エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
<< ヒメスズメバチ 対馬亜種 | main | ツマアカスズメバチ 吸蜜 >>
長崎県レッドリスト(2011)中間見直し公表される
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


2017年8月7日,長崎県レッドリスト(2011)中間見直しが公表されました。
このリストの対馬特産種や特産亜種,日本では対馬だけに生息する種等について関心を持って見ているのですが,相変わらずツッコミどころ満載のようです。 一番の問題は現状把握がしっかりできていないことで,個体数も多くごく普通に見られる種がリストアップされていたり,極めつけは近年個体数が増えてきているにもかかわらず見直がなされていないことです。
例えば,対馬だけに生息しているツシマフトギスですが,全島に広く生息し個体数も少なくありません。 どちらかといえば普通種です。 環境省のレッドデータブックのリストによると,1991年版で「希少種」,2000年版・2007年版で「準絶滅危惧種」として扱われていましたが,ようやく第4次リストより削除(ランク外)されました。 今までが現状と全く合っていなかったので妥当な判断だといえます。

一方問題なのは長崎県のRDBです。 
そもそも全島に広く分布し,個体数も少なくない本種が長崎県のRDB2001年版でNT(準絶滅危惧種)扱いになっていたのがおかしかったのですが,最新の県RDB2011年版でも改善されませんでした。 
何でも国がNT扱いなので県もそれに準じているというのが選定された方のお考えだったようです。 国と県の指定が違っても何ら問題ないと思いますが,対馬で一番身近に見ている者の意見は取り入れて頂けませんでした。 
さすがに次回の県版では指定解除になると思っていたのですがどうもそうではないようです。 困ったものです…。

ツシマフトギスについては,裏山の奇人こと小松貴さんがブログで同様のことを述べられています。
http://sangetuki.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

小松さん曰く,
----「レッドリストはあくまでも絶滅しそうなもんリストなのであって、珍しいもんリストとは違う」ことを人に説明する上で、ツシマフトギスは分かりやすい例になってくれる。-----

ツシマフトギスの例がRDBの悪しき例としてあげられる。 これはちょっと恥ずかしい…。

ツシマフトギス
  ツシマフトギス Paratlanticus tsushimensis Yamasaki, 1986

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 長崎県RDB(2001)の昆虫 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。