※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


最近,日本のハラブトハナアブ属の論文が出ました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015
別刷りを筆頭著者の弘岡拓人さんから送っていただきました。 従来このブログでクロオビハラブトハナアブ Mallota rubripes としていたハナアブは,

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。

この種の変異型には3型が認められていますが,対馬のようなレモンイエローの色彩を帯びる型は対馬以外でも本州(奈良県・和歌山県・山口県)及び四国(高知県)から記録されています。 
また,この論文には記載されていませんがmezaseguinessさんが上五島で記録されたものもマツムラハラブトハナアブで,胸部背面の黒毛の帯が顕著であるものの基本的には対馬産と同一の型に入るものと思われます。

HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan.  JJSE 21(2):2015
  ▲HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan

No.4が対馬産の型です。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan.  JJSE 21(2):2015
  マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes No.3〜5

対馬産マツムラハラブトハナアブに関する記事はこちら(→) マツムラハラブトハナアブ

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハナアブ | 20:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
弘岡さんにはマレーシアでお世話になりました。
扱っている分類群は違うのですが、色彩変異の記載など参考になりました。
| こめもん | 2016/01/28 10:18 PM |

コメントありがとうございます。

ハラブトハナアブ属は分類がはっきりせず,対馬のやつも宙ぶらりんでしたので嬉しい論文でした。
弘岡さんには厚かましくかつ不躾ながらも直接メールを差し上げて,論文を送っていただきました。有難いことです…。

今日は内山のヤマネコ順化センターで展翅版の作成・ハチの展翅・毒ビンの作り方などで遊んできました。
| yohbo | 2016/01/28 10:42 PM |










http://blog.yohbo.main.jp/trackback/907617