エントリー
コメント
  ---------------------------
カテゴリー
月別記事
リンク
プロフィール
その他
qrcode

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Insects of Tsushima Isl. >>>> since 2005.2.25
韓国が目と鼻の先,国境の島「対馬」に住む 生き物大好きyohboのメモ的blog…。
アイヌハンミョウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


上県町 Kamiagata-machi 2019/4/12

ここの発生地の個体も上翅白紋が減衰する傾向が強く見られます。 この個体は比較的白紋がよく出ています。 色彩の変異はないようです。
アイヌハンミョウ
  アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino Lewis, 1891 -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

アイヌハンミョウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

生息環境です。
アイヌハンミョウの生息地
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

発生源と思われる崖…。
アイヌハンミョウ
  -OLYMPUS STYLUS TG-4 + FD-1-

特に白紋減衰が著しい♂の標本画像。
アイヌハンミョウ
  アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino Lewis, 1891

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハンミョウ | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビロードツリアブ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


対馬北部 4/10

アイヌハンミョウの生息地の河原で思いがけない出会いでした。 対馬のビロードツリアブは記録はあるのですが,この日は二度目の出会いとなります。
春先だけに出てくるアブです。
ビロードツリアブ
  ビロードツリアブ Bombylius major -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
ビロードツリアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ビロードツリアブ
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| アブ・ハエ | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


対馬北部 4/10

早くもアイヌハンミョウの姿を見ることができました。 調べてみると一部成虫越冬しているようなので,この個体は越冬個体の可能性が高いと思われます。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ
  アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -SONY DSC-HX30V-

アイヌハンミョウ
  -RICOH CX6 + speedlight-

長崎県の「希少野生動植物種保存地域の指定について」の情報です。(28年3月25日)
今まで,佐世保市限定の指定種であったカワラハンミョウが県下全域に拡大されました。 カワラハンミョウは対馬では記録があるものの長らく再確認されていません。
今後は運良く再発見しても採集での確認記録はできないことになります。 注意が必要です。

詳しくは,下記のリンクを参照してください。

(→) 「希少な野生動植物は捕獲・採取等が禁止

(→) 「平成27年度 長崎県未来につながる環境を守り育てる条例に基づく希少野生動植物種指定リスト及び希少野生動植物種保存地域指定

ブログ村に参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。
| ハンミョウ | 21:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
※HPでのまとめ (→)特定外来生物 ツマアカスズメバチ!
     ※このブログ内の関連記事 (→)ツマアカスズメバチ      (しばらくトップに置きます)


対馬北部 4/24

日下部さんのお話では3月から発生しているらしい対馬のアイヌハンミョウです。 ここの個体は上翅白紋が減衰している個体が多い特殊な個体群です。
発生地の河原の小石の色彩に溶け込んでなかなかの保護色になっています…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -RICOH CX6 + speedlight-

前脚の形から♂です。
アイヌハンミョウ
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ
  -RICOH CX6 + speedlight-

対馬での産地は非常に局地的です。

  -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。



| ハンミョウ | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
※ツマアカスズメバチ関連記事 (リンクはこちら→)ツマアカスズメバチ(しばらくトップに置きます)

対馬北部 4/15

発生の初期とも考えられますがわずか3頭を確認しただけでした。 対馬産の変異等についての過去記事はこちらです。(→)「対馬のアイヌハンミョウ
4月中旬から5月中旬頃までの1か月ほどの短い発生期です。 他では2化の発生もあるようなことを聞いたことがあったようなないような…。
アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata -RICOH CX6 + speedlight-

Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX6 + speedlight-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX6 + speedlight-

アイヌハンミョウ
  -RICOH CX6 + speedlight-

アイヌハンミョウの生息地
  ▲生息地の環境 -SONY DSC-HX30V-

ランキングに参加しています。 ←「ポチっ!っとお願いします。

| ハンミョウ | 18:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
対馬北部 5/4

対馬のアイヌハンミョウの生息地はかなり局地的だと思われます。 ここではナミハンミョウと競合しているようですし,このような環境は対馬でもそう多くありません。 その意味でも対馬では貴重な昆虫と言えるでしょう。 変異については以前に記載しました。(→)「対馬のアイヌハンミョウ
アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -RICOH CX6 + speedlight-

この個体は中脚と後脚で上翅をスリスリする行動を見せました。 上翅を掃除しているように見えました。 動画で撮ればよかったと反省…。
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX6 + speedlight-

アイヌハンミョウ
  -RICOH CX6 + speedlight-

光の当たり具合によって深緑に見えることがあります。
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 21:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
ハンミョウ
竹敷 Takeshiki 4/22

今年の初見です。 じっくり見るといい虫ですね。 ダビドサナエも羽化してきたことだし,そろそろアイヌハンミョウも出ているかも…。
▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
Cicindela chinensis
  ▲ハンミョウ Cicindela chinensis -RICOH CX6 + speedlight-

ブログランキングに参加しています。  ←「ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
対馬北部 5/6

ちょっと変わったアイヌハンミョウがいました。 画像で分かるでしょうか,上翅の色彩が左右で違っています。 原因は? 羽化時に何かあったのかも…。
アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -RICOH CX3-

Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

アイヌハンミョウ
  -RICOH CX3-

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 16:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
対馬北部 4/28

この環境がいつまで続くかは分かりませんが今年も出て来てくれました。 ネットで各地のアイヌハンミョウの画像を見てみると,ここのアイヌハンミョウは明らかに斑紋が減衰する傾向にあるようです。
動画のズームとピント合わせの感覚がまだ全然つかめません。

  -SONY DSC-HX30V-

アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -RICOH CX3-

Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ
-RICOH CX3-


Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ
-RICOH CX3-


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。



| ハンミョウ | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ 標本画像
対馬産アイヌハンミョウ Cicindela gemmata

長年探索し続けて,昨年ようやく巡り会うことができました。 対馬産の特徴及び生態画像は既にアップ済みです。
(→)「アイヌハンミョウ」  (→)「アイヌハンミョウの斑紋変異

▼ 拡大できます…。  クリックしてみてください。
アイヌハンミョウ Cicindela gemmata アイヌハンミョウ Cicindela gemmata
2011.5.5 対馬北部産

アイヌハンミョウ Cicindela gemmata アイヌハンミョウ Cicindela gemmata
2011.5.5 対馬北部産


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 17:42 | comments(5) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウの斑紋変異
対馬北部 5/4・5/5/・5/8

今回観察した対馬産のアイヌハンミョウとネット上のアイヌハンミョウの画像を見ていて一番はじめに感じたのは斑紋の変異です。
 
1……♂より♀の方が斑紋が発達する傾向にある。 
2……この産地の斑紋は全体的に減衰(消失)する個体が多く,とくに雄では白斑が痕跡程度にしか現れない個体もいる。 ネット上に見られるような斑紋の発達した個体はいない。


はどこも同じではないかと思いますが,はここだけに見られるものなのかどうかが気になるところです。 ハンミョウの専門家の方に画像添付のメールを差し上げましたがまだ回答を頂いていませんでした。 
今朝,水澄ましさんから,「・・・あえて違いを言うなら斑紋が細いことくらいでしょうか・・・」とコメントをいただきました。 画像で紹介します。
アイヌハンミョウの斑紋変異
  ▲対馬産アイヌハンミョウの斑紋変異 -RICOH CX3-

撮影した生態画像の中から…。
アイヌハンミョウの斑紋変異
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata -RICOH CX3-

Cicindela gemmata
  -RICOH CX3-

アイヌハンミョウの斑紋変異
  -RICOH CX3-

Cicindela gemmata
  -RICOH CX3-

--------------------------------------------------------------------------------
斑紋変異とともに♂大あご先端の形状上唇の形状も気になっていたのですが,水澄ましさんによると♂大あご先端は本土と同じようにヘラ状になるということです。
対馬産アイヌハンミョウ♂の上唇
  -RICOH CX3-

水澄ましさん,ありがとうございました。 サイト⇒「にらむしのすみか


ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 06:33 | comments(12) | trackbacks(0) |
アイヌハンミョウ
北部 5/4

去年からハンミョウにはまりつつあります。 対馬の生物(1976:長崎県生物学会)によると,対馬からは7種が記録されています。 
1…ニワハンミョウ 
2…アイヌハンミョウ 
3…(ナミ)ハンミョウ 
4…エリザハンミョウ 
5…コハンミョウ 
6…シロヘリハンミョウ 
7…カワラハンミョウ です。 
今回のアイヌハンミョウで5種を確認できたことになります。 残るのはニワハンミョウとカワラハンミョウ,・・・次第に難易度が高くなってくる感じです。  ナミハンミョウと混生していました。
アイヌハンミョウ
  ▲アイヌハンミョウ Cicindela gemmata aino -RICOH CX3-

発生の初期という感じでしたが,例年のことが分からないので遅れ気味なのかどうかは分かりません。
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

この個体は♀ですね。
アイヌハンミョウ
  -RICOH CX3-

ネット上の画像で見る上唇中央の盛り上がりが,本土産に比べて対馬産はなだらかで弱い感じがします。 また前縁がフラットです。 
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

アイヌハンミョウ
  -RICOH CX3-

Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

♂です。 日本産は大あごがヘラ状に,大陸産は尖るらしいのですがどうでしょう。 これも本土産を見たことがないのでコメントのしようがありません。 ヘラ状であることは間違いありませんがその度合いは?
アイヌハンミョウ
  -RICOH CX3-

これも♂。
Cicindela gemmata aino
  -RICOH CX3-

こちらは♀。
アイヌハンミョウ
  -RICOH CX3-

生息環境です。
アイヌハンミョウの生息地
  -RICOH CX3-

サイト日本産ハンミョウ図鑑には,「・・・・日本産はオスの大あごがヘラ状になるが、大陸産の原亜種では先端が尖る・・・・」と記載されています。 4個体ほど大あごのアップを載せます。 本土産と比較してどうなのかをご教示頂けると嬉しいです。
対馬産アイヌハンミョウ♂の上唇
  ▲対馬産アイヌハンミョウ♂の大あご Cicindela gemmata

ブログ村に参加しています。  ポチっ!」っとお願いします。

| ハンミョウ | 18:51 | comments(6) | trackbacks(0) |