エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
リュウキュウムラサキ 豆酘崎
※ツマアカスズメバチ関連記事 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 9/9

やや雲が出て風があるものの秋らしい日和です。 内山峠に寄って豆酘崎方面を見てみようと思います。 9月に入って内山峠では対馬野鳥の会の皆さんによるアカハラダカの観察が行われています。 峠にはhidebowさん・正ちゃん・S原さんご夫婦が観察されていました。 楽しい会話に入れてもらいながら時々飛んでくるオキナワルリチラシを2頭採集しました。 残念ながら時々飛んでくるセスジスカシバの可能性のあるスズメバチらしきものは確認することができませんでした。
いい風が吹いたようで今日も豆酘崎灯台ではリュウキュウムラサキがテリを張っていました。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

ここから少し離れた山頂でも2個体が同じようにテリを張っていました。
Hypolimnas bolina
  -SONY DSC-HX30V-

後翅の白帯が目立つ個体です。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

今年は島内各地でリュウキュウムラサキを見ることができます。 SNSによると南九州でも多くの飛来が確認されているようです。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 豆酘崎&田ノ浜
豆酘崎 Tsutsuzaki 9/4

テリを張っていました…。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

田ノ浜 Tanohama 9/5

・上県町田ノ浜 2♂
田ノ浜の記録も載せておきます。 この日は大陸型♀も見たのですが残念ながら採集に至らず…。


ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
豆酘崎 Tsutsuzaki 8/26

恵みの雨どころか,降り始めから200mmを超える大雨になりました。 北の高気圧が南下して一気に秋めいた空気を感じることができます。 豆酘崎を見てきましたが大雨のためかクロツは姿を消し,ゴマダラチョウウラナミジャノメが見られただけでした。 尾崎山灯台の化粧直し工事が行われていました。 
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Hypolimnas bolina
  -SONY DSC-HX30V-

リュウキュウムラサキ
  -SONY DSC-HX30V-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。

今年の迷蝶第5号は(→)クロマダラソテツシジミでした。 

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 15:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
メスアカムラサキ 迷蝶第4号
豆酘崎 Tsutsuzaki 8/21

今日も暑くなりそうだったのですが曇り模様だったので豆酘崎まで行ってみました。 上五島や福岡県まで北上しているクロマダラソテツシジミを確認したかったことと,クロツバメシジミの発生状況を見たかったからです。 クマソは気配さえもありませんでしたが,予想もしていなかったメスアカムラサキがいました。 前翅後縁に赤い鱗粉が乗ったやや変わった個体です。 今年の迷蝶第4号になります。
メスアカムラサキ
  ▲メスアカムラサキ Hypolimnas misippus -SONY DSC-HX30V-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。

  -SONY DSC-HX30V-

周回道路のクロツは新鮮〜やや擦れ気味が個体が多く見られました。 ウラナミジャノメも日陰に見られましたし,キマダラセセリは第2化の初見を記録しました。 ただちょっと気になるチョウを車の中から目撃しました。 大型のタテハで裏面は明るいベージュっぽい色,表はオレンジ系でした。 ヒョウモンチョウ類ではありません。 羽をVの
字状に立ててかなりのスピードで飛んでいきました。 一応メモしておきます。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 16:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウスイロコノマチョウ
内院(柿の木林道) Naiin 7/20

地味なジャノメチョウですがれっきとした迷蝶です。 6月8日に同じ場所で見ましたので,同じ由来の個体かもしれません。 目的は別にあったのですが残念ながら1頭もいませんでした。 雨が降ると状況が変わるかも…。
ウスイロコノマチョウ
  ▲ウスイロコノマチョウ Melanitis leda -SONY DSC-HX30V-

午前中はカミキリムシを採ったりして遊びましたが,上を向いていなければならないので顔が焼けてしまいました。 午後からは交流センターで行われている対馬の鳥の写真展に顔を出しました。 150点近い素晴らしい写真の数々に感動しました。 鳥も興味はないことはないのですが,虫で手一杯でどうしようもありません。 hidebowさんや正ちゃん,S原さんとお話ができて楽しい時間でした。 そうそう,相変わらずお若いK小のY木さんも見に来られていました。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウスイロコノマチョウ 迷蝶第2号
内院 Naiin 6/28

迷蝶第2号は意外にもウスイロコノマチョウでした。 しばらく見なかったのですが昨年,今年と2年連続の確認となりました。 まぁ,たまたま出会わなかっただけで毎年やって来ているのでしょうが…。
ボケボケですが証拠写真です。 もちろん採集はしています。
ウスイロコノマチョウ
  ▲ウスイロコノマチョウ Melanitis leda -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| 迷蝶 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 迷蝶第1号
久田 Kuta 6/26

今年の迷蝶第1号はリュウキュウムラサキ♀の台湾型(f.kezia)でした。 実はσ(^_^)が採集したのではなく,連れ合いが庭で捕獲したものです。 「これもメスグロヒョウモンの雌かなぁ?」と採ってきてくれました。 一度失敗したのですが戻ってきたそうで,…いやぁ,持ってますねぇ…。(^^)  6月の迷蝶は,5月のウスコモンマダラを除いて早い記録となります。 
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina (f.kezia)

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 17:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウスイロコノマチョウ
佐護Sago 10/6

今年2種類目の迷蝶はウスイロコノマチョウでした。 私的には何年ぶりになることか,・・・最近とんと縁のなかった迷蝶です。 樹液を吸っていました。
ウスイロコノマチョウ
  ▲ウスイロコノマチョウ Melanitis leda -RICOH CX3 + speedlight-

Melanitis leda
  -RICOH CX3-

それにしても今年はクマソを見ません。 情報も入ってきません。 発生が途切れるかも…。

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 18:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
豆酘崎Tsutsuzaki 7/21

今年の初迷蝶です。 小高い山頂でテリを張っていました。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -SONY DSC-HX30V-

Hypolimnas bolina
  -SONY DSC-HX30V-

ここ数日の猛暑で虫の姿をほとんど見なくなりました。 

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ 標本画像
対馬産リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina

昨年採集した♂です。 リュウキュウムラサキはその発生源によっていくつかの型に分けられます。 ただこれらの型の間での交雑個体も多く,とりわけ♂は判別が難しいと聞いています。 下の個体も白斑の出方や裏面の感じから出身地が異なるようです。 百聞は一見に如かずなのですが,このことについては「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方(南方新社)」に多くの標本とともに記載されています。 記載されたことと照らし合わせてみると,(左)の個体は「赤斑型」,(右)の個体は「大陸型」の血を引いているように思うのですが如何でしょうか?

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina
リュウキュウムラサキ
(左)2011.8.10 厳原町豆酘産  (右)2011.8.24 厳原町豆酘崎


後翅白斑の位置の違いを調べてみました。 (右)の個体の白斑を丸で囲み,半透明にして重ねてみました。 標本にしないと分からないことも多いのです。
Hypolimnas bolina

リュウキュウムラサキ

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 19:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
クロマダラソテツシジミ イノコヅチを吸う
久田Kuta 9/22

寒くなってきました。 何にもないので保存画像から…。
クマソ君がイノコヅチで吸蜜?していたので記録的ブログにつき…。 画像には撮れませんでしたが口吻を伸ばしているところは確認しています。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH CX3-

Chilades pandava
  -RICOH CX3-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロマダラソテツシジミ その後
久田Kuta 9/16

先月の28日に産卵を確認していたソテツですが,クマソがたくさん飛んでました。 産卵を確認したのはブラウンテールの個体だったのですが羽化してきた個体もブラウンテールが多いようです。 遺伝型なのかもしれません。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH R10-

Chilades pandava
  -RICOH CX3-

クロマダラソテツシジミ
  -RICOH R10-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

 
| 迷蝶 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロマダラソテツシジミ@内院
内院Naiin 8/31

記録的ブログにつき…。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH CX3 + speedlight-

Chilades pandava
  -RICOH CX3-

迷蝶情報:8/28】
ウスキシロチョウ 1♀(ギンモン型) 厳原町久田


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロマダラソテツシジミ
久田Kuta 8/29

職場のソテツの新芽が伸びていたので,クマソが臭いをかぎつけてやって来るかもしれないと期待していました。 流石です,あっという間に見つけてしまいました。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH CX3-

お疲れな様子の♀ですが頑張って産卵していました。
Chilades pandava
  -RICOH CX3-

クロマダラソテツシジミ
  -RICOH CX3-

2週間後には羽化して来ることでしょう…。

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 19:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ
豆酘崎Tsutsuzaki 8/28

豆酘での催しが一段落付いたので豆酘崎を一回りしてみました。 山頂でリュウキュウムラサキがテリを張っていたぐらいでした。 蒸し暑さが戻ってきた対馬です。 「虫熱さ」だったらいいのに…。
リュウキュウムラサキ
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -RICOH CX3-

Hypolimnas bolina
  -RICOH CX3-

裏面の雰囲気は台湾型の血統のようです。
リュウキュウムラサキ
  -RICOH CX3-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 17:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
クロマダラソテツシジミ@久田
久田Kuta 8/19

