エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
ツシママムシ 幼体
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 5/18

anbowさんと本当に久しぶりに有明山に登ってきました。 anbowさんの愛車ジムニーに揺られながら,車で行き着くところまで行ってからの登山です。 キノコの生えた朽ち木を見ながらゆっくりと登ったのですが,めぼしい虫には会えませんでした。 やはり昼間はダメですね。
そんな中で一番の収穫はこのツシママムシの幼体です。 どうもσ(^.^)は気づかずに股越してしまったようです。

ツシママムシの特徴
1 斑紋・・・丸い紋の中に小さな斑点を欠く個体が多い。
2 舌の色・・・ピンク色をしている。
3 性質・・・ニホンマムシより気性が荒い。

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシママムシ 幼体
  ツシママムシ Gloydius tsushimaensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシママムシ 幼体
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシママムシ 幼体
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-


  -SONY DSC-HX30V-

anbowさんからは写すときに近づき過ぎて注意されました。(^^;)

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマサンショウウオの卵嚢
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 5/3

沢の石を起こすとツシマサンショウウオの卵嚢とそれを護る♀の姿が見られました。 この沢では卵嚢と1頭の♀のセットが数か所で確認されました。
卵嚢からそろそろ孵化してきそうな感じです…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマサンショウウオ
  ツシマサンショウウオ Hynobius tsuensis -RICOH CX6 + speedlight-

動画です。

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマサンショウウオ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 4/25

対馬固有のサンショウウオ。 上と下との個体群には違いがあるとも言われています。 小さな枯れ沢の石を起こすと潜んでいました。 起こしてスマン…。

  ツシマサンショウウオ Hynobius tsuensis -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマサンショウウオ 幼体
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 3/19

冬季の倒木・朽ち木採集もそろそろでしょうか? 下見も兼ねて上県の山に入ってみました。 ここも例外なく林床が荒れてしまっています。 林床の乾燥化で棲めなくなった昆虫類も多いことでしょう。

枯れ沢の石を起こすとツシマサンショウウオの幼体が隠れていました。 体長6cmほどの小さな個体です。 ツシマサンショウウオが何年で成体になるのかは分かりませんが,3・4年と考えれば2年目あたりでしょうか。
ツシマサンショウウオ
  ツシマサンショウウオ Hynobius tsuensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

こちらは更に未だ外鰓が認められる個体。 水中で越冬していたと思われます。 神社付近の湧水の中にいました。 体長4cmほど…。
ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ツシマサンショウウオ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

根を深く張れない地質なので台風等の強風で倒れたのでしょう。 
林内の倒木
  -SONY DSC-HX30V-

中腹にある島大國魂神社(しまおおくにたまじんじゃ)。
島大國魂神社
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマアカガエル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 3/18

今日はとある山に入ってみました。 山麓でhidebowさんと遭遇,…植物観察の案内をされているということでした。 この山も林床からは下草が消え酷い状況です。 案内された方も驚かれたことでしょう。

しばらく散策しましたがお目当ての虫は成果なし,石の下からツシマアカガエルが現れました。 体色に変異が見られたので紹介です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  ツシマアカガエル Rana (Rana) tsushimensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
その他の対馬の生き物 両生類・爬虫類
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


昆虫撮影の片手間に撮りだめた昆虫以外の生き物のコンテンツをHPにアップしました。 まともな画像は少ないのですが,順次入れ替えていきたいと思っています。 

(→) その他の対馬の生き物 両生類・爬虫類
その他の対馬の生き物 両生類・爬虫類

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヤマネコの給餌
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 9/18

棹崎にある対馬野生生物保護センター(環境省)でツシマヤマネコの給餌を見せて頂きました。 かなり慣れているようで、背中を触らせているのには驚きました。

  ツシマヤマネコ -OLYMPUS STYLUS TG-4-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマアカガエル
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/18

hidebowさんと内地から両生類の調査に来られた方の案内に同行しました。 竜良山山麓の谷筋を狙ってみたところ,ツシマサンショウウオやツシマアカガエルの幼体が見つかりました。
こちらはやや大きめなので亜成体でしょうか…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  ツシマアカガエル Rana (Rana) tsushimensis -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ツシマアカガエル
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
アカマダラ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


美津島町 Mitsushima-machi 6/14

3夜連続でヒメボタルを見に行って来ました。 
天気がよく月夜のためか出現状況はあまりよくありませんでした。 撮影はあきらめてひたすら♀を探して回りましたが見つけることはできませんでした。 どこにいるんでしょうか? 不思議です。

♀を探していて偶然光るキノコを見つけたのですが,光る様子はコンデジでは無理なのでhidebowさんがアップされたときにリンクをはって紹介します。

帰り道,路上にアカマダラが出ていました。
アカマダラは日本では対馬と尖閣列島に生息する大陸系のヘビです。 大陸と同じ名義タイプ亜種になっていますが,対馬の個体群は大陸産の個体群よりは赤色が鮮やかで美しいことなどから別亜種の可能性もあるそうです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アカマダラ
  アカマダラ Dinodon rufozonatum -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

結構気性は激しく,怒らすと鎌首を持ち上げ尻尾を小刻みに震えさせて威嚇行動をとります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アカマダラ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

それにしても美しいヘビですね。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アカマダラ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

追記
hidebowさんが光るキノコをアップしてくれましたので,光る様子はそちらでご覧ください…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
光るキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
光るキノコ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

hidebowさんのブログ (→)「デンドロビューム フラビフローラム

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシママムシ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 6/6

ツシママムシは対馬特産のヘビです。 ニホンマムシとは模様とか舌の色などに違いがあります。 気性も荒いということです。
イノシシの増加によって数が減ったと聞きましたが実際はどうなのでしょうか?

  ▲ツシママムシ Gloydius tsushimaensis -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


佐護 Sago 5/19

対馬のトカゲ類はこのアムールカナヘビとツシマスベトカゲの2種。 
アムールカナヘビの生息域は中〜北部で豊玉町和板以南では見たことがありません。 一方,ツシマスベトカゲは南部に多く,生態的な棲み分けをしているのかもしれません。

この時期は1年でも一番多く姿を目にします。 繁殖産卵期だからでしょうか…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -RICOH CX6-

尾が体長の2/3に達する,なかなかのかっこよさ…。 「飼いたい」とつぶやいた途端,言下に却下されました。(^^;)

  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 14:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
チョウセンヤマアカガエル Rana uenoi 新種記載
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

佐護 Sago 2011.10.8

チョウセンヤマアカガエルが新種記載された模様です。

(→) Description of a New Brown Frog from Tsushima Island, Japan

チョウセンヤマアカガエル Rana uenoi
  ▲チョウセンヤマアカガエル  Rana uenoi -RICOH CX3 + speedlight- 

チョウセンヤマアカガエル Rana uenoi
  -RICOH CX3 + speedlight-

チョウセンヤマアカガエル Rana uenoi
  -RICOH CX3 + speedlight-

DNA解析に基づいたもののようですが,形態的な違いがないと素人には辛いですね。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 08:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
ヌマガエル 
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

太田浜 Ootahama 9/2

本種はもともと対馬には生息していませんでした。 2001年初確認後,ほぼ全島に広がっていると考えられます。 
侵入の経緯については分かっていませんが,人を介しての人為的なものであろうと思われます。 在来のカエル3種への影響が懸念されます。
ヌマガエル
  ▲ヌマガエル Fejervarya kawamurai -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 5/10

いつもはとても敏感で,気配を感じるとすぐに逃げ込んでしまいます。 この日は珍しくのんびりと伐採木の上を歩いていました。 静かに近づいてカメラを向けて撮らせてもらいました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -RICOH CX6 + speedlight-

アムールカナヘビは日本では対馬だけに生息する大陸系のカナヘビです。 もちろん普通のカナヘビはいません。 対馬でも北部から中部にかけて見られ,私は今まで豊玉町以南で見たことはありません。
アムールカナヘビ
  -RICOH CX6 + speedlight-

Takydromus amurensis
  -RICOH CX6 + speedlight-

この場所には少なくとも2頭以上が生活しているようです。 この個体は体長20cmほどで成体のようです。 雰囲気的に♀ではないかと思いますがどうでしょう?
Takydromus amurensis
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Takydromus amurensis
  -RICOH CX6 + speedlight-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。

  -SONY DSC-HX30V-

しばらく歩き回った後に,伐採木にできた穴に入り込んでしまいました。 気に入ったらしくその後出て来ませんでした。
アムールカナヘビ
  -RICOH CX6 + speedlight-

----------------------------------------------------------------------------
5/11

この日は全身を撮ることにしました。 なかなかカッコイイ生き物です…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Takydromus amurensis

過去の記事はこちら (→)「アムールカナヘビ

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。



| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツシマヤマネコの足跡と糞
ツマアカスズメバチの記事一覧へ※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

対馬北部 10/16

秋蝉の発生地付近の路上に残されていたツシマヤマネコの足跡です。 最近の調査結果によると,個体数は横ばい状態のようです。 民間や公的機関あげてのいろいろな保護対策が行われての結果ですから,大きく減少していないことは大いに喜ばしいことだと思います。
ツシマヤマネコの足跡
  -SONY DSC-HX30V-

おそらくヤマネコちゃんの○ンチでしょう。 高校時代,よく糞の内容物調べをさせられ(させていただき)ました。 野ねずみの骨はもちろんのこと,カマキリの前脚のカマの部分とかが出て来て結構面白かったのですが…。 アルコールでほぐすとはいえ,やっぱり臭いが…ですね。
ツシマヤマネコの糞

こちらはツシマテンの足跡。 山村さんに確認していただきました。
ツシマヤマネコの足跡
  ▲ツシマテンの足跡 -SONY DSC-HX30V-

同じ路上にはイノシシの足跡が多数見られました。 草地にはでっかい棒のような黒いものもありました。(^^;)


ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 07:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

深山-舟志線 Miyama-Syuusi 9/16

日本では対馬だけに生息する大陸系のカナヘビ。 豊玉町以北,特にこの林道,峰町大星林道,豊玉町仁位でよく見ることができます。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -SONY DSC-HX30V-

Takydromus amurensis
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
大漁(おろしか)湾のイルカ
塩浦 Shioura 5/4

浦底から塩浦方面,大漁(おろしか)湾沿いの道路を運転中に,連れ合いが「何かいるっ!」と叫びました。 見てみると確かに波立った中に何やら生物らしきものが・・・。 イルカです。 小魚の群れでも追って湾内に入り込んだのでしょうか。 5頭ほどいたようです。
大漁湾のイルカ
  ▲バンドウイルカ? -SONY DSC-HX30V- 動画切り出し 


品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 07:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ 幼体
大星林道Ooboshi-road 9/23

久しぶりに大星林道に入ってみました。 最近はほとんど車が入っていないようでかなり荒れてしまっています。 落石や倒木のため車での走行は危険です。 20年ほど前まではツシマウラボシシジミの屈指の産地だったのですが今は見る影もありません。
大星林道
  ▲大星林道 -SONY DSC-HX30V- 

テングチョウがたくさん飛んでいた以外は,アムールカナヘビの成体1頭と幼体2頭を見ただけでした。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -RICOH CX5-

幼体2頭は日向ぼっこ+お遊び中といった雰囲気でした。

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

 
| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 19:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ
仁位Nii 9/1

体長70mmほどの幼体です。 いつもはあっという間に姿を隠してしまうのですが今回はサービスしてくれました。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -RICOH CX3-

Takydromus amurensis
  -RICOH CX3-

アムールカナヘビ
  -RICOH CX3-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
アムールカナヘビ
仁位Nii 7/2

豊玉町で会議でした。 昼休みに近くの林道を覗いてみると,杉の幹にアムールカナヘビがいました。 このようなシチュエーションで見るのは初めてだったのでちょっとビックリ,・・・大きさから成体だと思われます。 しっぽの長さが体の2倍以上もあることが分かります。
アムールカナヘビ
  ▲アムールカナヘビ Takydromus amurensis -RICOH CX3-

大陸系のトカゲで日本では対馬だけに生息しています。 対馬でも中部以北で美津島町・厳原町では見たことがありません。 一方,ツシマスベトカゲは全島広く見ることができます。
Takydromus amurensis
  -SONY DSC-HX30V-

確認できたその他の昆虫
ニイニイゼミ=初鳴き確認

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ほ乳類・爬虫類・両生類 | 17:52 | comments(5) | trackbacks(0) |