エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
タカサゴハラブトハナアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


豆酘崎 Tsutsuzaki 5/26

枯れたエノキに興味を示していました。 初めは敏感で飛び回っていたのですが,しばらく撮っていると慣れてきて腕などにも止まりました。
よく似た近縁種がいるのですが,♂で複眼が接しているのでタカサゴハラブトハナアブと同定しました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  ▲タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis -RICOH CX6 + speedlight-

タカサゴハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

タカサゴハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

体全体に毛が生えているのですが,特に腹部腹面は顕著です…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
タカサゴハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

タカサゴハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
フタホシヒラタアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


久田 Kuta 3/23

かなり小さな個体だったので別種かとも思いましたがフタホシハナアブの♀のようです。 
フタホシハナアブ
  ▲フタホシヒラタアブ Eupeodes corollae -RICOH CX6 + speedlight-

フタホシハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

フタホシハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

フタホシハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロヒラタアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 11/22

クロヒラタアブ
  ▲クロヒラタアブ Betasyrphus serarius -RICOH CX6 + speedlight-

クロヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

いよいよ明日は師走…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒラタアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 11/20

フタホシヒラタアブとも違うようですし,よく分かりません…。(^^;)
ヒラタアブの一種
  ▲ヒラタアブの一種 -RICOH CX6 + speedlight-

ヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

こちらはホソヒラタアブの黒化型。
ホソヒラタアブ
  ▲ホソヒラタアブ Episyrphus balteatus -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 17:32 | comments(5) | trackbacks(0) |
クロヒラタアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 11/8

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  ▲クロヒラタアブ Betasyrphus serarius -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
キゴシハナアブ と ホシメハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 9/14

今日の内山峠は対馬野鳥の会や島外の観察者で賑わっていました。 anbowさんは早くに移動したとのことなので,しばらく観察者を観察して豆酘へ向かいました。

オオイヌタデに来ていたキゴシハナアブとホシメハナアブのいずれも♀です。 
キゴシハナアブ♀
  ▲キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -RICOH CX6 + speedlight-

キゴシハナアブ♀
  -RICOH CX6 + speedlight-

♀の特徴は複眼が離れています。
ホシメハナアブ♀
  ▲ホシメハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) tarsalis -RICOH CX6 + speedlight-

ホシメハナアブ♀
  -RICOH CX6 + speedlight-

オオハナアブも元気に飛び回っていました…。

おまけ。 アカハラダカを観察する方々…。 バズーカ砲が凄い!
品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  ▲内山峠 -SONY DSC-HX30V-

10000頭以上飛んだようです。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 17:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
ナガヒラタアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

玉調 Tamaduke 6/23

ヒメジョオンに来ていたやや大型のヒラタアブ。 
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ナガヒラタアブ
  ▲ナガヒラタアブ Asarkina porcina -RICOH CX6 + speedlight-

腹部第2背板の縦線がつながって「工」条になるっているので,市毛さん(→)「ハナブの世界」にお尋ねしました。

顔の中隆起から口縁にかけて明瞭に突出しているのでナガヒラタアブです。 腹部第2背板は,中央に黒色縦条がでるものから斑紋が連続するものまで様々なようです。

とのご教示を頂きました。 ありがとうございました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ナガヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

Asarkina porcina
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Asarkina porcina
  -RICOH CX6 + speedlight-

しばらくは梅雨空が続きそうです…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
タカサゴハラブトハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 6/13

オカトラノオの花に来ていました。 本種の訪花は初めて見ました。 残念ながら訪花シーンは撮れず…。
タカサゴハラブトハナアブ
  ▲タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis -RICOH CX6 + speedlight-

Mallota takasagensis
  -RICOH CX6 + speedlight-

天気の回復が遅れています。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケコヒラタアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 5/28

コナラの幹に関心を示すハナアブがいました。 黒光りしてずんぶりとした体形,…一瞬未見のアリノスアブか! と思いましたがどうも触角の形が違っていました。

いつもお世話になっている市毛さん (→)「ハナアブの世界」にお尋ねしたところ,ケコヒラタアブ類の♀とご教示いただきました。 この仲間は日本では3種類いて互いによく似ているそうで,特に♀は区別が難しいそうです。

一番広く生息しているクロケコヒラタアブの可能性が高いのですがsp.扱いしておきます。 ♂はシャクの花によく集まってきます。 幼虫は樹液で育つそうです。
ケコヒラタアブの一種
  ▲ケコヒラタアブの一種 Psilota sp. -RICOH CX6 + speedlight-

ケコヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

標本画像です。 ♀なのに思ったより触角が長いです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Psilota sp.

5月最後の日,…最高気温更新 29.9℃ でした。…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナミルリイロハラナガハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 5/13

記録的ブログにつき…。
ナミルリイロハラナガハナアブ
  ▲ナミルリイロハラナガハナアブ Xylota amamiensis -RICOH CX6 + speedlight-

ナミルリイロハラナガハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

Xylota amamiensis
  -RICOH CX6 + speedlight-

過去の記事はこちら (→)「ナミルリイロハラナガハナアブ

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロオビハラブトハナアブ →マツムラハラブトハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

仁位 Nii 5/7

追記:2016/1/14

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015

コマルハナバチ対馬亜種に擬態していると考えられる大型のハナアブ…。 稀に花に訪れるほか,♂♀ともに伐採木に飛来します。 この個体は腹部がオレンジがかって見えますが,全身がほぼ淡い浅黄色を帯びた個体も見られます。 個体変異の範囲なのか,羽化後しばらくするとこのように変化してくるのかは不明です。 個体によって脛節の色彩にも変異があり気になっています。
クロオビハラブトハナアブ
  ▲クロオビハラブトハナアブ Mallota ambigua -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロオビハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

