エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
スズキナガハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事一覧 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 9/28

ブッドレアの葉上にナガハナアブの仲間らしきハナアブが…。 それにしても小さい。 すぐ飛んで危うく見失いそうになったので仕方なく採集優先です。 体長15mm,気になって韓国のハナアブの文献を見てみたのですがスズキナガハナアブで間違いないようです。 スズキナガハナアブは私的には2頭目の記録になります。 アシナガバチに擬態しているのでしょうか。
スズキナガハナアブ
  ▲スズキナガハナアブ Spilomyia suzukii -RICOH CX3-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事一覧 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

久田 Kuta 9/27

今年は庭のダンギクにたくさんのオオハナアブを見ることができます。 例年はほとんど飛んでこないのにどうしたことでしょう。 ナミハナアブやホソヒラタアブはほんの少し…。 オオハナアブの黒化型を撮りたいのですが,まだ1頭確認しただけです。
オオハナアブ
  ▲オオハナアブ Phytomia zonata -RICOH CX6-

Phytomia zonata
  -RICOH CX6 + speedlight-

複眼の模様が特徴的です。 複眼が離れているので♀ですね。
オオハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
キゴシハナアブ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

豆酘 Tsutsu 9/13

13日の金曜日ですが関係ないのでお出かけです。 豆酘崎はウラナミジャノメがいたくらいで山頂にも迷蝶はいませんでした。 集落内のオオイヌタデの花を見ていると大きな羽音とともにキゴシハナアブが現れました。 
キゴシハナアブ
  ▲キゴシハナアブ Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus -RICOH CX6-

Eristalinus(Lathyrophthalmus) quinquestriatus
  -RICOH CX6-

ヌルデの花をチェックしましたがキイロスズメバチとオオスズメバチがいました。 ツマアカスズメバチは未確認です。

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
シマアシブトハナアブ
佐護 Sago 7/9

4月末から5月にかけてが第1化だとすると今は2化かな?
シマアシブトハナアブ
  ▲シマアシブトハナアブ Mesembrius flaviceps -RICOH CX6 + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
キアシマメヒラタアブ
久田 kuta 7/5

プランターのタイトゴメの花に来ていました。 体長4mmほどの小さなハナアブ…。

キアシマメヒラタアブ
  ▲キアシマメヒラタアブ Paragus(Pandasyophthalmus) haemorrhous -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

Paragus(Pandasyophthalmus) haemorrhous
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハナアブ | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
キアシマメヒラタアブ CX6ズームマクロテスト撮影
久田 Kuta 

前回に続いて体長4mmほどの小さなハナアブです。 もとろん,ノートリ…。
キアシマメヒラタアブ
  ▲キアシマメヒラタアブ Paragus(Pandasyophthalmus) haemorrhous -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

Paragus(Pandasyophthalmus) haemorrhous
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

キアシマメヒラタアブ
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホソヒメヒラタアブ CX6ズームマクロテスト撮影
久田 Kuta 6/11

台風の影響も少しはあるのでしょうか,朝から梅雨らしいて天気でした。 玄関口のパセリの花に小さなハナアブが来ていたので,CX6のズームマクロの練習です。 MYセッティング2に基本設定を保存しているので呼び出して,ズームレバーをスライドさせ,×5.0に上げます。 ここまでは画質の劣化がほとんどありません。 体長6mmほどのホソヒメヒラタアブの♂をこの大きさで写すことができます。 これでもまだ最大ではありません。
 
画像は全てノートリミングです。
ホソヒメヒラタアブ
  ▲ホソヒメヒラタアブ Sphaerophoria macrogaster -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

Sphaerophoria macrogaster
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

ホソヒメヒラタアブ
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

よく似た種にミナミヒメヒラタアブがいますが,交尾器の向きによって区別できます。
Sphaerophoria macrogaster
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

6mmの虫がこの大きさで撮れれば御の字ですね。 ボケもコンデジとしてはまあまあ,満足のできる範囲です。 マクロ撮影としては,鯉太朗さんのTG-2も気にはなるのですが,リングライトが発売されたら考えることにしましょう。

♀を追記します。
ホソヒメヒラタアブ
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ホソヒメヒラタアブ
  -RICOH CX6- zoom-macro + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
オオハナアブ黒化型
仁位 Nii 12/6/1

(→)懸案のハナアブを(→)市毛さんに見ていただいたところ,オオハナアブの黒化型だと教えていただきました。 腹部背面貴部付近は生時は暗灰色で一見して別種に見えます。
オオハナアブ黒化型
  ▲オオハナアブ黒化型 Phytomia zonata -RICOH R10-

いつもご教示いただいている市毛さんに感謝致します…。

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
カクモンハラブトハナアブ
舞石ノ壇山 Meeshinodanyama 5/23

安神峠から内山峠へ上がる途中のマルバウツギの花に飛んできました。 初めて見るハナアブだったので撮影は諦め捕獲しました。 (→)市毛さんにお尋ねして,カクモンハラブトハナアブと教えていただきました。 クロオビハラブトハナアブと同じMallota属だそうでビックリしました。 
上五島では(→)mezaseguinessさんが記録されていましたが,恐らく対馬でも初記録でしょう。
カクモンハラブトハナアブ
  ▲カクモンハラブトハナアブ Mallota abdominalis -RICOH R10-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツマキオオヒラタアブ
内山 Utiyama 5/18

かなりの羽音とともに突然現れました。 下草間を縫うように飛翔しています。 一瞬ハチか!と思いましたが,捕獲するとハナアブでした。 姿形からてっきりベッコウハナアブの仲間だと思い込んだのが間違いの元,…かなり遠回りして何とか同定に行き着きました。(^^;) 初夏と秋の年2回発生するようです。 恐らく対馬初記録です。 (私的)対馬未記録種も含めて初記録種も30種近くたまってきたので,近いうちにまとめないといけませんね。
ツマキオオヒラタアブ
  ▲ツマキオオヒラタアブ Dideoides coquilletti -RICOH R10-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロオビハラブトハナアブの交尾 →マツムラハラブトハナアブ
大板 Oita 5/14

追記:2016/1/14

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015

大板の地名はOita(おいた)です。 大板地区から林道関ノ隈線に入りしばらく走ると,伐採木が放置されていました。 何かいないか見ていると後ろで大きな羽音が聞こえました。 クヌギにクロオビハラブトハナアブの交尾個体がいました。 以前にもクヌギに飛来するのを何回か見ていますので,本種とクヌギは密接な関係があるのかもしれません。 
クロオビハラブトハナアブ
  ▲クロオビハラブトハナアブ Mallota ambigua -RICOH CX6 + speedlight-

対馬のクロオビハラブトハナアブはコマルハナバチ対馬亜種の♂に擬態しているのではないかと思っています。 静止状態でもかなり似ているのですが,飛翔中ともなれば区別は全くつきません。
クロオビハラブトハナアブの擬態
  ▲クロオビハラブトハナアブとコマルハナバチ♂

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。



| ハナアブ | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナミルリイロハラナガハナアブ
尾浦 Oura 5/11

細いクヌギの伐採木に飛来しました。 花にやって来たのを見たことがないのですが何を食べているのでしょう。
ナミルリイロハラナガハナアブ
  ▲ナミルリイロハラナガハナアブ Xylota amamiensis -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ナミルリイロハラナガハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 05:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホソヒラタアブ
安神 Agami 5/11

久しぶりにカメラを向けてみました。 腹部背面は変化に富んでいて結構いいハナアブなんですよね。
ホソヒラタアブ
  ▲ホソヒラタアブ Episyrphus balteatus -RICOH CX6 + speedlight-

Episyrphus balteatus
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mesembrius(シマアシブトハナアブ)属の一種
佐護 Sago 5/4

シマアシブトハナアブ♀の黒化型かと思ったのですが自信がないので?付きです。
Mesembrius属の一種
  ▲シマアシブトハナアブ? Mesembrius sp. -RICOH CX6 + speedlight-

Mesembrius属の一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハナダカハナアブ
豆酘 Tsutsu 4/24

対馬では年に2・3回単発で出会う程度のハナアブです。 ましてホバリングしている姿などは見たことはありません。 たまたま出会えていないだけなのか,対馬ではそういうハナアブなのか? よく分かりません。 上五島では普通のハナアブのようなのですが…。
ハナダカハナアブ
  ▲ハナダカハナアブ Rhingia laevigata -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Rhingia laevigata
  -RICOH CX6 + speedlight-

ハナダカハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

Rhingia laevigata
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
モモブトホソハナアブ属の一種と属不明種
豆酘 Tsutsu 4/24

全く自信がないのですが,モモブトホソハナアブ属の一種ではないかと…?。 1枚撮ったところで飛ばれてしまいました。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
モモブトホソハナアブ属の一種
  ▲モモブトホソハナアブ属の一種  Myolepta sp.  -RICOH CX6 + speedlight-

こちらは属不明種。 これまた1枚撮ったら飛んでってしまいました。(^^;)
属不明のハナアブ
  ▲不明種 -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロオビハラブトハナアブ →マツムラハラブトハナアブ
豆酘 Tsutsu 4/24

追記:2016/1/14

マツムラハラブトハナアブ Mallota rubripes の色彩変異型として記載されました。
HIROOKA et al.: Revision of the Flower Fly Genus Mallota Meigen, 1822 from Japan. JJSE 21(2):2015

コマルハナバチに擬態していると思われる大型のハナアブ。 市毛さんのご教示によると,「クロオビハラブトハナアブの地域変異」ではないかということです。 飛翔中の見かけや羽音などまさにコマルハナバチにそっくりです。 (→)対馬産コマルハナバチも他産地と色彩が異なるのですが,その異なった色彩に擬態しているとすれば非常に狭地域でも変異が起こったことになり驚かされます。 似たような例は,(→)スカシバガのヒメアトスカシバ対馬型にも見られます。 シャクに訪花した2♂を見ることができました。
クロオビハラブトハナアブ
  ▲クロオビハラブトハナアブ Mallota ambigua -RICOH CX6 + speedlight-

ネット上に上がっている本種の画像を見ると,特に北方などまるで別種のような色彩をしている地域もあります。 近いところでmezaseguinessさんの上五島のクロオビハラブトハナアブは胸部背面に黒い帯が入り,浅黄色と黒の2色で対馬産のようなオレンジはでません。 全国的にはどのような色彩変異になっているのか興味がわいてきます。
Mallota ambigua
  -RICOH CX6 + speedlight-

クロオビハラブトハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
クロオビハラブトハナアブ

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
触角の長いハナアブ
豆酘 Tsutsu 4/24

体長7mmほどの全体的に黒い色彩のハナアブ,…触角が立派です。 流石に(→)市毛さんのサイトの絵合わせでは属にもたどり着けませんでした。
触角の長いハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
触角の長いハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

触角の長いハナアブ

別個体です。
触角の長いハナアブ

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
オビヒラタアブの一種 Epistrophe sp.
豆酘 Tsutsu 4/24

毎年春先から5月下旬頃まで現れるオビヒラタアブの一種。 ♂は島内各地でホバリングしているのが見られるのですが,訪花を観察したのは過去1回だけです。 今回,初めて♀の訪花個体に出会うことができました。 実は同種の♀だとは断言できないのですが,斑紋や大きさ,出現場所等からまず間違いないだろうと思っています。
オビヒラタアブの一種
  ▲オビヒラタアブの一種 Epistrophe sp. -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Epistrophe sp.
  -RICOH CX6 + speedlight-

前脚と中脚腿は橙黄色,後脚は腿節は橙黄色ですが脛節〜跗節にかけて黒色になってきます。
オビヒラタアブの一種
  -RICOH CX6 + speedlight-

顔です。頭頂から額にかけて帯状に黒くなります。
Epistrophe sp.
  -RICOH CX6 + speedlight-

♂の標本画像を再掲しておきます。 
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
オビヒラタアブの一種 オビヒラタアブの一種 オビヒラタアブの一種 オビヒラタアブの一種
(左2個体)2011.5.1 厳原町豆酘産  (右2個体)2010.5.30 峰町櫛産


ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルリハナアブ
豆酘 Tsutsu 4/15

ハナアブを始めた頃,キンバエの仲間だと思ってしまいました。(^^;)  鈍い金属光沢をしていて,周りの明るさの加減で色彩が微妙に変化心ます。 暗いと緑っぽく,明るいと赤っぽく見えるという感じでしょうか…。 年2回発生するようで,春先と秋口に姿を現します。
ルリハナアブ
  ▲ルリハナアブ Pseudoeristalinus viridis -RICOH CX6 + speedlight-

Pseudoeristalinus viridis
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ルリハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ルリハナアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハナアブ | 06:35 | comments(2) | trackbacks(0) |