エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
クロコノマチョウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 11/12

庭の手入れをしていると足下から枯葉?が舞い上がりました。 ふわりふわりと飛ぶ様は枯葉そのものです。
クロコノマチョウの♀,成虫で越冬します。 このチョウも1970年代に対馬に侵入した外来種です。 

最近侵入したツマアカスジメバチが話題ですが,このように島外から侵入してきて対馬に定着する昆虫は珍しいことではないのです。 侵入初期は生態的な混乱が起こるものの,やがてバランスがとれて落ち着いてくるものと思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロコノマチョウ
  クロコノマチョウ Melanitis phedima -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| チョウ(タテハチョウ科) | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/13

第2化は8月中旬から出て来ますが,流石にこの時期になると…。 
ウラナミジャノメ
  ウラナミジャノメ Ypthima multistriata -RICOH CX6 + speedlight-

♀です。 もう産卵は終えたのでしょうか?
ウラナミジャノメ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| チョウ(タテハチョウ科) | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
キタテハ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 10/15

この時期ツワブキの花はチョウの貴重な蜜源です。
先日,佐賀のMさんから壱岐島を含めた九州北部島嶼のキタテハについておもしろい話を伺いました。 対馬ではカナムグラで発生しているのは間違いありません。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
キタテハ
  キタテハ Polygonia c-aureum -OLYMPUS STYLUS TG-4-

キタテハ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

キタキチョウもそうですが,普通種と思われるチョウでもまだまだいろいろと面白いことが眠っているようです。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| チョウ(タテハチョウ科) | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロヒカゲ 第3〜4化
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/17・20

年3〜4化で10月下旬が終見となりますが,今の時期の新鮮な個体は3化? 4化?
子どもの頃は人家周辺で見られる最も個体数の多いジャノメチョウでしたが,すっかり少なくなってしまいました。
クロヒカゲ
  クロヒカゲ Lethe diana -RICOH CX6 + speedlight-

同一個体で♂です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロヒカゲ
  -RICOH CX6 + speedlight-

♀は♂より一回り大きく翅形が丸みを帯び,地色も明るくなります。
クロヒカゲ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 第2化初見
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 8/14

例年より少し早いウラナミジャノメ第2化の初見です。 結構敏感で遠くからズーム…。
ウラナミジャノメ
  ウラナミジャノメ Ypthima multistriata ganus -RICOH CX6 + speedlight-

懸案のハムシを見に行ったのですが見つけることができませんでした。 う〜ん,相性悪し…。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
ヒメジャノメ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 6/20

ウラナミジャノメよりも2週間ほど早く発生するヒメジャノメ。 この時期になると擦れた個体が多くなります。 

対馬の個体は地色が暗化すると言われていますが,個体差もあり他産地と変わらない個体も多いと思います。 ウラナミジャノメとは生息環境で棲み分けをしているようです。
(→) 「HPのウラナミジャノメのページ

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメジャノメ
  ▲ヒメジャノメ Mycalesis gotama -RICOH CX6 + speedlight-

ヒメジャノメ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 初見
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豊玉町 Toyotama-machi 6/12

ウラナミジャノメの初見です。 例年より1週間ほどの遅れでしょうか。 まだメスグロヒョウモンの♀を見ないし,何かおかしい今年の発生状況です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウラナミジャノメ 初見
  ▲ウラナミジャノメ Ypthima multistriata ganus -RICOH CX6 + speedlight-

短い時間でしたがKusaちゃんと一緒に採集。 お別れした後,辺りをペシペシ。 いなくなったと話してたのがぱらぱらと落ちてきました。 何で? 最初の所にはいなかったのに…。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ HP更新
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


3/12

対馬産は朝鮮半島・中国大陸に生息する亜種 ssp. ganus です。 ♂前翅表面の性標が日本亜種に比べて発達します。
化性については諸説ありますが,やはり基本的に2化とするのが妥当と言えるでしょう。

HPのトップから (→)「対馬の昆虫館
直接コンテンツへ (→)「ウラナミジャノメ
ウラナミジャノメ
  ▲ウラナミジャノメ Ypthima multistriata ganus

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 10月末の記録
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

佐護 Sago 10/28

第2化が10月末まで見られる記録として…。
ウラナミジャノメ
  ▲ウラナミジャノメ Ypthima multistriata -RICOH CX6 + speedlight-

ウラナミジャノメ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
キタテハ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

佐護 Sago 10/28

食餌植物のカナムグラはあちこちあるのに,あまり姿を見ないキタテハです。
キタテハ
  ▲キタテハ Polygonia c-aureum -SONY DSC-HX30V-

キタテハ
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
クモガタヒョウモン ツワブキで吸蜜
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 10/25

庭のツワブキも一気に咲きそろいました。 ハナアブやハエが集まり、時にイチモンジセセリ・アカタテハが吸蜜に訪れています。 今日は珍しく、クモガタヒョウモンの♀がやって来ました。 無事に産卵は終えたのでしょうか…。
クモガタヒョウモン
  ▲クモガタヒョウモン Nephargynnis anadyomene -SONY DSC-HX30V-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

-----------------------------------------------------------------------
10/24

昨日,豆酘崎で咲いていました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
シマカンギク
  ▲シマカンギク Chrysanthemum indicum -SONY DSC-HX30V-

しばらくいい天気が続くようです。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミドリヒョウモン 夏眠明けの交尾
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎・久田 Tsutsuzaki・Kuta 9/28