品質変更 → 全画面では,このアイコンをクリックして[720pHD]または[1080pHD]に設定してご覧ください。
  -SONY DSC-HX30V-


5/8

こちらも色彩的には同じタイプの個体…。 分類学的な最新の知見がどのようなものか知りたいところです。 ある程度の標本も揃っているので調べていただける方がいらっしゃるなら提供させていただきます。
Mallota ambigua
  -RICOH CX6 + speedlight-

Mallota ambigua
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Mallota ambigua
  -RICOH CX6 + speedlight-

これまでの記事 (→)「クロオビハラブトハナアブ

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハイジマハナアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 5/6

毎年,この時期になると豆酘崎の遊歩道付近に現れるハイジマハナアブの一種。 このグループも同定不能です。 標本だけは確保しているのでいつか機会があれば提供したいと思っています。
ハイジマハナアブの一種
  ▲ハイジマハナアブの一種 -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ハイジマハナアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

複眼が離れているので♀です。
ハイジマハナアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

ハイジマハナアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオハナアブ 暗色型
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 4/21

初めて見たときはビックリしました。 大型のナミハナアブの中でまだ見たことがなかったからです。 円内はノーマルタイプ…。
この暗色型は少し黄色味を残していますが,白灰色になる個体もいます。 春先に見かけることが多いので冬の低温が影響している可能性がありそうです。
オオハナアブ 暗色型
  ▲オオハナアブ Phytomia zonata -RICOH CX6 + speedlight-

こちらのアシブトハナブ♀もやや暗化した感じです。
アシブトハナアブ 暗色型
  ▲アシブトハナアブ Helophilus(Helophilus) virgatus -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロハナアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 4/7

この仲間はさっぱり分かりません。(^^;)
クロハナアブの一種
  ▲クロハナアブの一種 -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロハナアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロハナアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナミホシヒラタアブ ハナグモに捕まる
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 4/7

シャクの花上でナミホシヒラタアブがハナグモに捕食されていました。
ナミホシヒラタアブ
  ▲ナミホシヒラタアブ Eupeodes (Metasyrphus) bucculatus -RICOH CX6 + speedlight-

Eupeodes (Metasyrphus) bucculatus
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ナミホシヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
キベリヒラタアブ@壱岐
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

壱岐(岳の辻) Takenotuji 4/8

壱岐に行って来ました。 午前中早くと夕方には晴れたのですが,その他は曇りで虫もあまり見ませんでした。 
そんな中,壱岐で一番高い山「岳の辻」山頂ではキベリヒラタアブ♂が集まっていました。 いつかは見てみたいと思っていた美しいハナアブなので来た甲斐がありました。
キベリヒラタアブ
  ▲キベリヒラタアブ Xanthogramma sapporense -RICOH CX6 + speedlight-

Xanthogramma sapporense
  -RICOH CX6 + speedlight-

キベリヒラタアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

かっこいいハナアブなのに対馬では未見です。 分布していないのかも…。

岳の辻からの眺望。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
岳の辻(壱岐)からの眺望
  -SONY DSC-HX30V-

ところでツマアカスズメバチ関係ですが,今朝の新聞に環境省が薬剤を使った対応を検討しているという記事が載っていました。
薬剤の入った餌を働きバチに巣に持ち帰らせ,巣全体を壊滅させるそうです。 対馬には4種の在来スズメバチがいるのですが,この在来種への影響は大丈夫なのでしょうか? 在来種は当然これまでも対馬で重要な生態的位置を占めていたわけで,在来種が必要以上に駆除されないか心配しています。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
オビヒラタアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 4/7

例年この時期から5月にかけて出てくるオビヒラタアブの一種。 山道の開かれた空間などでホバリングしているのをよく見ます。 
花に来ることは珍しく,以前♀も同じシャクで見かけました。(→)「おそらく同種の♀」 この個体は複眼が接しているので♂です。
オビヒラタアブの一種
  ▲オビヒラタアブの一種 Epistrophe sp. -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オビヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

複眼に毛は生えていないようです。
オビヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

オビヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

オビヒラタアブの仲間は互いによく似ていて見た目で同定するのは困難です。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
フタホシヒラタアブ 交尾
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 3/27

本土域ではどうか分からないのですが,対馬ではフタホシヒラタアブやナミホシヒラタアブはよく目に付くハナアブではありません。
フタホシヒラタアブ
  ▲フタホシヒラタアブ Eupeodes (Metasyrphus) corollae -RICOH CX6 + speedlight-

Eupeodes (Metasyrphus) corollae
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
アシブトハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 4/21

この時期,日だまりによく見られます…。
アシブトハナアブ
  ▲アシブトハナアブ Helophilus(Helophilus) virgatus -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツヤヒラタアブの一種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

加志 Kashi 3/16

この日気温が上がったので加志まで行って来ました。 毎年モンシロチョウの発生確認に行く場所です。 数頭元気に飛んでいましたが一向に止まる気配がなく撮影できませんでした。
アブラナに来ていたツヤヒラタアブの一種です。
ツヤヒラタアブの一種
  ▲ツヤヒラタアブの一種 -RICOH CX6 + speedlight-

他にキタテハ・テングチョウを目撃…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |