エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
リュウキュウムラサキ 縄張りを張る♂
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 7/28

昨日の午後(7/27)、庭の草取りをしていると目の前にリュウキュウムラサキの♂がやって来ました。 これは何としても撮らなければとカメラを準備して戻ると、侵入してきた♀とともに絡み合いながら飛び去ってしまいました。

今朝(7/28)早く、明らかに昨日の♂と思われる個体が庭で縄張り行動をとっていました。
観察していると面白い行動に気がつきました。 しばらく庭で過ごすとどこかへ姿を消してしまいますが、また戻ってきます。 同じような行動を繰り返しているようです。 どこか別の場所にもテリトリーを張る場所があって、そのような場所間を移動しているのかもしれません。 確かにその方が♀とで会う確率が高くなると思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

翅表の白紋がかなりはっきりと目立つので台湾型ではなく、赤斑型か海洋型の可能性もあります。 捕獲して裏面等を精査しなければ判断できません。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-


  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 18:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウスキシロチョウ 注意報!
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上対馬町 Kamitsushima-machi 7/6

迷蝶ウスキシロチョウの小規模集団飛来が起こっているようです。 ウスキシロチョウはほぼ毎年飛来が見られる迷蝶の常連ですが,数年に一度大規模な集団飛来が起こります。 注意報発令です。

・2016年7月1日 峰町志多賀 1♂目撃
・2016年7月4日 厳原町豆酘崎 数頭目撃
・2016年7月6日 上対馬町殿崎 10頭以上目撃 カラノアザミ吸蜜

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスキシロチョウ
  ウスキシロチョウ Catopsilia pomona -OLYMPUS STYLUS TG-4-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスキシロチョウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ウスキシロチョウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4-

追記:7/11
7/10 同地にて、ギンモン型を確認しました。
ウスキシロチョウギンモン型
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| 迷蝶 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


厳原町 Izuhara-machi 9/20

今年の迷蝶は芳しくありません。 5月下旬に少数のマダラガ入った後は,リュウキュウムラサキ3頭とウスキシロチョウ1頭という状況です。 クロマダラソテツシジミの声も聞こえてきません。
リュウキュウムラサキ
  リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 9/28

前日のanbow情報どおり,豆酘崎の3か所でリュウキュウムラサキがテリを張っていました。
この個体はかなり新鮮な個体で緩やかに飛翔しては,イシガケチョウのように翅を全開にして休止していました。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

灯台では2頭の♂がもつれ合うように追飛行動をとっていました。 やがて樹間に消えていき,しばらくして1頭だけ戻ってきました。
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

そういえば今年はクマソ君の声を聞きません。 確認が途切れるかも…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 9/5

コンスタントに入ってきているようです。 
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎・豆酘 Tsutsuzaki・Tsutsu 8/31

いつもの所にいつもの旅人発見です。 
この個体は前翅の白斑が明瞭に3つ,かつ後翅裏面亜外縁の白斑凹紋列が目立つので大陸型の血が混じっていると思われます。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

こちらは基本が台湾型だと思われる個体です。 ここで発生したように「新鮮です。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキは対馬にたどり着くまでいくつかの型が混じる場合が多いので,起源地を推測するのは厳しい場合が多いです。 特に♂は…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 大陸型♀
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 8/22

豆酘崎から豆酘集落内に移動しました。 多久頭魂神社周辺に生息するウスリーヤブキリの様子を見るためです。 じっくり探すのですが見つかりません。 もう成虫の時期は終わったのでしょうか?
ふと前方正面上空から滑空してくる黒っぽいチョウが目に入りました。 見上げると白い帯がくっきりと認められます。 「げっ,迷マダラ?」,…何とかギリギリで網が届きました。

リュウキュウムラサキ大陸型♀です。 中国南部から東南アジア,インドにかけて分布する亜種で,対馬では極稀にしか記録がありません。 ここ数日の梅雨のような気圧配置による風に乗ってやってきたと思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ大陸型
  ▲リュウキュウムラサキ大陸型 Hypolimnas bolina bolina 

裏面も後翅亜外縁を縁取る白斑が発達しています。
リュウキュウムラサキ大陸型
  -RICOH CX3 + speedlight-

ソテツもチェックしましたがクロマダラソテツシジミは入っていないようでした。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 16:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 8/22

ここ数日梅雨のような天気が続いていた対馬ですがようやく日差しが出ました。 ということで,久しぶりに豆酘方面を覗いてみました。 豆酘の集落に入ると道路が荒れていたり,崖が崩れているところもありました。 対馬は南北に長いので天気の様子も違いが大きいのです。 

いつもの迷蝶が集まる場所2か所でテリを張っているリュウキュウムラサキがいました。 迷蝶が入りやすい風の流れになっているのかしれません。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

光の具合によって,鮮やかに紫が浮かび上がります。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

別個体です。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-

集落では♂1頭と面白いタイプの♀を採集しましたが,この♀は次回紹介します…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 19:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 豆酘崎
ツマアカスズメバチの記事一覧へ※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 10/11

台風一過の迷蝶狙いで豆酘崎へ行ってみました。 塩害で葉が茶色に変色した木が多く見られました。 これから更に影響が出てくると思われます。 お目当ての迷蝶はいつもの場所で♂がテリを張っていました。 撮影をしていると♀がやって来てもつれるように追飛行動をとりました。
リュウキュウムラサキ 
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

動画です。 拡大できません…。

  -SONY DSC-HX30V--EXILIM EX-FH20-

昨日の市によるツマアカスズメバチの巣の駆除・回収は上県を中心に6個でした。 条件の厳しいところを除いて全ての駆除が終わったということです。 市の対馬市自然環境推進室を中心とした機敏で誠実な対応に敬意を表します。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 豆酘崎
※ツマアカスズメバチ関連記事 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 9/9

やや雲が出て風があるものの秋らしい日和です。 内山峠に寄って豆酘崎方面を見てみようと思います。 9月に入って内山峠では対馬野鳥の会の皆さんによるアカハラダカの観察が行われています。 峠にはhidebowさん・正ちゃん・S原さんご夫婦が観察されていました。 楽しい会話に入れてもらいながら時々飛んでくるオキナワルリチラシを2頭採集しました。 残念ながら時々飛んでくるセスジスカシバの可能性のあるスズメバチらしきものは確認することができませんでした。
いい風が吹いたようで今日も豆酘崎灯台ではリュウキュウムラサキがテリを張っていました。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

ここから少し離れた山頂でも2個体が同じようにテリを張っていました。
Hypolimnas bolina
  -SONY DSC-HX30V-

後翅の白帯が目立つ個体です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

今年は島内各地でリュウキュウムラサキを見ることができます。 SNSによると南九州でも多くの飛来が確認されているようです。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |