エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
ヤマトシジミ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 10/1

10月に入り,一気に晩秋の涼しさになってしまいました。
ヤマトシジミの♀です。 もう少し気温が低くなれば群青色の鱗粉が乗ってきます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ヤマトシジミ
  ▲ヤマトシジミ Zizeeria maha -RICOH CX6 + speedlight-

ヤマトシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ヤマトシジミ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤクシマルリシジミ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 9/15

2005年の初記録以後,初めの数年は個体数が爆発的に増えましたがここ2・3年は姿そのものを見かけることもなくなりました。 
この個体が今年初めての確認となります。 このような個体数変動は近年に侵入したイシガケチョウにも同様のことが起こっています。 両種ともに対馬では食餌植物が豊富なだけに原因はよく分かりません。
ヤクシマルリシジミ
  ▲ヤクシマルリシジミ Celastrina puspa -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベニシジミ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

大船越 Oofunakoshi 6/24

やや黒化の進んだ個体。 遺伝型でしょうかここでは時々目にします。
ベニシジミ
  ▲ベニシジミ Lycaena phlaeas -RICOH CX6 + speedlight-

台風8号は少しずつ北寄りに進路が移ってきているようですね。 要注意!

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミズイロオナガシジミ 対馬亜種
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

大船越 Oofunakoshi 6/13・15

対馬産は後翅の黒条紋が減衰することで亜種となっています。 他産地の画像などを見ると確かに全体的な傾向としてそう言えると思います。 ということは,区別できない個体もいるということです。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ミズイロオナガシジミ
  ▲ミズイロオナガシジミ Antigius attilia yamanakashoji -RICOH CX6 + speedlight-

Antigius attilia yamanakashoji
  -RICOH CX6 + speedlight-

明日から天気が崩れる予報です…。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルリシジミ 第2化♀
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 6/5

気象条件がよければ,このように開翅することもあります。 第2化の♀ですが,第2化まではまだ後翅の青は広がるようです。 第3化の出る夏季には減衰してしまいます。
上品なブルーですね…。
ルリシジミ
  ▲ルリシジミ Celastrina argiolus -RICOH CX6 + speedlight-

Celastrina argiolus
  -RICOH CX6 + speedlight-

今日は午後から豊玉で会議なので,それまで周辺をウロウロしてみることにしましょう。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤマトシジミ 斑紋異常
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘崎 Tsutsuzaki 3/23

春の日差しに誘われて豆酘崎までお出かけです。 車で計った外気温は13℃でまだまだ風が冷たく感じられます。 新生蝶ではツマキチョウ・ルリシジミ・ヤマトシジミを見ることができました。
豆酘崎の突端でネットした今年初のヤマトシジミがこれです。 この手のものには縁のないσ(^_^)ですが,今年は面白いものに当たる兆しだったら嬉しい…。
ヤマトシジミ 斑紋異常
  ▲ヤマトシジミ Zizeeria maha -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 00:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
ツシマウラボシシジミ 野外絶滅?!
対馬特産亜種ツシマウラボシシジミの野外絶滅の声が聞こえてきました。 1950年代に対馬北部の杉林で発見された熱帯性依存種であるこの貴重なシジミチョウは本当に終焉を迎えるのでしょうか。 
保護に当たっている団体によると残された唯1か所の野外生息地での繁殖を諦め,施設による人工繁殖に望みを託しているようです。 対馬の総面積から割り出した適正頭数の10倍にもなる約3万数千頭にも増えてしまったシカによる食害が絶滅に拍車をかけている要因であることは間違いありません。 時既に遅し! 悲観的にならざるを得ません…。

※吸蜜植物はhidebowさんに教えていただきました。


  ▲ツシマウラボシシジミ Pithecops fulgens tsushimanus

最近,県主催による生物多様性に関わる会議が開かれました。 特にシカについてはあらゆる規制を排除して早急に駆除に取り組んでほしい。 今は机上の協議より1つの具体的な行動を期待したいものです。 

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 18:18 | comments(11) | trackbacks(0) |
ムラサキツバメ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 12/8

早朝は3℃まで下がりましたが日中はよい天気でした。 庭にムラサキツバメが飛んできました。 ♂ですが最後まで開翅してはくれませんでした。 成虫で越冬します。
ムラサキツバメ
  ▲ムラサキツバメ Narathura japonica -RICOH CX6 + speedlight-

荒木さんから教えていただいた椎根(下原)のツマアカスズメバチの巣を確認してきました。 川が渡れなかったので遠くから見ただけでした。

その後エコーロードを通ってみました。 
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
エコーロードから白岳を望む
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロツバメシジミ@久田
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 11/7

新鮮なクロツが飛んできました。 ここで発生したのか放浪なのか…。 hidebowさんのブログにはツメレンゲの群落が載っていましたが花穂は伸びているものの開花はこれからのようです。 例年ですと11月下旬までは姿を見ることができます。
クロツバメシジミ
  ▲クロツバメシジミ Tongeia fischeri -SONY DSC-HX30V-

Tongeia fischeri
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
晩秋のヤマトシジミ
ツマアカスズメバチの記事一覧へ※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 11/4

天気の良さに誘われて一通りの準備をしてお出かけしたのはいいのですが,結局美津島町で買い物をして戻ってきました。 この時期に成りと極端にやる気が失せてしまいます。 日下部さんに教えていただいたトラップを仕掛けようかとも思ったのですが時期的にはもう遅いのでしょうね。

自宅の庭も最後まで残っていたダンギクを切り込んだのでキクだけになり,すっかり殺風景になってしまいました。 夕方前にanbowさんがヒメカマキリを届けてくれました。 
ヤマトシジミ
  ▲ヤマトシジミ Zizeeria maha -SONY DSC-HX30V-

同一個体の裏面。
Zizeeria maha
  -SONY DSC-HX30V-

♀です。 もう少し青藍鱗粉が乗ってくるといいのですが…。
ヤマトシジミ
  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| チョウ(シジミチョウ科) | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |