エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< ツシマシリアゲ 初見 | main | ホシアシブトハバチ >>
タイワンシオヤトンボ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


峰町 Mine-machi ・美津島町 Mitsushima-machi 4/22

ネイチャーガイド「日本のトンボ」によって,独立種に昇格しました。 形態的な差とDNAが明らかに異なるというのが根拠となっています。
対馬での生息地の多くは廃田跡地です。 ここも道路沿いの1アールほどの狭い場所ですがしっかりと利用していました。 羽化直後で翅もまだ透明になっていない個体が飛んだので追いかけて撮影しました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイワンシオヤトンボ
  タイワンシオヤトンボ Orthetrum internum -RICOH CX6 + speedlight-

タイワンシオヤトンボ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

成熟した♂と♀が仲良く休止しています。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タイワンシオヤトンボ

美津島町では食事中の成熟一歩手前の♂がいました。 腹部にまだ黄色い部分が少し認められます。
羽化するとしばらく発生地を離れ,成熟してから発生地に戻り生殖行動を行うと言われています。
タイワンシオヤトンボ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| トンボ・ツノトンボ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。