昨日も庭で1♂を見ていたのですが,昨日とは違う個体が玄関口のコスモスに止まっていました。 恐らくここで夜を過ごしたのだと思います。 拡散中なのでしょう。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH CX3 + speedlight-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 18:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
リュウキュウムラサキ赤斑型♂
豆酘Tsutsu 8/10

暑い一日でしたが豆酘方面へお出かけしました。 anbowさんは日掛へ行くとのことでしたが,…何か面白いものが撮れたかな?
豆酘崎はゴマダラチョウが1頭,キタキチョウが少し飛んでいただけで夏枯れ状態です。 仕方がないのでクマソが確認されたお寺のソテツを見てみると新芽に♀が産卵していました。(→8/6の記事に追記しました) 半月後は乱舞状態になることでしょう。 その後,多久頭魂神社付近を歩いているとリュウキュウムラサキが飛び出しました。 今年の初確認です。
Hypolimnas bolina
  ▲リュウキュウムラサキ Hypolimnas bolina -RICOH CX3- 

裏面がややいつもと違った感じがします。 リュウキュウムラサキの♀は起源によっていくつかの型に分けられますが,♂については「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方:南方新社刊」に詳しく記述されています。 照らし合わせてみると,この個体は赤斑型(パラオ諸島亜種)に一番近いように見えましたが如何でしょう。 標準図鑑では「パラオ諸島亜種」,ネット上の(→)BINRAN では「ミクロネシア亜種」となっているようです。
リュウキュウムラサキ
  ▲赤斑型♂(パラオ諸島亜種・ミクロネシア亜種) ssp.rarik


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 20:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
今年もクロマダラソテツシジミがやって来た!
豆酘Tsutsu 8/6

(→)mezaseguinessさんのブログで上五島にはすでに到達しているのを知っていましたが,対馬でも今日確認できました。 いつもの豆酘集落内のお寺の境内で,擦れた3♂が飛んでいました。 2008年から4年連続の飛来になります。 これから増えて島内全域に拡散していくことでしょう。
クロマダラソテツシジミ
  ▲クロマダラソテツシジミ Chilades pandava -RICOH CX3-

Chilades pandava
  -RICOH CX3-

迷蝶情報
ウスキシロチョウ 1♀目 厳原町豆酘崎

追記:8/10】
♀が産卵していました。 幼虫は見つかりませんでした。
クロマダラソテツシジミ
  -RICOH CX3-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

 
| 迷蝶 | 22:37 | comments(8) | trackbacks(0) |
雨の週末
久田 5/22

土曜日は終日霧雨,日曜日は小雨と低温,・・・何ともつまらない週末でした。 南九州も梅雨入りだそうで,これからは南からの風に注意が必要です。
ツバメシジミ
  ▲ツバメシジミ Everes argiades -RICOH CX3-

ヤマトシジミ
  ▲ヤマトシジミ Zizeeria maha -RICOH CX3-

書こうかどうしようかと随分迷ったのですが,まぁこのブログをご覧の方は虫に興味のある方がほとんどでしょうから触れておきましょう。 anbowちゃんからも「見たっ!」って電話もあったことだし…。
対馬新聞にヤエヤマムラサキとオオルリオビクチバの話題が記載されました,いずれも対馬でお初ということで…。 σ(^_^)の知っている範囲の情報は次のとおりです。 蛾の方は2006年に上県町で採集済みですが,これはネット上の記載でありまだ正式に発表してないので何の問題もありません。 ただ,ヤエヤマムラサキは既に正式に記録されています。 1969年に1♂,その後2♂が採集されています。 島の初記録はそこそこ重要な場合がありますのであえて書いておくことにします。

   ・1969年9月21日 豆酘 1♂ 國分三生 採集
   ・1970年8月15日 豆酘 1♂ 原田賢文 採集
   ・1971年8月25日 豆酘 1♂ 梅野明敬 採集   

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 17:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
ウラナミシジミ
小茂田浜 12/23

小茂田のそば処「匠」で昼食後,穏やかな天気なので浜に出て見ることにしました。 ここの浜は人工の砂浜です。
植物の根元の砂を篩ってみるとウスバカゲロウの仲間の幼虫とコメツキムシが見つかりましたが,お目当ての糞虫はいませんでした。 腰が痛くなったので30分ほどでやめましたが面白そうです。 
ウラナミシジミが飛んだのにはビックリしました。 縁毛もしっかり残った新鮮な♀です。 明日からは氷点下の予報が出ています。 クリスマス寒波を乗り越えることができるでしょうか?
ウラナミシジミ
  ▲ウラナミシジミ Lampides boeticus -RICOH CX3-

Lampides boeticus
  -RICOH CX3-

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| 迷蝶 | 19:53 | comments(4) | trackbacks(0) |