センダングサで吸蜜するミドリヒョウモン♀…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミドリヒョウモン
  ▲ミドリヒョウモン Argynnis paphia -RICOH CX6 + speedlight-

庭のダンギクで交尾個体を発見。 ミドリヒョウモンは夏眠明けにも交尾することが知られていますが見たのは初めてです。 ちなみに交尾飛翔形式は「←♀+♂」でした。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

今日は午後からI小で小学4年生に対馬の虫のお話。 内容は別にして,予定時間内にきっちり収めたのは何より…。 それにしてもI小の児童数が300を切っていたことには驚くばかりです。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミドリヒョウモン
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 9/20

ダンギクで吸蜜するミドリヒョウモン。 6月に羽化した後の夏眠明けなのでかなり翅が痛んでいますね。 ♀なのでこの後産卵の仕事が待っています。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  ▲ミドリヒョウモン Argynnis paphia tsushimana -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。


| チョウ(タテハチョウ科) | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
クモガタヒョウモン 夏眠明け
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 8/30

急激に数を晴らした対馬のクモガタヒョウモン,…全く姿を見ない年もあったほどだったのがここ2・3年復活の兆しが伺えます。 何しろ対馬では一番個体数の多かったヒョウモンチョウでしたのでかなり心配しました。(もちろんツマグロヒョウモンを除く)
さて夏眠明けの♀です。 今夏は気温も低く,日照時間も例年の40%ほどだったのでヒョウモンチョウ類の夏眠にも影響があったことでしょう。 これから,産卵という仕事が待っています。
クモガタヒョウモン
  ▲クモガタヒョウモン Nephargynnis anadyomene -RICOH CX6 + speedlight-

クモガタヒョウモン
  -RICOH CX6 + speedlight-

昨日は黒島に渡って来ました。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 第2化
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 8/22

ここ豆酘崎では,例年8月20日前後からウラナミジャノメ第2化が発生してきます。 対馬のウラナミジャノメの化性については諸説あります。 
フラッシュの光に反応して翅を震わせたのでブレています。
ウラナミジャノメ 第2化
  ▲ウラナミジャノメ Ypthima multistriata ganus -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロコノマチョウ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久根田舎 Kuneinaka 7/5

1970年代に対馬に侵入したクロコノマチョウもすっかり定着してしまいました。 σ(^_^)にとっては,初めて故白水隆先生にいろいろとご指導頂いた思い出深いチョウです。
食餌植物はススキやジュズダマを確認しています…。 羽化直後です。 足下に脱皮殻があります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロコノマチョウ
  ▲クロコノマチョウ Melanitis phedima -RICOH CX6 + speedlight-

朝方は激しい雨でしたが日中はほとんど降りませんでした。 まさかこれで今年の雨は…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 対馬・大陸亜種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

大船越 Oofunakoshi 6/20

極たまにしか出会ったことがないウラナミジャノメの交尾シーンです。 2化以降,ダラダラと発生するため化性についていろいろな見解が出されてきました。

本種の周年経過に関する記事はこちら (→)「ウラナミジャノメ

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウラナミジャノメ 対馬・大陸亜種
  ▲ウラナミジャノメ対馬・大陸亜種 Ypthima multistriata ganus -SONY DSC-HX30V-

ウラナミジャノメ 対馬・大陸亜種
  -SONY DSC-HX30V-

ウラナミジャノメ 対馬・大陸亜種
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウラナミジャノメ 対馬・大陸亜種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

目保呂 Meboro 6/15

2004年当時は個体数が激減してシーズン中に10個体も見なかった記憶があります。 その後,徐々に回復傾向が続き今に至っています。 対馬の亜種についてもいろいろと変遷をたどり対馬・大陸亜種 ssp. ganus で落ち着いたようです。 それよりも本土産の方が問題があるような話も聞きます。
ウラナミジャノメ
  ▲ウラナミジャノメ Ypthima multistriata ganus  -RICOH CX6 + speedlight-

ウラナミジャノメ
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウラナミジャノメ
  -RICOH CX6 + speedlight-

今日は島外の方にお会いし,いろいろとお話をさせて頂きました。 うかつにも落とした毒ビンを拾って頂いたり・・・楽しい時間をありがとうございました。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 17:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
ヒメジャノメ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 6/13

トンネル開通に伴って利用されなくなった旧道は,しばらく立つといい環境に変わることがあります。 ここは仁位から糠に抜ける旧道です。 ツシマフトギスなどもたくさんいます。 実は密かに期待してるチョウがいるのですが果たして見つかるかどうか・・・楽しみであります。
さて,対馬のヒメジャノメは裏面が暗化すると言われていますが,確かに夏型ではその傾向があるようです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヒメジャノメ
  ▲ヒメジャノメ Mycalesis gotama -RICOH CX6 + speedlight-

Mycalesis gotama
  -RICOH CX6 + speedlight-

動画です…。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

今夜,日下部さんに夜のお散歩のお誘いを頂いたのですが疲れていたので明日にしていただきました。 ゴメンナサイ…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。


| チョウ(タテハチョウ科) | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
メスグロヒョウモン
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 5/28

今年は発生がやや遅れ気味に加えて,花の開花が早いのでどうなりますか…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
メスグロヒョウモン
  ▲メスグロヒョウモン Damora sagana -RICOH CX6 + speedlight-

過去の記事はこちら (→)「メスグロヒョウモン

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(タテハチョウ科) | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |